2012年12月31日

「最後」の詰めいよいよ! NHL

NHLLockout@03.JPGNHLLockout@04.JPGNHL とNHLPA は、月曜日に実際に会って労使契約をまとめ上げるべく詰めを行う予定のようです。


"There will be no further face-to-face meetings today. ... The plan is for the sides to meet tomorrow." (the union)
「直接顔を合わせての会議は今日はありません。・・・予定では、双方が明日会うことになっています。」(組合)

心配でもあり、期待が膨らむ瞬間でもあります。

☆英語メルマガ☆ @ World Communities Club

ラベル:NHL ロックアウト
posted by Bluejay at 21:44| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

希望つなぐ・・・NHL

NHLLockout@02.JPG木曜日の300ページ以上にも及ぶリーグの提案の後、NHLPA は会議を開き、提案書の中身を吟味し、土曜日に電話でリーグに内容の確認をしました。日曜日にさらに電話で確認が行われ、うまくいけばそのまま現実に会い交渉の詰めを行うことが期待されています。

"[It was] purely informational today. ... Going to have more of the same type sessions tomorrow. [We] haven't nailed down if or when we will have a bargaining session tomorrow." (deputy commissioner: Bill Daly)
「今日は純粋に情報確認です。・・・明日同じようなことを行います。明日交渉を行うかどうか明日のいつ行うかという所までは詰めていません。」(副コミッショナー: ビル・ダリー)


(写真: ロッカールーム)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
ラベル:NHL 労使交渉 NHLPA
posted by Bluejay at 23:30| バンクーバー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4人の命の恩人

Edna_andLeviSooley@01.JPG英語メルマガ「Society in Canada」の紹介です。

---------------------------------------------------

現在、国際宇宙ステーションに滞在中の、カナダ宇宙局クリス・ハドフィールド宇宙飛行士は、国際宇宙ステーションの歴史上初めて、オリジナルの歌を無重力状態の中で録音し、YouTubeに公開しています。
ニューソングの名前は「ジュエル・オブ・ザ・ナイト」。クリスマス・シーズンをテーマにした曲はクリスマス・イブに録音され、一般に公開されています。自身のツイッター・アカウントでも「こちらが国際宇宙ステーションのために作られ、演奏された初めてのオリジナルミュージックです」と紹介して、フォローワーの注目を浴びています。
「初期の開拓者や船乗り、炭鉱夫は皆新しい開拓地の探検についての歌を作った。だからそれは人類が宇宙へと乗り出すと共に、伝統として続けられることはごく自然なことだ。」と語っているそうです。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. News in Canada
2. カナダのニュース[解説]
3. Today's Words
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆News in Canada☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

A man from Campbellton is alive today thanks to four knowledgeable citizens who rushed to his rescue.

In October, Levi Sooley, 76, was leaving a strip mall in Gander with his wife Edna, when he had a heart attack in his car in the mall's parking lot.

Luckily, some good samaritans were nearby who knew CPR, including nurse Diane Hart and Sgt. Christine King from Canadian Forces Base Gander.

King said she heard that a man was slumped over his steering wheel, so she went to help him.

"I remember screaming, 'Levi, hang on, hang on!' I heard the ambulance, and I kept stroking his hair, stroking his head, and trying to comfort him," she said.

(CBCから抜粋)


☆☆カナダのニュース[解説]☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

キャンベルトンのある男性は、助けに急いでやってきた4人の知識ある市民のおかげで今日も生きている。

10月に76歳のリーバイ・スーリーは、妻のエドナと共にギャンダーの青空ショッピング・モールを立ち去ろうとした時、ショッピング・モールの駐車場で心臓発作を起こした。

幸いにも、心肺蘇生法を知っている人助けを進んでする人たちが近くにいた。その中には、看護師のディアンヌ・ハートやギャンダー・カナダ軍基地のクリスティン・キング軍曹がいた。

キング軍曹によると運転ハンドルの上に倒れ込んだ男性がいると聞いたので助けに行ったという。

「『リーバイ、頑張って!頑張って!』という叫び声を覚えています。救急車の音が聞こえました。私はリーバイさんの髪をなで、頭をなで、元気づけようとしました」とキング軍曹は言った。


☆☆Today's Words☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ボキャブラリーをふやそう!
thanks to XXX = XXXのおかげで。
strip mall = 青空ショッピング・モール(各店舗が外の通りでつながっている小規模ショッピング・モール)。
parking lot = 駐車場。
good samaritan = 自分に構うこと無く他人を助ける人(Good Samaritan)。
CPR = 心肺蘇生法(Cardio Pulmonary Resuscitation)。
slump over = 座ったままの姿勢で前に崩れ倒れる。
steering wheel = 運転ハンドル。
hang on = 頑張る。
ambulance = 救急車。
stroke = なでる、さする。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今週はいかがでしたか?

倒れたスーリーさんを助けに向かった4人の中には、看護師や軍曹以外にも、消防士もいたそうです。
エドナさんもリーバイさんも感謝してもしきれないそうです。



(写真: エドナさんとリーバイさん)

☆英語メルマガ☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 10:43| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Society in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

NHL 2012/2013シーズン、最後のチャンス

GaryBettman_and_DonaldFehr@02.JPG進展があったようです!

木曜日の夜にNHLが300ページにも及ぶ新提案書をNHLPA に送り、金曜日の午後NHLPAが話しあい、この土曜日にNHLPA とリーグが電話で話し合い、週末の終わりまでにはニュー・ヨークで出会い合意の詰めを行うという筋書きが実現するかもしれません。
NHLPA の話し合いまでは終わっています。

期待が持てそうですね。

"This is going to be an interesting weekend.” (a player: anonymous)
「興味深い週末になりそうだ。」(選手: 匿名)

ただ、提案の詳細はまだ公にはできないそうです。(それはそうでしょう。)

"We are not prepared to discuss the details of our proposal at this time. ... We are hopeful that once the union's staff and negotiating committee have had an opportunity to thoroughly review and consider our new proposal, they will share it with the players. We want to be back on the ice as soon as possible." (Bill Daly: NHL deputy commissioner)
「我々は今の時点では我々が出した提案書の詳細を話す準備はできていない。・・・我々は、組合のスタッフと交渉委員会が精査する機会を持ち我々の提案を考え、選手たちと共有してくれたらと期待していますよ。できるだけ早く氷の上に戻りたいですからね。」(ビル・ダリー: NHL
副コミッショナー)

"Nice move by the NHL. They came back and bent a little with the $300 million back on. Moving to 6 year [contract] signing instead of the 5. They were the first to say lets negotiate. Fehr will likely come back with an 8 year deal and settle on 7. He will not go for the 10 years." (Cherry: Commentator of Hockey Night in Canada)
「NHL の好プレーだ。彼らは、交渉の席に戻りながら3億ドルを少し緩和した。契約の期間を5年から6年にした。彼らが交渉をしようと口を切ってくれた。フェールは8年契約のカウンター・オファーでやってきて、おそらく7年で手を打つだろう。10年まではいかないさ。」(チェリー: ホッケー・ナイト・イン・カナダのコメンテイター)


NHL は少しは譲歩してくれているようです。ただ以前の提案書にもあったような詐欺まがいの条項が入っている可能性はありますが。
・・・
しかし、時間がもうほとんどない時にしかも2012年を数日しか残さずに300ページの提案書は組合にとっても大変ですね。
もちろん文句は言えませんが。

(写真: ギャリー・ベットマン[左]とドナルド・フェール[右])

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
ラベル:NHL 労使交渉
posted by Bluejay at 20:22| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

I'm Not There. | アイム・ノット・ゼア

RocLaFortune@02.JPG『アイム・ノット・ゼア (I'm Not There.)』(2007)を見ました。

12月21日に誕生日を迎えた56歳ロック・ラフォーチュンに敬意を払うためです(笑)。
ところが、見てみると『アイム・ノット・ゼア (I'm Not There.)』での役どころは、貨物列車に乗っていた浮浪者の役でした。
ロック・ラフォーチュンが出てくるのはこの短い間だけなのですが、もう一人の浮浪者(これも何とカナダ人俳優!)と共に、本当に人のよさそうな浮浪者を演じきっていました。ごく自然なHappy な浮浪者ですね。(笑)

もう一人のカナダ人、ラリー・ダンは、どこに出ているのかはわかりませんでしたが(おそらく後の方かな・・リチャード・ギアの集会でのシーン・・・違うかもしれませんが)、さすがにアメリカのアイコン映画でのカナダ人俳優の立場はルンペンかほとんど気付かない政府役人というような役どころのようです(もちろん、偶然です!!冗談です!!)

