2013年03月31日

10万ドルの教師

Teachers@01.jpg英語メルマガ「Socienty in Canada」の紹介です。

-------------------------------------

カナダの裁判所が、インターネット上で知人2人を脅迫したとして、マニトバ州在住の少女(12)に交流サイトのフェイスブックの利用を1年間禁止するよう命じたそうです。少女は、異性をめぐり仲違いした知人2人(ともに13歳)の首を絞めたいとのメッセージをネット上に投稿しました。
脅迫の事実を認めた少女には、フェイスブックのアカウント削除に加え、保護観察1年と50時間の社会奉仕が言い渡されたとのことです。
少女の母親は検察側が提案したフェイスブック禁止令に賛成していたのですが、弁護士は、フェイスブックが若者の社会生活にとって「不可欠な」ものであるとして反対していたようです。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. News in Canada
2. カナダのニュース[解説]
3. Today's Words
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆News in Canada☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

An increasing number of Hamilton's high school teachers are making more than $100,000, according to this year's sunshine list.

The list, released annually, is an Ontario government disclosure of public-sector salaries. It provides the salary details for anyone on the provincial payroll earning $100,000 or more.

Thirty-four high school teachers in the public board and 54 in the Catholic board made six figures in 2012, according to the sunshine list released Thursday afternoon.

Many of the teachers are department heads, which means an additional $5,471 allowance for overseeing their departments, said Patrick Daly, chair of the Hamilton-Wentworth Catholic District School Board. This is in addition to the maximum $94,622-per-year salary for a teacher at the top of the grid.

- Hamilton -

(CBCから抜粋)


☆☆カナダのニュース[解説]☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

今年のサンシャイン・リストによると、10万ドル以上稼ぐハミルトンの高校教師がさらに多くなっている。

毎年発表されるサンシャイン・リストは、オンタリオ州政府の公共部門の給与の開示情報である。サンシャイン・リストは、10万ドルあるいはそれ以上を稼いでいる州給与支払者名簿に載っていれば誰でもその給与明細を示している。

木曜日の午後発表されたサンシャイン・リストによると、公立委員会の34人の高校教師とカトリック委員会の54人が6桁の数字を弾いている。

これらの教師の多くは部門長であるが、このことは自部門を監督するために5,471ドルの手当てが追加されることを意味すると、ハミルトン−ウェントワース カトリック地区教育委員会委員長パトリック・ダリーは言った。これは、サンシャイン・リストのトップに載っている教師の年間最大94,622ドルに加えてである。


☆☆Today's Words☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ボキャブラリーをふやそう!
release = 公表する、公開する。
disclosure = 公表、(企業内容の)開示、ディスクロージャー。
provide = 供給する、提供する。
provincial = 州の。
payroll = 給料支払い名簿。
board = 委員会、評議委員会。
allowance = 費用、手当て、支給額。
oversee = 監督する。
chair = 議長、委員長。
grid = 評価表、表。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今週はいかがでしたか?

10万ドルの中味は、他の教師のカリキュラムを管理し、校長をサポートし、課外授業を行い夏季講習や、成人向け継続教育を行う事への対価でなっているようです。
確かに高校の教師はかなり厳しい職業のようですが中には20万ドルを超す教師もいいるそうですからすごいですね。

(写真: 賃金凍結法案に反対する教師 - 2011年)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 09:50| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Society in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

きょうは、ケネス・ウェルシュの誕生日です・・・71歳おめでとう!

KennethWelsh@01.jpgケネス・ウェルシュは、1942年の今日生まれた、映画とテレビ・ドラマのカナダ人俳優です。
ケネス・ウェルシュは、カナダに功績があったカナダ人を称えるカナダ勲章を受章しています。
映画等のクレジットでは、ときおりケン・ウェルシュとされることがあるようです。

ウェルシュはこんな役柄でも知られています。
  • 『ツイン・ピークス(Twin Peaks)』のFBI捜査官ウィンダム・アール
  • 『アビエイター(Aviator)』のキャサリン・ヘプバーン(ケイト・ブランシェット)の父親