さて、『アイム・ノット・ゼア (I'm Not There.)』は、ボブ・ディランの生涯をディラン自身の側面を6つに分けそれぞれの分身(または分身を代表できるような存在)のストーリーという形で進行するという、難解な手法をとった映画です。ディランのファンには戸惑うこともないのでしょうが、ディランを良くも知らずに(実際この映画を見るまでは、ボブ・ディランはイギリス人だと思っていました・・・嗚呼ッ!)映画の構成の前知識もなく見始めた自分には個々の断片をつなげ合わせるにはかなりの労力が必要でした。
でも、見てる間には良く分からなくても、見終わった時点ではディランをよりよく理解できたように感じるのは不思議です。

ボブ・ディランは、若い時にフォーク・シンガーのウディー・ガスリーに飲めり込んでいたようです。
そのフォーク・シンガーのガスリーを演じているマーカス・カール・フランクリン(黒人の少年)が貨物列車で話したり歌ったりしてあげた相手の浮浪者の一人がロック・ラフォーチュンです。






カナダ人俳優
  • ドン・フランクス
  • ロック・ラフォーチュン
  • ラリー・ダン

(写真: 若い時のロック・ラフォーチュン / "I'm Not There"とは無関係)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 12:27| バンクーバー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

パニッシャー: ウォー・ゾーン

LarryDay@02.JPG『パニッシャー: ウォー・ゾーン (Punisher: War Zone)』(2008)を見ました。

お目当ては、ラリー・デイ、ケベック州モントリオール出身49歳のカナダ人俳優です。
ラリー・デイは、Jacksons のプライベート・パーティーのDJ を務めるほど、国際的にも有名なDJ だったらしいですが、今回は初めてそのバックグラウンドを知った上での映画の鑑賞です。

『パニッシャー: ウォー・ゾーン (Punisher: War Zone)』では、ラリー・デイは、FBI 捜査官の一人ミラーを演じています。出番はほんの数回しかないのですが、まあまあの演技ですね。
というのも、この映画の出演者はあまり良い演技をしている人はいないのです(偏見かもしれませんが。そのため、ラリー・デイの演技が普通に見えるのかもしれません。ファンの方すみません!)。おそらく脚本のまずさと監督の技量が低かったのではないかと思いますが、どの役者も中途半端な演技なのです。
見てみるとわかりますが、登場人物の(おそらく脚本と監督の)キャラクター描写が不十分なので、どんなに良い演技をする役者でもおかしな「つじつまの合わない」演技をする羽目になっているような気がします。

ストーリーは、元FBI 捜査官キャッスルが「パニッシャー」として街のワルを「懲らしめる」というものです。
こういうと「仕置き人」や「ハングマン」のように聞こえますが、キャッスルは鬼神のように強く何十人を相手があいてになっても問題にしません。
この映画は、キャラクター描写が不十分な事と、その遠因でもあるのでしょうが、ストーリーが稚拙なのです。どんなことでも、徹底してないので中途半端に見えます。まるで、監督が自己満足のために思いつきの映画を作ってしまったというような気までしてしまいます。(ちょっと過激でした・・・反省▼)
全身をボロボロにされた男の命が助かると、顔だけはぼろぼろなのですがあとは五体満足であるとか、すぐ間近で人が殺されるのを見ている幼い子供が、恐怖にもおびえず、殺人シーンの後はあたかも何もなかったのように振る舞うなどです。

ただ、暴力シーンは徹底しています。ゴルゴ13のような「ワン・マン・アーミー」のようなアクションを見たい人にはお勧めです。
そうでなければ、暴力シーンに辟易するかもしれません。

キャラクター描写が徹底されていないためにちょっと喜劇的な所もありますが。

* 英語の教材としては向いていませんね。

そういえば、この映画にはラリー・デイ以外にもカナダ人俳優が4人ほど出演しています。







(写真: ラリー・デイ / "Punisher"とは無関係)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 21:00| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

Etsy

Etsy@03.JPG英語メルマガ「Voice in Canada」の紹介です。

------------------------------------

カナダ統計局は、10月の同国の実質GDP(国内総生産)が季節調整済みで前月比0.1%増加したと発表しました。前年同月比では1.1%の増加です。
8月のGDPが0.1%減、9月が横ばいとなった後、10月は小幅増に転じています。卸売り(0.8%増)、小売り(0.3%増)ともに堅調だったことが輸送業(0.6%減)や娯楽関連産業(1.6%減)の落ち込みを補い、サービス業全体で0.1%増を確保しました。製造業は0.4%減だったそうです。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. 赤首母さんの攻撃
2. Words & Phrases Today!
3. Today's Grammar?
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆赤首母さんの攻撃☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

There is one word, one teeny tiny four lettered word that has been known to cause my husband to break out in a cold sweat and start to twitch.
夫を恐怖に陥れぴくぴくと体をひきつらせることで知られる1語、小さな小さな4文字単語がある。

Etsy.
エッツィーだ。

My love for all things Etsy is unparalleled. Where else can I find pickled baby pig heads and intricately crocheted doilies, all in one place?
全てのものに対する私の愛情の中でも、エッツィーへの愛情に肩を並べるものはない。子豚の頭の酢漬けと複雑なかぎ針織のドイリーを1つ所で見つけられる場所が他のどこにあるだろう?

My love for Etsy grows stronger every year, as does the collection of oddities in my house.
私のエッツィーへの強い嗜好は毎年大きくなり、私の家の奇妙なコレクションも毎年増えていく。

Not only do I get to support crafty small business people, but also I get to do it from the sanctity of my ugly leather sofa, pant-less, while eating pickles and listening to Nicki and Victor from the Young and Restless get back together on the television. All of this while avoiding holiday madness and mildly insane Christmas shoppers.
私は手先の器用な小ビジネスをしている人たちを支援することになるだけでなく、私の醜い皮のソファーという神聖な場所から、息を切らさずに、ピクルスを食べながら、ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレスのニッキーとビクターがよりを戻したとテレビで放映しているのを耳にしつつ支援することができるのである。ホリデーの狂気と少し正気を失ったクリスマスの買い物客を避けながらこれだけのことができるのだ。


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

teeny = ちっぽけな。
break out in a cold sweat = 恐怖を感じる、心配で冷や汗が出る。
unparalleled = 並ぶもののない、無比の。
pickled = ピクルスづけにした、酢漬けにした。
intricately = 手の込んだ、複雑な。
crochet = かぎ針で編む。
doily = ドイリー(フィンガーボールなどの下に敷く小ナプキン)。
oddity = 異常なもの。
crafty = 器用な。
sanctity = 神聖さ、荘厳性。


☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------------
My love for all things Etsy is unparalleled.
----------------------------------------------------------------
Among my love for all things, Etsy is unparalleled. ということか?

----------------------------------------------------------------
Nicki and Victor
----------------------------------------------------------------
正しくはNikki and Victor。
30年以上も続く「ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレス」のなかでこの二人は結婚・離婚を何度も繰り返している。

----------------------------------------------------------------
Young and Restless
----------------------------------------------------------------
正しくはThe Young and the Restless。
ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレス。
米CBSで1973年から放送中の昼ドラマ。デイタイム・エミー賞ではジェネラル・ホスピタルの11度に次ぐ7度の作品賞を受賞している。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

少しは役に立つ内容でしたか?

いやいや赤首母さんは本当にEtsyが好きなんですね。
このあと50品ほどの写真を紹介しています。
確かにどれもユニークなものばかりで、どうせ何か買うならEtsyで買いたいなと思わせてくれます。


(写真: Etzy で販売されていたブローチ)

☆英語メルマガ☆ @ World Communities Club
ラベル:etsy
posted by Bluejay at 10:20| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

ケイトリン・ウィーバーとアンドリュー・ポジェ、2013年カナダ選手権欠場

KaitlynWeaver_and_AndrewPoje@01.JPG
昨年のアイスダンス・ペアの全国チャンピオン、ケイトリン・ウィーバーとアンドリュー・ポジェが、来月の2013年カナダフィギュア・スケート選手権を棄権することが決まりました。

理由は、ケイトリン・ウィーバーが金曜日にアメリカでの練習中に左足首を怪我したためです。
ウィーバーは、火曜日にトロントで手術をします。(今ごろ手術台の上かもしれません。)
ウィーバーはアメリカ人ですが、アメリカで練習していて怪我をしてもカナダで手術をするのですね。
カナダ選手として登録しているからなのでしょうか?