さて、そんなケネス・ウェルシュの誕生日記念に見た映画は、『こころみだれて(Heartburn)』(1986)です。
この映画は、ノーラ・エフロン(作家)とカール・バーンスタイン(記者)の実話に基づいているようですが、映画としてはもう一つのできあがりです。
ストーリーは、ニュー・ヨーク・マガジンのフード記事作家レイチェル・サムスタット(メリル・ストリープ)とコラムニスト マーク・フォーマン(ジャック・ニコルソン)が恋に陥り結婚するのですが、幸せな結婚を送っていると思っていたレイチェルがマークの浮気に気がつくという話です。他愛のない昼ドラのようなストーリーで映画にして大物俳優を投入する必要もありません。
正直言って、見ているのが時間の無駄のようで辛かったのですが、最後まで見てしまいました。俳優は皆それぞれうまいのですが、ストリープとニコルソンは、「夫婦とはこういうものだ!」という型にはまった「理想」の夫婦を一生懸命演じているようにしか見えず、役柄に同化しているような気はしませんでした。脚本のためでもあるのでしょう。
肝心のウェルシュは、レイチェルが2人目の子供を出産する時の産婦人科の先生役です。台詞も「Baby is fine.」とか何とかそんな一言だった様な気がします。

この映画/DVDの最大の欠点は、字幕が消せないことです。日本語であれ英語であれ常に字幕はON。しかも、ひどい時には(始めだけですが)字幕が画面の中央あたりの表示されるのです。「これはないよ。映画製作者が見たら怒るだろうな」とまで視聴者に思わせてしまいます。興行者/DVD製作者の常識が問われますね。

ということで、特に誰かのファンでない限り、見る価値がある映画とは思えません。






* これも演技なのか、ジャック・ニコルソンがクチャクチャと音を立てながらものを食べるのはみっとも良いものではないですね(笑)。別映画で要チェックです!!(笑)

(写真: ケネス・ウェルシュ / 『こころみだれて』とは別の映画)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 10:05| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

トロント・メイプル・リーフス、8年ぶりのプレイオフ・・・NHL第68日目

トロント・メイプル・リーフスが待望のプレイオフ ポジションを獲得しました。

(15-15-2)カロライナ・ハリケーンズ vs. トロント・メイプル・リーフス(19-12-4)
3(0-2-1) - 6(1-1-4)

トロント・メイプル・リーフスが待望のプレイオフ ポジションを獲得しました。
昨年まで7年連続プレイオフに残れなかったことが、今日で、「過去の思い出」になりました!

So what's the difference this year? Why the comeback to hand a Carolina team its fourth straight loss and put the Maple Leafs seven points clear of ninth place with 13 games remaining on the regular-season docket.
今年は何が違う?カロライナを4連敗させて、メイプル・リーフスがレギュラー・シーズンにあと13試合ある状態で9位に7ポイント差をつけることができたのは?

答えの一つは、チームが成熟してきた。
もう一つの答えは、監督がガミガミと多くの指示を出すのを控えた。

どっちでしょうか?

DionPhaneuf@05.JPG
【同点ゴールを決め吠えるキャプテン ディオン・ファネフ】


(18-15-2)ウィニペグ・ジェッツ vs. ピッツバーグ・ペンギンズ(27-8-0)
0(0-0-0) - 4(2-2-0)

TomasVokoun @01.jpg
【パックをキャッチしようとするトーマス・ボークーン】


(16-14-3)ニュー・ヨーク・レンジャーズ vs. オタワ・セネターズ(19-9-6)
0(0-0-0) - 3(0-1-2)

OttawaSenators@02.jpg
【シャットアウトを称えられるベン・ビショップ[右]】


(13-14-7)コロンバス・ブルー・ジャケッツ vs. エドモントン・オイラーズ(13-13-7)
4(2-1-1) - 6(1-2-3)

ColumbusBlueJackets_and_EdmontonOilers@01.jpg
【ホーン・ショーコフのシュートを阻止するセルゲイ・ボブロフスキー】


(11-18-4)コロラド・アバランチ vs. バンクーバー・カナックス(19-9-6)
1(0-0-1) - 4(1-0-3)

VancouverCanucks_andColoradoAvalanche@01.jpg
【パックを見極めるのに必死のコーリー・シュナイダー】


イースタン・コンフェレンス順位
  1. ピッツバーグ
  2. モントリオール NED:1
  3. ウィニペグ SED:1
  4. ボストン
  5. オタワ NED:3
  6. トロント NED:4
  7. ニュー・ジャージー
  8. ニュー・ヨーク・レンジャーズ
  9. ニュー・ヨーク・アイランダーズ
  10. カロライナ
  11. ワシントン
  12. バッファロー
  13. タンパ・ベイ
  14. フィラデルフィア
  15. フロリダ
NED: ノースイースト・ディビジョン
SED: サウスイースト・ディビジョン
ウェスタン・コンフェレンス順位
  1. シカゴ
  2. アナハイム
  3. バンクーバー NWD:1
  4. ミネソタ
  5. ロサンジェルス
  6. デトロイト
  7. セント・ルイス
  8. サン・ホセ
  9. ナッシュビル
  10. ダラス
  11. エドモントン NWD:3
  12. フェニックス
  13. コランバス
  14. カルガリー NWD:4
  15. コロラド
NWD: ノースウェスト・ディビジョン
☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 17:54| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WAR にみるメルキー・カブレラの可能性・・・トロント・ブルー・ジェイズ

MelkyCabrera@01.jpgトロント・ブルー・ジェイズのレフトは長年の悩みの種だったようですが、GMのアレックス・アンソポロスサンフランシスコ・ジャイアンツからメルキー・カブレラを引っぱりました。2年間800万ドルの契約です。

カブレラは2012年にテストステロンの検査で引っ掛かり、8月の半ばで給与なしの出場停止処分を受けています。
ジャイアンツは、プレイオフを制するまでカブレラの出場を禁止し、優勝後にフリー・エージェントとして出場停止者リストから外しています。

ジェイズにとってカブレラが安い買い物なのかどうかは、WAR(Wins Above Replacement)の変遷を見ればある程度予測がつくようです。
WARは、トリプルAの平均的な選手と比べての能力で、その選手の全ての能力を計算するようです。(例えば、野手の場合は、足、守備、バッティング)
WAR のレーティングは次のような意味を持っています。
1 : 能力が低い
2 : 可もなし不可もなし
3 : まずまず
4 : 良い
5 : オール・スター レベル
6 : MVPレベル

ジェイズのレフトは今まで3人のプレーヤーが大方守ってきたそうですが、3人のWARを合わせても、-0.1にしかならないという目も当てられない状況でした。

それに比べてカブレラのWARは:
Year    Age  Team  Games  WAR
2006    21    NYY    130         1.7
2007    22    NYY    150         0.5
2008    23    NYY    129         0.2
2009    24    NYY    154         1.6
2010    25    ATL     147        -1.1
2011    26    KCR    155         4.2
2012    27    SFG    113         4.6

So, reading along, he came up young, and he had a pretty good rookie season. That's generally a good sign for a player's career. The best players make it to the majors at an early age. If a player can be average at age 21, you are looking at someone who is likely to be very good. But, in Melky's case, he didn't really progress over the next three seasons. He was traded to the Braves and had just an awful season for them. After the season, he signed with the Royals and suddenly he became a very good player.
記録を眺めると、カブレラは若くして登場し、結構良いルーキー シーズンを経験しています。ルーキー シーズンが良いのは通常選手のキャリアには良い兆候です。最高の選手達が若くしてメジャー入りするのです。ある選手が21歳で平均的な選手であれば、その選手は非常に良い選手になる可能性が高いということです。けれども、メルキー・カブレラの場合は、次の3シーズンはあまり進歩していません。ブレーブスにトレードに出されてからは、ひどい成績を残しています。次のシーズンではロイヤルズのと契約を結び、とつぜん、非常に良い選手になっています。

もちろん、2011年からテストステロンを始めた疑いはありますが、MLB選手の最盛期(26-30歳)にいるカブレラはの好成績はテストステロンのおかげだけではないでしょう。それに今年は、過去2年間の好成績が薬のおかげではないことを示すために、特別に努力しているはずです。

あるMLB批評家の予測では、今年のカブレラは、WARが4、打率が3割、ホーム・ランが15-20本だそうです。

年間4億円では安い?高い?

予測通りにカブレラが活躍すればジェイズは良い買い物をした事になりそうですね。

(写真: メルキー・カブレラ - オープン戦では成績は良かった)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 16:58| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

男たちの戦場(Kokoda)

LukeFord@02.jpgやっと、この先日『男たちの戦場(Kokoda)』(2006)を見ました。戦争映画です。

全く知らなかったのですが、どうも第2次世界大戦時に、ニュー・ギニアのジャングルで、日本軍とオーストラリア軍の死闘があったようですが、その実話に基づく映画のようです。
オーストラリアの映画なので、当然オーストラリア人の視点で描かれ、主人公達はオーストラリア人です。

話しは始めから終りまで全て密林の中での事柄です。
オーストラリア側は500人の部隊で、日本側は6,000人いたようです。
8人ほどのグループで偵察に出た男たちの体験を描いています。