"We wanted to wait until we were sure of the situation, and all the implications before we confirmed what had happened. ... Andrew and I will definitely keep you posted on the results of the surgery and the progress as the weeks unfold." (Weaver)
「起きたことをお知らせする前に今の状況とそれが何を意味するのかしっかり把握するまで待っていたかったんです。・・・アンドリューと私は手術の結果を必ずお知らせし続けますし、手術のあとの進展もそうします。」(ウィーバー)

* ケイトリン・ウィーバー : アメリカ人
* アンドリュー・ポジェ : カナダ オンタリオ州ウォータールー出身


☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 00:00| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

木を植えた男・・・信念と無私の心

FrédéricBack@01.JPGそういえば、書くのを忘れていましたが、フレデリック・バックの『木を植えた男 (L'homme qui plantait des arbres)』(1987)を見ました。英語のタイトルは"The Man Who Planted Trees"です。

フレデリック・バックは、カナダの芸術家であり、短編アニメ映画の監督でもあります。

バックは、1924年にドイツのザールブリュッケンに生まれ、1948年にカナダに移住してきました。

ザールブリュッケンは、ドイツにあったもののフランスの国境に近く、地下資源が豊富であったため帰属が点々とする歴史を持った街のようです。
フレデリック・バックは、そのような環境でフランスの影響が強かったのでしょうか、カナダのケベック州に移り住んでいます。

『木を植えた男 (L'homme qui plantait des arbres)』のDVDには、短編アニメが10以上含まれており、初めから見て行った私は、うわさにもとる映画だとがっかりしたのですが、最後の方にきてアニメのタッチも変わり始め、ラスト2編『木を植えた男 (L'homme qui plantait des arbres)』と『大いなる河の流れ(Le fleuve aux grandes eaux)』(1993: 英題/"Mighty River")で評価が一気に上昇しました。

一言でいえば、名作です。特に『木を植えた男 (L'homme qui plantait des arbres)』が。
この作品は、第60回アカデミー賞短編アニメ賞も受賞しています。

ストーリーは、フランスの荒れた土地に50代の羊飼いが森を作るために黙々とドングリを植える気の遠くなる果てしない作業を独りで半生をかけて行うという話です。信念と無私の心の業がなし得たものとは??全編をこのクリップで見ることができます。
(もともとは、フランス語らしいですが、フランス語は分からないので英語版をご紹介します。)







(写真: フレデリック・バック)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 21:09| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

フェール、ダリー話すも、実らず・・・NHL

土曜日にNHLPA の執行役員ドナルド・フェールと、NHL 副コミッショナーが電話で話したようですが、実際に会って交渉を再開するための進展はありませんでした。

ロックアウトは土曜の時点で98日目に突入し、今までの中止となった試合数は625試合(全試合の50%以上)に及びます。1月14日までに合意が成立しなければ2012年-2013年シーズンは成立しなくなる高い可能性があります。

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 18:54| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火事

AmherstFire@01.JPG英語メルマガ「Society in Canada」の紹介です。

---------------------------------------------------

米軍とカナダ軍が共同運営する北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)が24日、毎年恒例のサンタ追跡プロジェクトを実施します。人工衛星などを監視するNORADは、12日の北朝鮮の事実上の弾道ミサイル発射を探知し、地球の軌道を周回する北朝鮮の人工衛星も追跡していますが、クリスマスイブには「一大任務」が加わります。
NORADは、クリスマスプレゼントを配るため世界中を移動するサンタを追跡、その様子を24日未明(日本時間同日午後)から、NORADのウェブサイト(http://www.noradsanta.org/ja/)で日本語を含む8カ国語で紹介するそうです。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. News in Canada
2. カナダのニュース[解説]
3. Today's Words
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆News in Canada☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

A mother and her three boys escaped their burning Amherst home by crawling through a basement window Friday night, according to the Canadian Red Cross.

The fire on Christie Street was called in around 9 p.m.

After the family was safely out of the building, they warned a man and woman in the other unit of their duplex who also made it out safely.

The Red Cross said the duplex is less than a block away from the Amherst fire hall. The fire was put out but it caused smoke and water damage to the building.

(CBCから抜粋)


☆☆カナダのニュース[解説]☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

カナダ赤十字によると、母親と3人の子供は、金曜日の夜に、地階の窓から這い出して燃え盛るアムハーストの家から逃げ出した。

クリスティー通りのこの火事は午後9時ごろに通報された。

建物から無事逃げ出した後、家族は自分たちの重層型アパートのもう一つのユニットの男性と女性に警告し、二人も又無事に外に出た。

赤十字は、この重層型アパートはアムハースト消防署の1ブロックも行かない先にあると言った。火事は消されたが、煙と水で建物が被害を受けた。


☆☆Today's Words☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ボキャブラリーをふやそう!
escape = 逃げる。
burning = 燃えている、焼けている。
crawl = 這う、這っていく。
basement = 地階、地下室。
according to XXX = XXXによると。
call in = 中心である所に電話をかける。
duplex = duplex apartment (重層型アパート:上下階で1戸になっている)
fire hall = 消防署。
put out = 火を消す。
cause = 引き起こす、もたらす。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今週はいかがでしたか?

逃げた6人はコミュニティーに住んでいる家族のもとで過ごしているようです。
子供たちは4歳から8歳、クマのぬいぐるみを与えられ今は落ち着いているようです。
火事の原因はまだ分かっていません。


(写真: アムハーストの火事)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 14:18| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Society in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

NHLPA 解散か!?

DonaldFehr@12.JPGNHLPA (NHL選手会=組合)は、メンバーの2/3以上の賛同により執行部役員会に組合を解散する権限(関心の放棄)を与えました。
この権限は来年の1月2日まで有効です。

もし、執行部がNHL選手会を解散することを決めたら、選手たちは職業組合を形成することになり反トラスト法違反の疑いでリーグ側を訴えることができます。

NBA 選手会であるNBPA(National Basketball Players Association)の、主任交渉人のジェフリー・ケスラーは、NHLPA が「関心の放棄」を行うことが有効だと考えています。

"I think this is much more likely to lead to a settlement sooner. ... The players have concluded that they are on the verge of possibly deciding that it is better not to be a union and using the anti-trust laws to attack the lockout, which all fans should be happy with because it'll work. I assume the fans would like the lockout to end." (Kessler)
「その方がより素早い合意に導くことになる可能性がずっとあると思いますよ。・・・選手たちは組合でいることをやめた方が良いと決断し反トラスト法でロックアウトを攻撃する間際まできていると思っていますし、ファンも嬉しい限りですよ。そうすればうまくいきますからね。私は、ファンはロックアウトが終わってほしいと思っていると仮定しているんですがね。」(ケスラー)
(そりゃ当然思ってますよ)

ところが、ベットマンは揺らぎません。(表向きだけでしょうか?)

"The board was completely and thoroughly briefed on the subject. ... And we don't view it in the same way in terms of its impact as apparently the union may." (said Bettman)
「役員会はその件については完全に徹底的に説明を受けている。・・・そして、我々はその効果という意味では、組合が明らかにそう見ているようには見ていない。」(ベットマン)


NHL は先週NHLPAに対して集団訴訟を起こしています。組合の解散だけしか交渉の戦術にしていないという起訴内容です。脅迫しかしていないという事ですね。
一方、NHLPA は、全米労働関係委員会に、NHLの「不公正な労働慣行」を訴えています。


昨シーズンは記録的な収益をあげたNHL も、1年たてば、ホッケー産業を衰退させかねない争議騒動で終わりそうです。

(写真: NHLPA 執行役員ドナルド・フェール)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 23:53| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

NHL 1月15日までの試合取消・・・次はシーズン取消か?

BillDaly_and_GaryBettman@02.JPG起きては欲しくないことが起こりつつあるようです。

NHL は1月15日までの試合を中止しました。
残るは前試合48試合もシーズンを行うかどうかだけです。
1月15日が、この決断のX-Dayと目されています。

ただ、リーグも組合も話し合いを再開する兆しはありません。
組合側は、反トラスト法の訴訟を既にお越すことを検討しています。

リーグ側は、集団訴訟を既におこしました。
組合側も、労働慣行に対する苦情を訴えています。

もうおしまいでしょうか。
ダリーは、ついこのあいだなぜ希望を持たせるようなことを言ったのでしょう?


(写真: ダリー[奥]とベットマン [手前])

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
ラベル:NHL
posted by Bluejay at 23:57| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日はラリー・デイの誕生日です・・・49歳おめでとう!

LarryDay@01.JPG今日は、ラリー・デイの誕生日です。

1963年の今日、カナダはケベック州モントリオールで生まれたデイは49歳になりました。

ラリー・デイの身長は1m78cmです。(あまり関係ないですね。)

 

モントリオールで生まれ育ったラリー・デイは、エンターテインメント業界で20年以上活動を続けています。

俳優になる前には、ラリー・デイは世界的に有名なクラブ(モントリオールのセプテンバーズ、ニュー・ヨーク・シティーのゼオンズ、フロリダ州フォートローダーデールのスタジオ51)や、ジャクソンズ、フィル・コリンズ、ピンク・フロイドのような面々の個人パーティーのトップDJとして20年以上活動をしていたという経歴もあるようです。

デイはまた、共著で、モントリオールのナイトライフのエンターテインメント・ガイドブックも出版しています。又その時代のモントリオールでトップ・クラスのナイトクラブを何店か経営し又所有もしていたようです。(今も持っているかもしれませんね。)


ものすごい経歴なので、俳優業は半分は道楽なのでしょうか?それとも別の道も極めたいのでしょうか?知りたいところです。


ラリー・デイのテレビ界での経歴は、様々な番組で主役や何度も出てくる役柄をこなすところから始まりました。そんなテレビ番組には、

 

  • Student Bodies (1997) フォックス・ネットワーク
  • Back to Sherwood (1999) フォックス・ファミリー
 

があり、

ゲスト出演している番組も無数(以下はその一部[ニコロデオン: 幼児向け番組ケーブルTV])にあります。

 

  • Are you afraid of the dark
  • Largo Winch
  • Doc
  • The Hunger
 


エミー賞にノミネートされた次のミニシリーズにも出演しています。

 

  • P.T. Barnum (1999)
  • Nuremburg (2000)
  • Hysteria: the Def Leppard Story (2001)
 



デイの出演は多岐にわたり、例えばこんな映画に出演もしています。

 

  • Out of Control (1998) [ショーン・ヤング共演]
  • Dead Silent (1999) [ロブ・ロウ共演]
  • エクスチェンジ 脳・間・電・送 (2000)[アラン・モイル監督 / スティーブン・ボールドウィン、カイル・マクラクラン共演]
  • One Way Out (2002) [ジェームズ・ベル―シ共演]
  • Savage Messiah (2002)
  • ノー・グッド・シングス (2002) [ボブ・ラフェルソン監督 / サミュエル・ジャクソン共演]
  • Partners in Action (2002) [シドニー・J・フューリー監督 / アマンド・アサント共演]
  • Detention (2003)
 

 

また、カナダとアメリカ中で放送たラジオ番組「Backspin」の製作と司会も務めています。

 

誕生日を記念してみる映画は『パニッシャー: ウォー・ゾーン』を予定しています。

 

 

(写真: パニッシャー: ウォー・ゾーンのラリー・デイ)

 

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

ラベル:ラリー・デイ
posted by Bluejay at 21:38| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は、キーファー・サザーランドの誕生日です・・・46歳おめでとう!

KieferSutherland@02.jpg今日は、キーファー・サザーランドの誕生日でもあります。

サザーランドは1966年に生まれているので、今年で46歳です。
サザーランドは、イギリスのロンドンで生まれたイギリス人ですが、1970年、キーファーが4歳の時にカナダのオンタリオ州トロントに移住しています。・・・イギリス系カナダ人です。

誕生日記念に見る映画/ドラマは『24 (24 -Twenty Four-)』です。

『24 (24 -Twenty Four-)』はずいぶん前に見ていたのですが、あまりに長いので最後まで見ることを断念しました。今度はそのリベンジです。

『24 (24 -Twenty Four-)』を見ることの良い点は、ジャック(キーファー)の娘キンバリーを演じているのが、エリシャ・カスバート(カナダ人)だからです。


『24 (24 -Twenty Four-)』の英語は、標準的な英語で、会話も割と多く、しかも一つ一つの会話はそれほど長くはないので、英語学習によいかもしれません。話しが長いのと、複数の場面でのストーリーが同時進行的に進むので、ある程度集中して筋を追っていかないといけないのが玉に疵です。


そういえば、このドラマに出てくる次期アメリカ大統領候補は黒人です。オバマが大統領になる前の話ですね。

このドラマはオバマの後押しに一役買ったのでしょうか?興味があるところです。







今度は、最後まで見るぞ~!


(写真: 24)


☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

posted by Bluejay at 21:07| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は、ロック・ラフォーチュンの誕生日です・・・56歳おめでとう!

RocLaFortune@01.JPG今日は、ロック・ラフォーチュンの誕生日です。

ロック・ラフォーチュンは、ケベック州ラシュトゥ生まれのカナダ人俳優です。

1956年に生まれているので、今年で56歳です。


恒例の誕生日記念映画は、『アイム・ノット・ゼア (I'm Not There.)』(2007)を見る予定です。

TSUTAYAから借ります。

 

この写真を見ると、どんな映画なのか見る前から楽しみです。(IMDbの評価も6.9と決して低くはありません。)

 

(写真: "I'm Not There" でのロック・ラフォーチュン)

 

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

posted by Bluejay at 00:00| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

結局シーズンはあるのか? .... NHL

BillDaly@08.JPGNHL 副コミッショナービル・ダリーは、ラジオ番組で2012-2013シーズンはあるかどうかYes か No で答えてくれと迫られ、肯定的な返答をしたそうです。

そのことに対して、NHLPA 執行役員ドナルド・フェールはこう答えています。

"That's good news. I hope he's right. I certainly hope he's right. That's the players' goal, that's what we want to try and do. ... The owners have not indicated a desire to resume. ... We've indicated any number of times that we're willing to resume when they are. We're willing to resume without preconditions. So we're waiting to hear back from them." (Fehr)
「それは良いニュースだ。ダリーが正しいことを望むよ。私は彼が正しことを本当に望みますよ。それが選手たちの目標で、それこそが私たちがしたいことなのです。・・・オーナーたちは交渉を再開したいという気持ちを示していませんね。・・・我々はいつも、彼らさえ用意できれば交渉を再開するつもりだと示してきていますがね。我々は前提条件なしに交渉を再開したいのです。ですから、彼らが答えてくれるのを待っているのですよ。」(フェール)

近々、さらに試合がキャンセルされる予定ですが、ダリーは交渉の再開時期についてどう考えているのでしょう。

"There does need to be a reason to meet. ... Given, I guess, where we are, somebody has to have a new idea or something new to put on the table to move the process along. ... I don't think setting an absolute [drop dead] date serves a purpose [in negotiations] at this point, but certainly everybody knows the neighbourhood we're talking about." (Daly)
「会う理由が必要だ。・・・思うに、我々が交渉を中断した状況を考えれば、誰かが新しい考えか新しい何かをテーブルに載せてプロセスを進めていかなければならない。・・・完全にダメになる日を定めることが交渉の目的になるとはこの時点では思いませんね。しかし、誰もが我々が話している隣人については確かに知っていますよ。」(ダリー)

なんだか判じ物みたいで、何が言いたいのかさっぱりわかりませんが、ともかく交渉の再開について確かな方法論を持っていそうもないことだけはわかります。

"Any time you are preventing the fans from watching the sport they dearly love, which provides the business that we're all involved in, that's not a good thing. ... It needs to be ended as soon as possible. We certainly hope we can do that. We certainly want to tell the fans we're doing everything we can to do it." (Fehr)
「ファンが心から愛しているスポーツを見ることを妨げている時はどんな時でも、そのスポーツは我々全員が関わっているビジネスを与えてくれているのですが、そんな時が良いことであるはずがありません。・・・そんな状態はできるだけ早く終わらせねばなりません。そうできることを我々は本当に願っていますよ。ファンに対して我々はできることを全てやっているのだと話したいですよ。」(フェール)

・・・結局、希望はあるのかないのかさっぱりわかりませんね。

(写真: ダリーは本当は何を考えているのか?)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 21:26| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日はコリー・クラーク(俳優)の誕生日です・・・44歳おめでとう!