映画製作者としては壮絶な戦いという位置づけのようですが、日本人として戦争映画やドラマを見てきた経験では、壮絶にはほど遠い「壮絶さ」です。また銃器がかなり近代的でマシンガン的なものも装備していたのは、日本人としては少し驚きました。
ですが、程度の差こそあれ戦争はどんな戦争でも悲惨でばかばかしい行いです。その中での、兵隊の体験を優れたカメラタッチで(個人的にはそう思った)描いていると思います。俳優もそれなりの演技で良くできた映画と思いました。

ただ、字幕なしで見たのですが、オーストラリア英語はわかりにくいですね。
したがって、英語教材としても、オーストラリア英語を学びたいと思うのでなければ、NGです。

この映画にはル−ク・フォードが出ていますが、カナダのブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーで生まれながら、完全なオージー俳優です。

『男たちの戦場』は、是非見るべき映画だというふうにはお勧めできませんが、オーストラリア映画をたまに見るのもよし、オージーの世界大戦に対する視点を知りたいと思う向きにもよし、ジャングルの戦闘シーンの撮影の優れたカメラタッチを見るのであれば、見ておいて損がない作品だと思います。




(写真: ル−ク・フォード / 'Kokoda')

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

posted by Bluejay at 17:04| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

裸のランチ

NicholasCampbell@02.jpg『裸のランチ(Naked Lunch)』(1991)を見ました。ニコラス・キャンベルを見るためです。

ところが映画が始まってすぐにデビッド・クローネンバーグ監督の名前が目に飛び込んできました。
とすると、ホラーものか・・・。ストーリーが始まるとともに怪しげな雰囲気が・・・。
いやー、こんな映画見たことないですね。
何をいいたいのかさっぱり分からず、気色の悪いシーンの連続。
なんとなく、文明の利器に振りまわされる人間と、生身の人間だけの力で生きていくことの尊さの違いを示しているのではないかと思われましたが・・・。こんな説明では満足できないでしょうから、一度は見るべきかも。でも気色の悪いものを見る勇気のない人は避けてください(笑)

ストーリーは、害虫駆除業者ビル(ピーター・ウェラー)の話です。ビルは、薬物にのめり込み奥さんを誤って射殺し、インターゾーンに逃げ込むことで奇妙な世界が展開していきます。
ニコラス・キャンベルは、ビルの友人ハンクを演じています。あくまでもビルが主役なので、キャンベルの出番はそう多くはありません。

映画は、さすがクローネンバーグ、しっかり作られています。・・・が、あまりにも気持ち悪い。しかも難解です。脚本もクローネンバーグのようなので、あの映画の良さ?と気持ち悪さはクローネンバーグの才能でしょう(笑)。さすがカナダ勲章を受勲しているだけある!(意味不明)

英語は標準的。全く問題はないのですが、映画の内容が気持ち悪過ぎ+奇天烈すぎで、ヒアリングの訓練どころではありません(笑)。

そういえば、ビルの顔にはなんだか見覚えがありましたが、ロボコップじゃないですか?






(写真: ニコラス・キャンベル)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 21:59| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イースターのかご

Easter@01.jpg英語メルマガ「Voice in Canada」の紹介です。

--------------------------------------------

カナダ出身の俳優ジム・キャリーが、銃規制に反対の立場を取っていた故チャールトン・ヘストンや規制反対派を風刺するビデオをインターネット上に掲載したそうです。
コメディー専門のウェブサイト「ファニー・オア・ダイ」に掲載されたビデオの中で、キャリーは1998‐2003年に全米ライフル協会の会長を務めたヘストンなどに扮し、ヘストンと銃社会を皮肉っています。
同ビデオでは、銃弾に倒れたリンカーン元米大統領や元ビートルズのジョン・レノン、インド独立の父であるマハトマ・ガンジーらに扮した米オルタナティブロック・バンド「イールズ」と一緒に、「Cold Dead Hand」と題した曲を披露。このタイトルは、当時の全米ライフル協会のスローガン「私が死んで冷たくなった手から(from cold, dead hands)銃が奪われるまで銃を放棄しない」に由来します。ビデオは、ヘストンに扮するキャリーが手にしていた銃で自分の足を誤って撃って終わります。
キャリーはこれまでもツイッターなどで繰り返し銃規制に関する自身の考えを述べてきたが、今回のビデオ発表にあたり、声明で「銃問題には不満を募らせている。このビデオはそれをちょっと楽しく表現したものだ」と述べているそうです。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. 木霊する笑い声
2. Words & Phrases Today!
3. Today's Grammar?
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆木霊する笑い声☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