TheTwilightZone@01.JPG今日はコリー・クラークの誕生日です。44歳になりました。

コリー・クラークは、オンタリオ州に1968年に生まれたカナダ人女優です。同姓同名の水泳選手もいるようですが、そちらはアメリカ人です。
現在は、ブリティッシュ・コロンビア州に住み3人の娘がいるシングル・マザーだと聞いています。
コリー・クラークはアーチストでもあります。どんなアートをしているのかはよく知りませんが、どうも絵を描いているようです。

アート活動に力を入れてアーチストとして食べていけるからか、食べて行くためにアーチストとして働いているのか、どちらか良くわかりませんが、コリー・クラークの出演映画は多々あるものの、主演や主役に近い役柄ではない場合がほとんどなので、誕生日記念に見る映画がとうとう見つかりませんでした。

 

今のところ、入手できる可能性のあるのは、

 

  • アウター・リミッツ(1995-2002: Showtime) "Stitch in Time" と "Paradise"
  • トゥワイライト・ゾーン(2002: UPN) "Shades of Guilt"
 

ですが、それぞれいろいろなバージョンがあり、しかもどのシーズンにお目当ての(コリー・クラークの)エピソードが入っているのかわからないので注文をするのをためらっています。AMAZON の出品者にも問い合わせしましたが、なしのつぶてです。がっかりしますね。

 

そうはいっても、この2つの「科学もの」に限らず、いずれコリー・クラークの作品は見れるように頑張るのでその時は又ご紹介します。

 

* 自分にとっては、コリー・クラークは本当にミステリーな俳優です。

 

【Shades of Guilt】

(5秒たてば初めの広告はスキップできます)

 





 

* 奥さんがコリー・クラークでしょうか??謎です。

 

(写真: トワイライト・ゾーン)

 

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

posted by Bluejay at 00:00| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

首相と大統領にまで心配をかけるスポーツ・・・NHL

GaryBettman_and_StephenHarper@01.JPGBarackObama@01.JPGとうとう、NHL のロックアウトは、カナダの首相(スティーブン・ハーパー)と米大統領(バラック・オバマ)にまで愛想を尽かされるスポーツになりました。こんなスポーツは世界広しといえども過去をさかのぼってもないのではないでしょうか。

ハーパー首相は、NHL は、スポンサーとの関係を危ういものにしていると警告し、カナダ人にはロックアウトをするNHL よりも、女子ホッケーや、ジュニア・リーグや大学ホッケーを見てほしいとまで言っています。

オバマ大統領は、NHL もNHLPA も収益をどのように分けるかは決めることができるはずだ、ファンにとって正しいことをしてほしいと言っているようです。

さすがにそれぞれ国のトップにいる人は正鵠をついたコメントをしてくれます。


(写真: 左-オバマ / 右-ベットマンとハーパー)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
ラベル:NHL 首相 大統領
posted by Bluejay at 23:31| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銃規制?報道規制?

SchoolShooting@03.jpg英語メルマガ「Voice in Canada」の紹介です。

------------------------------------

カナダの企業が行った世界的なアンケート調査で、カナダ人の約半分が職場で自分の能力を発揮できないと感じていることが分かったそうです。
調査対象となったカナダ人の44%が、「職場で自分の能力を発揮できないと感じる」と答えています。一方で「自分の実力以上の仕事を任される」と回答した人は20%となり、この2つ回答は世界の平均値に近いものがあります。
「能力を発揮できてない」と感じる人の割合が最も高かったのは中国(84%)で、2位と3位はそれぞれトルコ(78%)、ギリシャ(69%)でした。一方で「自分の実力以上の仕事を任されている」と答えた人の比率が高かった3カ国はイタリア(47%)、日本(42%)、チリ(41%)でした。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. あるがままに語ろう
2. Words & Phrases Today!
3. Today's Grammar?
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆あるがままに語ろう☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Another horrifying killing spree at a school. This time little children are the victims, probably the most hideous crime imaginable. Defenseless, young kids and their teachers. Disgusting, tragic and absolute madness. And as usual, the media frenzy is just as sickening. News stations offering round the clock coverage of the tragedy as it unfolded, all in the name of ratings. When are we going to wake up and realize that the non stop, full-blown media assault is glorifying this type of action for the mentally disturbed? As long as we keep giving these sickos their 5 minutes of fame, they’re going to keep doing this, over and over.
またも学校で身の毛もよだつ殺人騒ぎ。今回は、幼い子供たちが被害者だ。おそらく想像しうる限りでもっとも非道な犯罪だ。身を守ることができない小さな子供たちとその教師たち。胸が悪くなる、悲惨な、完全な狂気。そしていつもの通り、メディアの狂奔も具合が悪くなるものだ。視聴率という名のもとに、事態が進展する間この悲劇を24時間体制で報道するニュース・ステーション。いつ、我々は目覚め、止まる事のない本格的なメディアの報道攻撃が、精神的に惑乱されているものにとってこの手の行動を美化しているのだということに気がつくのだろう?我々がこの手の変質者に5分間でも名をあげるような時間を与え続ける限り、彼らは同じことを何度も何度も繰り返すだろう。


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

spree = 馬鹿騒ぎ、し放題。
hideous = おそろしい、ぞっとするほどいやな、極悪非道な。
disgusting = むかつくような。
frenzy = 熱狂、狂乱。
round the clock = 24時間、止まることなく。
unfold = 展開する、発展する、進展する。
full-blown = 十分に発達した、完全な、本格的な。
assault = 猛攻撃、猛襲。
glorify = 賛美する、美化する、見せかける。
sicko = 変質者。


☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------------
特にありません。
----------------------------------------------------------------


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

少しは役に立つ内容でしたか?

作家先生の意見では、銃規制は効果なし。なぜなら、市民の手を縛るが犯罪を犯すものは非合法であれ合法であれ、銃を利用する。もし利用できなくても、自家製爆弾や薬品や代替手段はいくらでもある。
キリスト教教育が学校からなくなったことが理由であるとするのは馬鹿げた考えだ。多様な宗教のある現代社会の現実を見ていない。
メディアの報道が、精神的に救いが必要な人たちに、この手の犯罪を魅力的なものとして提示している。
市民相互の監視が有効な防止手段だ。
・・・だそうです。


(写真: カナダの6年前の事件の追悼)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
ラベル:銃規制 学校
posted by Bluejay at 11:12| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

R. A. ディッキー、トロントに合流

R.A.Dickey@01.JPGトロント・ブルー・ジェイズは、R. A. ディッキーをニュー・ヨーク・メッツから獲得しました。来年のローテーションにはいる予定です。

メッツから獲得した選手は、
  • R. A. ディッキー ピッチャー
  • ジョシュ・トーリー キャッチャー
  • マイク・ニキエス キャッチャー カナダ人選手[ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー]


R.A.Dickey@02.JPGR. A. ディッキー(38)は、500万ドルで2013年を投げ、2014年2015年と2,400万ドルで契約延長ができます。さらに2016年に1,600万ドルの契約を結ぶオプションも付いているようです。年も年なだけにあと4年投げられるかどうかはわかりませんが。

一方のメッツは、代わりに
  • ジョン・バック キャッチャー
  • トラビス・ダーノー キャッチャー

を獲得しています。
二人とも嘱望された選手でしたが、ブルー・ジェイズでは芽が出ませんでした。

ただし、メッツのアルダーソンGMは期待しているようです。
"We feel that players acquired in this deal, Buck and d'Arnaud in particular, will make contributions in 2013." 
「今回のディールで得た選手、特にバックとダーノーは、2013年では貢献してくれますよ。」


R. A. ディッキーは、2012年はナショナル・リーグで最高の投手であり20勝6敗、防御率2.73、脱3振230、登板イニング数233 2/3、完投5、シャットアウト3、過去24年間でただ一人の被安打1の試合を続けた投手です。素晴らしいですね。

2011年には春のキャンプで締めだされたのですが、コツコツと頑張ってシーズン最後にはローテーション投手の仲間入りしていた根性の人でもあるようです。ナックルボールを完成させるまではマイナーで14年間チームを転々としていた経歴を見ても根性が座った人だと想像できますね。また、メッツではただ一人のサイ・ヤング賞投手です。

ディッキーは、メッツの首脳陣と契約がらみでもめていたようです。メッツはディッキーにオプション・イヤーのオファーしかしていなかったようで、ディッキーにとっては相当不満だったようです。(そらそうでしょう。苦労の上、一挙にスターダムに上り詰めたと思ったら、最高の年の翌年に1年契約では満足できるわけはないですね。)

"If that's the decision that they make, I feel like it would be unfortunate because it probably is going mean that I'm not going to be back. ... And that would be sad."
「彼らが決めたことがああであるなら、運が悪かったと感じるよ。俺は戻れないことをたぶん意味するからね。・・・悲しいことさ。」

2013年のトロント・ブルー・ジェイズのローテーション・ピッチャーは次の通りになりそうです。
  • R. A. ディッキー
  • ジョッシュ・ジョンソン
  • マーク・バーリー
  • リッキー・ロメロ
  • ブランドン・モロー

野球に詳しくはないですが、けっこうな顔触れのように感じます。


(写真: R. A. ディッキー)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 23:52| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

今日は、ユージン・レビーの誕生日です・・・66歳おめでとう!!