I had so much fun this weekend turning some recycled tomato cans into Easter baskets for my pretty chillens. I love creating and it's always amazing to me how scrapbook paper and ric rac ribbon can dress almost anything up! My kids are now a teen and a tween,  and other than a special family dinner, we don't celebrate Easter in a big commercial way. In fact, giving each child a little basket with a few treats inside is just fine for them, so this year I have decided to downsize the baskets and replace them with something smaller. Just so happens my husband made pasta sauce yesterday and as I was rinsing the tomato cans out for the recycling bin, I began to think how the tomato cans were the perfect size for a few treats.
この週末は、私の「かあいい」子供たちにリサイクルしたトマト缶をイースターのバスケットへと変えることで大変楽しい思いをした。私は何かを作るのが好きで、スクラップブックの紙とリクラクリボンがどんなものでも凝ったものに見せることができるのはいつも驚きだ!私の子供は今はティーンと10前後なので、家族での特別な食事以外は、イースターを大々的な世間で売り出しているような仕方では祝わない。実際、彼らには中にちょっとしたプレゼントが入った小さなかごを渡すだけで十分なのだ。だから今年は、かごを小さくし何かもっと小さなもので置き換えることに決めた。ちょうど昨日夫がパスタソースを作ったので、私がそのトマト缶をリサイクルごみ容器に入れようと洗っていた時、そのトマト缶がちょっとしたプレゼントに完璧な大きさだと考え始めた。


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

turn XXX into YYY = XXXをYYYに変える。
ric rac ribbon = リクラクリボン(布地や服を細くて平たいジグザグの飾り)。
dress XXX up = XXXを実際より凝ったように見せる。
amazing = 驚くべき、すごい。
tween = 思春期前の8歳~12歳の子供。
treat = 満足を与えるもの。
downsize = 小型化する。
replace XXX with YYY = XXXをYYYで置き換える。
rinse XXX out = XXXの中を水を注いだりしてきれいにする。
bin = 蓋つきの箱、容器、くず箱。


☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------------
chillens
----------------------------------------------------------------
children を幼児語風に言ったのでしょう。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

少しは役に立つ内容でしたか?

トマト缶で作ったバスケットは信じられないくらい出来の良いものでした。
手先の器用な人がうらやましくなります。
中には、バニーのチョコレート、ガム、靴下が入っているそうです。

(写真: イースターの卵 / 本文とは無関係)

☆英語メルマガ☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 10:43| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きょうは、ネイサン・フィリオンの誕生日です・・・42歳おめでとう!

NathanFillion@01.jpgきょうは、ネイサン・フィリオンの誕生日です。

ネイサン・フィリオンは、1971年3月27日にアルバータ州エドモントンで生まれたカナダ人俳優です。今日で、42歳になりました。
ネイサン・フィリオンのフルネームは、ネイサン・クリストファー・フィりオンです。

身長: 1m87cm(結構高いです!)


ネイサン・フィリオンの略歴
  • カナダで生まれたネイサン・フィリオンは、以前にもTVドラマ『ワン・ライフ・トゥ・リブ(One Life to Live)』(1968)や『ふたりの男とひとりの女(Two Guys, a Girl and a Pizza Place)』(1998)にレギュラーとして出演していましたが、ジョス・ウィ―ドンのテレビ・シリーズ『ファイヤーフライ 宇宙大戦争(Firefly)』(2002)でマルコム・レイノルズ船長を演じてから高い評価を受けファンの狂熱を享受しています。フィりオンは『タイムトラベラーきのうから来た恋人(Blast from the Past)』(1999)や『プライベート・ライアン(Saving Private Ryan)』(1998)にもちょっとした役で出演しています。
  • ウィ―ドンは、フィりオンを『バッフィ/ザ・バンパイア・キラー(Buffy the Vampier Slayer)』(1997)の最終シーズンである第7シーズンで、悪党である異常な牧師カレブに配役し、フィりオンが演技の幅を見せるチャンスを与えています。
  • 『ファイヤーフライ 宇宙大戦争(Firefly)』(2002)が2002年末に早すぎるタイミングで中止となった時、俳優やクルーや多くのファンが打ちのめされました。ウィ―ドンは何とかしてシリーズを再開させると誓い、フィりオンは長編映画『セレニティー(Serenity)』(2005)で、再度、レイノルズ船長を演じています。この映画の後フィりオンは、もっと大きなスクリーン役として、ホラー・コメディーの『スリザー(Slither)』(2006)、独立プロダクションのヒット映画『ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた(Waitress)』(2007)で主役を演じています。また、テレビにも出演し続け、短命に終わったFOXテレビ・シリーズ『ドライブ(Drive)』(2007)やABCの『デスパレートな妻たち(Desparate Housewives)』(2005)にも出演しています。
  • フィリオンは、ウィ―ドンのインターネット配信ミュージカル ヒット作『Dr. Horrible's Sing-Along Blog』(2008)で、ハマー船長として、初めて歌う役を演じました(熱狂的ファンへの受けも確かなものにしています)。