RonPayne_and_EugeneLevy_and_John Cusack@01.JPG今日はユージン・レビーの誕生日です。66歳になりました。

そこで、『セレンディピティ 恋人たちのニューヨーク(Serendipity)』(2001)をみました。
この物語は、クリスマス前のニュー・ヨークのデパートでクリスマス・プレゼントを購入しにやってきたある若い男女が、偶然同じ手袋に手を伸ばし、互いに譲り合う所から始まります。互いにひかれあうような感じなのですが、相手に「彼」や「彼女」がいるのかよくわからないままカフェでお茶して別れます。男の方(ジョナサン[ジョン・カサック])は明らかに女性に惹かれているのですが、女性(サラ[ケイト・ベッキンセイル])は運命論者的な所があり、偶然の出会いが、カフェで別れた後すぐに続くとさらに運命を試そうとします。所がひそかに期待していた運命に裏切られ、2人は2度と出会うことはありません。・・・数年後に奇しくも別の都市でそれぞれ別の相手と数日後に結婚を控えるばかりになるまでは・・・。

それなりに楽しめましたが、個人的には、「ゆるい」映画だと思います。設定も甘ったるい。俳優も(というか役どころか?)シャープさがない。
でも設定は、確かにひねってあります。楽しいロマンスですね。クリスマスに恋人と見るのもいいかもしれません。

この映画では、ユージン・レビーはデパートの店員(初めはエルメス売り場)を演じています。いつものようなおかしな役どころです。

英語教材としては良いかもしれません。決して名画ではありませんが、分かりやすい英語で話しているので、耳ならしに良いでしょう。

-------
ユージン・レビー(身長178cm/ニックネーム: ブッチ)は、1946年にオンタリオ州のハミルトンで生まれています。

ユージン・レビーは、50本以上の映画に出演していますが、そのうちの7本が1億ドルの興行成績を残しています。(幸運をもたらす俳優のようですね。)

レビーがハリウッドで最も人気があるコミカルな性格俳優の一人として認められるようになったのは、

  • 花嫁のパパ2(Father of the Bride Part II): 1995
  • 女神が家(ウチ)にやってきた(Bringing Down the House): 2003
  • 12人のパパ(Cheaper by the Dozen 2): 2005
  • 森のリトル・ギャング(Over the Hedge): 2006
のような映画の売上が貢献したからだそうですが、ユニバーサルの売上10億ドル映画『アメリカン・パイ(American Pie)』で演じた「ジムの父親」でアメリカで好かれる父親という評判を固めたようです。(どんな父親役か見てみたいものです。)

 

レビーは、クリストファー・ゲストと組んで次のような映画の台本を書き共に主役として出演しています。
  • ガフマンを待って[原題](Waiting for Guffman): 1996
  • ドッグ・ショウ!(Best in Show): 2000
  • みんなのうた(A Mighty Wind): 2003
  • 検討してみてください[原題](For Your Consideration): 2006

『みんなのうた(A Mighty Wind)』で、レビーは、グラミー賞、ニューヨーク映画批評家協会賞を取り、『ドッグ・ショウ!(Best in Show)』ではゴールデン・グローブ賞にノミネートされています。(多才な人のようです。)

 

レビーの経歴はカナダの人気深夜コメディー番組「セカンド・シティーTV」で始まり、この時代に脚本でエミー賞を2度受賞しています。

出演している初期の映画には、

  • スプラッシュ(Splash): 1984
  • クラブ・パラダイス(Club Paradise): 1986
  • 私立ガードマン/全員無責任(Armed and Dangerous): 1986
  • クローンズ(Multiplicity): 1996

があります。

最近の作品には、

  • グーン(Goon)[ホッケーのコメディー]: 2011
  • ウッドストックがやってくる(Taking Woodstock): 2009
  • ナイトミュージアム2(Night at the Museum: Battle of the Smithsonian)[アインシュタインの声]: 2009
  • アトム(Atom): 2009

があります。

 

次作品には、

  • アメリカン・リユニオン(American Reunion)[アメリカン・パイの登場人物の10話目]: 2012
がありますが、こちらは、もう上映しているでしょう。日本にきているかどうかは知りませんが。

 

ユージン・レビーの家族構成
  • 妻: デボラ・ディバイン(1977-現在)
  • 子: 2人(内、ダン・レビーはカナダMTVの司会)


ユージン・レビーのトレードマーク
  • 太い眉毛
 

ユージン・レビーのトリビア
  • "We are the World"に"Tears Are Not Enough"を歌ったカナダのスーパー・グループ「Northern Lights」の一員
  • カナダはオンタリオ州ハミルトンのウエストデイル高校に通った
  • 「セカンド・シティーTV」開始当初のキャストの一人: まじめだが頭の回転の遅いニュース・キャスター アール・カメンバート、ラス・ベガスのラウンジ・コメディアン ボビー・ビットマンなど多数の役を演じた
  • 2004年に『ニュー・ヨーク・ミニット(New York Minute)』で、ゴールデンラズベリー最低助演男優賞にノミネートし損ねる
  • 2005年に『12人のパパ(Cheaper by the Dozen 2)』『The Man』で、ゴールデンラズベリー最低助演男優賞でノミネートを勝ちとる
  • 『ザ・ホワイトハウス(The West Wing)』(1999)でトビー・ツィーグラーの役をすんでのところで、リチャード・シフに奪われる
  • スティーブ・マーティンと、4本の映画で共演
    • 花嫁のパパ(Father of the Bride): 1991
    • 花嫁のパパ2(Father of the Bride Part II): 1995
    • 女神が家(ウチ)にやってきた(Bringing Down the House): 2003
    • 12人のパパ(Cheaper by the Dozen 2): 2005
  • 1985年に、ジョン・キャンディー、ビリー・クリスタルと「サタデー・ナイト・ライブ」を司会をすることになりプロモーションを作り放映したが、直後に脚本作家がストライキをしエピソードの番組化は実現しなかった
  • 9本の『アメリカン・パイ(American Pie)』全てに出演しているただ一人の俳優
  • 2002年にテレビ番組「Gilda Radner: It's Always Something」で紹介される


ユージン・レビーの発言
  • 私は、皮肉で不道徳なコメディーはできない。もし、私が誰かの気分を害するようなことを言ったと気付いたら、それは、それがすべてを言い表しています。
  • 私は悪党を演じるのが好きです、頭の良くない悪党、わかるでしょう?・・・いいですか、ここに男がいます。私は、あるクラスの口髭をとうとう持ちだすことができると考えています。セットは80年代半ばです。眼鏡はこのへんに。そして、口髭はヒトラーとグルーチョ・マルクスの中間あたりです。(『新Mr.ダマーハリーとロイド、コンビ結成!(Dumb and Dumberer: When Harry Met Lloyd)』2003での役について語りながら)
  • 私についての大きな勘違いの一つは、私がコメディアンであるという事です。私はコメディアンではありません。コメディアンは、聴衆の前に立ち、聴衆を笑わせる人です。私はスタンド‐アップ・コメディーをした事はありませんし、これからも決してしません。私は喜劇俳優です。私のコメディーは性格のたまものなのです。
  • アンソニー・ホプキンス卿と仕事をしてみたいと思います。どうすれば、そしてなぜコメディーでそんなことが起こりうるのかは、私にはわかりません − 私の方にホプキンスを引っぱってくるのか、私がホプキンスの方に引っぱられるのかは。
  • いろいろなことすべてを考えると、たとえ私の役が馬鹿なものであったとしても、重要なのは私が自分の好きなことをしているという事です。つまり、人を笑わせることです。
  • (ジョナサン・ウィンターズについて)ウィンターズはそのシーンでは全てのキャラクターなんです。そしてキャラクターにずっとはいりこんでしまうので、どのキャラクターも本当は違う人がしているのではないかと思うのです。これは、実際の喜劇の天才というだけではなく、キャラクターの演出そのものなのです。

 

ユージン・レビーの報酬
  • 『アメリカン・パイ2(American Pie 2)』(2001) : 100万ドル
  • 『アメリカン・リユニオン(American Reunion)』(2012) : 300万ドル

 

セレンディピティ




(写真: ユージン・レビー[中央] / セレンディピティ)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 00:00| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

孤児たちの和解

HardyBroome@01.JPG英語メルマガ「Society in Canada」の紹介です。

----------------------------------------

カナダの連結子会社を通じて権益の75%を保有している石油資源開発は、カナダ西部のアルバータ州で進めているオイルサンドの開発について、来年初頭に生産設備の拡張工事に入ると発表しました。
地中のオイルサンドから採取する原油量は、2016年上期に現在の約4倍の日量2万7000バレル程度に拡大するそうです。当面は米国に輸出するそうですが、「太平洋岸へのパイプラインが整備されれば、日本への輸出も検討したい」としています。
オイルサンドは原油を含んだ砂岩層で、新たなエネルギー資源として期待されています。
カナダでのオイルサンドの開発は、石油危機の1970年代後半に国家プロジェクトとして始まりました。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. News in Canada
2. カナダのニュース[解説]
3. Today's Words
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆News in Canada☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

After almost 11 years in the courts, former residents of the Mount Herbert Orphanage in P.E.I. have a settlement.

Less than half a million dollars will be shared among 57 former residents involved in the lawsuit.

"They're saying they're glad it's over, they can get on with their lives. That's what we want," said Hardy Broome, who started the suit 11 years ago.

These former residents have spent the past decade in court fighting for compensation for abuse they say they endured at the orphanage.

Their claims include physical, sexual and mental abuse, and date back as far as the 1920s and run through the 1970s.

(CBCから抜粋)


☆☆カナダのニュース[解説]☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ほぼ11年の法廷での活動のあと、プリンス・エドワード・アイランド州にあるマウント・ハーバート孤児院の以前の居住者は和解を得た。

50万ドルにも満たない金額をこの訴訟に関わった57人の前居住者が分け合うことになる。

「みんなは、終わって良かった、普通に人生を送ることができる、と言っています。それこそが私たちの求めている事なのです」この訴訟を11年前に始めたハーディー・ブルーメは言った。

この以前の居住者たちは、この孤児院で耐えたという虐待に対する賠償金を求める法廷での戦いにこの10年間を費やした。

賠償要求には、1920年代まで遡ることができる1970年代にも続いた肉体的・性的・精神的虐待が含まれている。


☆☆Today's Words☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ボキャブラリーをふやそう!
resident = 居住者。
settlement = 和解、合意、解決。
lawsuit = 訴訟、告訴。
suit = 訴訟。
decade = 10年間。
compensation = 補償金、賠償金。
abuse = 虐待、暴行。
endure = 耐える、我慢する。
orphanage = 孤児院。
date back = 過去に起源を遡ることができる。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今週はいかがでしたか?

この裁判を始めた人は1歳から14年間この孤児院で暮らしています。
この孤児院は30年以上前に閉鎖されましたが、そこでは孤児たちが、たたかれたり、監禁されたり、食事を与えられなかったりしたそうです。
被告は州政府とこの孤児院を運営していたプロテスタント系のファンドです。
過去の記憶は消せないものの何らかのけじめをつけることができたと原告たちは言っています。
しかし、このファンドは、支払いを終えれば慈善事業を又始めることができるようです。


(写真: 原告の一人 ハーディー・ブルーメ氏)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 18:41| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Society in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

トロント・ラプターズ、ダラス・マーベリックスに勝利!

TerrenceRoss_and_EltonBrand@01.JPGトロント・ラプターズがダラス・マーべリックスに95-74で勝利しました。第1クウォーターは1点差でリードを許したものの、第2クウォーターで逆転するとセカンド・ハーフでも点差を広げました。

トロントは、イースタン・コンフェレンスで15チーム中14位、ダラスはウェスタンで15チーム中10位です。

トロント・ラプターズはNBA30チーム中唯一のカナダ・チームですが、チームの中にカナダ人選手は一人もいません。CFL よりも、ひどい状態です。

(写真: ラプターズのテレンス・ロス[左]とマーべリックのエルトン・ブランド[右])

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

posted by Bluejay at 00:09| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

新チームが誕生!? ... CFL

FrankClairStadium@01.JPGCFL に新しいチームが誕生しそうです。

新チームは、オタワにあるフランク・クレア・スタジアムを本拠地にし2014年のシーズンからリーグに参戦するようです。
現在は、チーム名をつける段階ですが、「オタワ・ラッシュ」が候補としてあがっています。

でもこの名前が正式に認められるかどうかはこれからの問題です。正式決定は来年1月です。

"In our name-the-team campaign it was a name submitted multiple times, and one of the things you have to be concerned about when you are looking at new names is getting web domains and making sure trademarks are clear. So it's not just about finding a name that's appropriate but finding a name we can register and trademark." (Ottawa 67's owner and Ottawa Sports and Entertainment Group partner: Jeff Hunt)
「我々の"チームに名前をつけよう"キャンペーンでは、"オタワ・ラッシュ"は何度も提案されています。新しい名前を考える時に気をつけなければならないことの一つは、新しい名前はウェブのドメイン名のようになってきており、その名前が商標として登録されていないかを確認することなのです。ですから、新しい名前を単純に見つけるということだけではなく、登録して商標とすることができる名前を見つけることなのです。」(オタワ67ズのオーナー兼オタワ・スポーツ娯楽グループ パートナー: ジェフ・ハント)


* オタワ67ズ: ジュニア・アイスホッケー・チーム


(写真: "オタワ・ラッシュ?"の本拠地となる予定のフランク・クレア・スタジアム)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 23:19| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

時間と労力とお金の果てしない無駄 ... NHL

BillDaly_and_GaryBettman@01.JPGロックアウトは全く動きません。

今シーズンはほんとに行われないのでしょうか。





(写真: ビル・ダリーとギャリー・ベットマン)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
ラベル:NHL ロックアウト
posted by Bluejay at 23:50| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日はクリストファー・プラマーの誕生日です・・・83歳おめでとう!

ChristopherPlummer@01.JPG今日はクリストファー・プラマーの誕生日です。83歳になりました。

クリストファー・プラマーはトロント生まれのカナダ人俳優です。

83歳の誕生日記念に『The Girl with the Dragon Tattoo (ドラゴンタトゥーの女)』(2011)を見ました。

この映画が世に出た時は、プラマーは82歳です。実際のロケは2010頃かもしれませんから、81歳か82歳の時の演技です。素晴らしいですね!いつもの?プラマーそのままです。

 

この映画では、プラマーは物語の出発点でもありガイド役でもあります。

 

ストーリーは・・・、

あるジャーナリスト(俳優ダニエル・クレイグ)が裕福な老人(俳優クリストファー・プラマー)に家族史を書いてくれと頼まれます。しかしプラマーが本当に意図するところは40年前に失踪した姪を調べさせることでした。ダニエル・クレイグは島に住む家族の関係を解きほぐし過去に起こった殺人事件が関係しているのではないかと疑いを持ちますが、調査が行き詰ってしまいます。そこで、助手を使うことにするのですがそれがドラゴンの入れ墨を入れたピアスだらけのパンク・ハッカーの女(俳優ルーニー・マーラ)です。ルーニー・マーラは自身でも問題を持っているのですが、調査能力は信じられないくらい優れています。そして、事件の核心に近づいたと思った時に・・・。そして、依頼主の姪はどうなったのか・・・?

 

クリストファー・プラマーは存在だけで映画にそれなりの雰囲気を漂わせてくれます。髭を生やしていたようなので少し違和感がありましたが(人の顔の認識能力が劣るので別人かと思いました)、映画を引き締めてくれたように思います。

 

この映画に出ている主要な役どころのカナダ人俳優は、クリストファー・プラマーだけです。

 

個人的には、この映画は久々の大ヒットでした。時間を忘れてぐいぐいひきつけられます。

キャストの中ではルーニー・マーラ演じるハッカー(リスベス・サランダー)にひきつけられました。この映画の主役の一人ですが、不思議な魅力を持ったキャラクターです(初めは見た目で引きましたが・・・笑)。感情移入してしまったので、エンディングは寂しいです。

 

英語教材としては、良い教材になると思います。英語も標準的で会話も多く会話の内容も多岐にわたっているのでOKです。

ただし、暴力シーンやどぎつい性シーンがあるので見る人を選ぶ映画かもしれません。

ストーリーには引き込まれますが、会話についていかなければ理解できないタイプの映画なのでこの手のミステリー物は向いているのかもしれません。

 






(写真: クリストファー・プラマー)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 23:09| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

理解できない事柄

WildAnimalConservation@01.JPG英語メルマガ「Voice in Canada」の紹介です。

--------------------------------

カナダ・オンタリオ州政府は、持続可能な輸送手段の促進と気候変動を阻止するための取り組みとして、電気自動車(EV)用充電器を設置する家庭や企業に対する補助金制度を発表したそうです。一定の条件を満たした住宅所有者と企業に対し、EV用充電器の購入と設置にかかった費用の総額の50%、最大1,000カナダドルを払い戻します。
EV所有者の大半は夜間に家庭で充電し、電力消費量の少ないオフピーク時に料金が安くなる時間帯別料金制度を活用しているそうです。
関連組織の社長は「今回の州政府のプログラムに大きな期待を寄せている。EVドライバーの約80%が家庭で充電するようになることは実証済みだ。夜間に充電すると、ドライバーは、時間帯別料金制度の利点を活かせるとともに、環境負荷の低い余剰電力を地産地消できる。家庭でのEV用充電器設置に対する補助金により、障害となっていたコストの問題が一部解消され、EVがもたらす環境と経済のメリットが最大化されるだろう」と述べています。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. あるがままに語ろう
2. Words & Phrases Today!
3. Today's Grammar?
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆あるがままに語ろう☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

There so many things in this world that I don’t understand, so many unanswered questions. I guess if I was to write down all of the things that puzzled me, I could make a book of them alone. So instead of doing that, I’m going to ask a few questions that seem kind of strange to me when you think about them all together. Fair enough?  For starters, how come we’re allowed to cut down trees and sell them?  Oh, the reasons for doing so are simple enough. We need the lumber for construction and paper, not to mention firewood. Seems simple enough. Or is it?
世の中には私が理解できないことがたくさんある。沢山の答えられていない疑問がある。私を困惑させることを全て書いて記録しなければならないとしたら、それだけで本ができそうだ。だからそうする代わりに、あなた方が全員一緒に考えてくれる時に、私には奇妙に感じる事柄のように見える質問をいくつかしてみる。それでいいかな?手始めに、なぜ我々は木を切り倒して売ることができるのだろう。ああ、そうする理由は実に単純なことだ。我々は薪は言うに及ばず建設や紙のために木材が必要なのだ。実に単純に見える。本当にそうみえるだろうか?


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

write XXX down = XXXを記録する、XXXを書いて記録する。
puzzle = 当惑させる、困らせる、悩ます。
instead of XXX = XXXの代わりに、XXXよりも。
all together = 全て同時に、一緒に。
fair enough = 分かった、理解した、申し分ない、結構な。
for starters = 手始めに。
how come = なぜ。
lumber = 材木、板材。
not to mention XXX = そしてXXXも。
firewood = 薪、焚き木。


☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------------
There so many things in this world that I don’t understand, so many unanswered questions.
----------------------------------------------------------------
are が抜けていますね。
There are so many things in this world that I don’t understand, so many unanswered questions.
であるべきです。
so many unanswered questions の前のthere are は省略されています。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

少しは役に立つ内容でしたか?

森の木を切って売るのは合法だけれども、森の動物をつかまえて売るのは違法なのはなぜか?
森の動物をつかまえて売るのは違法だけれども、海の魚を捕まえて売るのは合法なのはなぜか?
どんな動物も現在の状況を維持できる環境にすれば捕まえて売っても問題はないのでは?
日本は動物の中で一番賢いクジラを捕っているのであれば、なぜ他の動物はだめなのだろう?

(写真: 野生動物保護官)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
ラベル:野生動物保護
posted by Bluejay at 11:03| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

労使交渉・・・希望は残るが話し合い再開の糸口なし ... NHL

GaryBettman@12.JPGNHL のロックアウトは相変わらず解決しませんが、リーグのコミッショナーベットマンは12月30日までの試合をすべてキャンセルしました。
ベットマンが48試合未満のシーズンは開かないと明言しているので、2012-2013年シーズンがなくなるか1994-1995年シーズンのように短くてもシーズンはあるのか最終的な結論を下す時が迫っています。

"When it gets to the point where we can't play a season with integrity, with a representative schedule, then we'll be done. ... If you go back in history, in '94-95 I think we played 48 games. I can't imagine wanting to play fewer than that." (Bettman)
「完全なシーズンをそれ相応のスケジュールで行えないことになった時、我々は終わりだ。・・・過去をさかのぼってみれば、1994-1995年に48試合を行ったと思う。それ以下の試合数でもいいなんて想像もできないね。」(ベットマン)

2012-2013年シーズンは50%近くの試合が既にキャンセルされています。
先週の木曜日、交渉会議の前にNHLPA 執行役員のドナルド・フェールは合意が間近だと観測を述べましたが、会議は決裂に終わっています。それでも、フェールはまだ組合とリーグの立場には非常に近いものがあると信じています。

"My comments from a couple of days ago stand on their own. ... I think we were very close." (Fehr)
「2~3日前の私のコメントはそのまま有効だ。・・・我々は非常に近いところにいたと思う。」(フェール)

ひとつわからないことは、チーム・オーナー達がフェールを毛嫌いしているように見えることです。
選手とオーナーだけの話し合いはかなり進んだようですが、締めの段階でフェールが参加することを示唆するとオーナーたちは冷淡な反応を示したようです。ですが、選手たちには話しをすすめることはできても決めることはできないようなのです。

"I can't envision a scenario, where without the help of mediation or our leadership, that we can close any deal. ... I don't see how we could do it." (Winnipeg Jets defenceman: Ron Hainsey)
「調停か我々のリーダーなしに合意を取り付けることができるなんてシナリオは思い浮かべることさえできないね。・・・どうすればそんなことができるかなんてわからないよ。」(ウィニペグ・ジェッツ: ロン・ヘインジー)

ひょっとして、フェール抜きの話し合いで選手たちを言いくるめようとしてたのでしょうか?

(写真: ベットマン)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

ラベル:NHL NHLPA
posted by Bluejay at 22:53| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chloe ... Julie Khaner

LauraDeCarteret_and_JulieKhaner.JPG『クロエ(Chloe)』(2009)を見ました。

久しぶりに過去5年以内の映画を見たことになります(笑)。
この映画を見ることに決めたのは、ずばりジュリー・カーナーを見るためです。
12月5日のジュリー・カーナー55歳の誕生日を祝うためです(笑)。

ところがこの映画ではジュリー・カーナーはほんの端役です。
主役(ジュリアンヌ・ムーア)が演じるキャサリンの友達役です。でてくる場面はほとんどありません。全編96分の間に合計2分も出ていないでしょうか。おかげでほとんど印象がありません。


この映画の監督は、アトム・エゴヤン(カナダ人監督)ですが、そのせいか、ストーリーが少し混み入った設定です。また、女優にここまでやらせるかというシーンもあり具体的な性描写もあるので、さすがエゴヤン、問題児、と感心しました(笑)。でも映像や役者一人ひとりの演技は良く洗練されています。役者も良いのでしょうが、監督の技量でもあるような気がします。

夫の浮気を疑ったある女医がコールガールを雇い、夫を試すという話です。ところが大どんでん返しが・・・。
良くとればエゴヤンが社会の隠された部分を切り出した映画と言えないこともないですが、生々しい表現などのために見る人により大きく評価が変わるでしょう。

英語教材としては、この映画が好きであれば、使えます。

ジュリー・カーナー以外のカナダ人俳優は:
  • R.H.トムソン オンタリオ州リッチモンド・ヒル
  • ティファニー・リンドール=ナイト オンタリオ州トロント出身
  • メイガン・ヘファーン アルバータ州エドモントン
  • キャスリン・クリートマ オンタリオ州トロント出身
が出ています。




(写真: ローラ・ドゥ・キャルトレーとジュリー・カーナー)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 17:52| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。