★★★
そんな、ネイサン・フィリオンの誕生日記念に見た映画は、『スーパー!(Super)』(2010)です。
いや、これはハチャメチャなコメディー映画ですね。でもなんとなくひきつけられる所が面白い。いい加減な作りのように見えるのですが、製作者のポリシーを感じてしまいます。
ストーリーは冴えない中年男フランク(レイン・ウィルソン)が麻薬ディーラー ジャック(ケビン・ベーコン)のもとに駆け落ち麻薬漬けにされた妻サラ(リブ・タイラー)を助けに行くという設定から展開していきます。フランクはテレビで見たホーリー・アベンジャー(聖なる仕置き人?!笑: ネイサン・フィリオン)を見た後に神の啓示を受け「正義の味方」として毎日のように活躍します。成り行きで漫画ショップのリビー(エレン・ペイジ)とサラを助けに行きますが・・・。
* 聖なる仕置き人ネイサン・フィリオンは、TV番組のキャラクターであり「出番」も少なく、マスクをつけているので顔の表情などはあまり分かりません。

残酷なシーンあり、(フランクがいうように)「不適切な」シーンあり、漫画も使えば、おふざけなエピソードがちりばめられていますが、良く考えれば現実にはありそうにはないけれども誰もが夢想するかもしれないことが現実に起こったらどうなるかを「現実的」に撮影しています。
この映画で初めてエレン・ペイジを知りましたが、一目で好きになりました。味がある俳優です。ちなみに、エレンもカナダ人俳優です。




 

ネイサン・フィリオンのトレードマーク

  • 自ら意識しているかどうかはわかりませんが、普通ではないが、非常に人に好かれるキャラクターを演じることで知られています。
  
ネイサン・フィリオンのトリビア
  • 高校の演劇の先生になるのが夢でした。大学では、芸術を専攻し演劇は副専攻でしたが、サイドビジネスとして俳優の道に進みました。
  • もともと、ジョス・ウィ―ドンの最初のTVシリーズ『バッフィ/ザ・バンパイア・キラー(Buffy the Vampier Slayer)』(1997)のエンジェル役のオーディションを受けていますが、ジョス・ウィ―ドンに初めて会ったのは、『ファイヤーフライ 宇宙大戦争(Firefly)』(2002)のマル(マルコム船長)のオーディションを受けた時でした。
  • フィリオンが、『ファイヤーフライ 宇宙大戦争(Firefly)』(2002)のマルコム・レイノルズ船長の演技で、2006年に、サイエンス・フィクションのサイファイ・ジャンル・アウォーズの最優秀俳優賞を受賞したのは、『ファイヤーフライ 宇宙大戦争(Firefly)』が終わってから3年近く経過していました。
  • 両親はクッキー・フィリオンとボブ・フィリオンで、2人とも引退した教師です。
  • ネイサン・フィリオンには、兄のジェフ・フィリオンがいます。
  • アルバータ州コンコルディア大学カレッジとアルバータ大学に通っていました。
  • ジャスティス・リーグ(Justice League)』(2001)にスーパー・ヒーローの声の出演をしている『ファイヤーフライ 宇宙大戦争(Firefly)』(2002)出演の4人の俳優の1人です。ネイサン・フィリオンは「ビジランテ」、アダム・ボールドウィンはシルバー・エイジ グリーン・ランタンの2代目「ハル・ジョーダン」、ジーナ・トーレスはアフリカン・アメリカン女性スーパーヒーロー「ビクセン」、モリーナ・バッカリンは高い格闘技術と超音波のスーパーヒロイン「ブラック・キャナリー」の声を担当しています。
  • 自分は、南北戦争での南軍アメリカ連合国の中将ジュバル・アーリーの子孫であると主張しています。(本当のところはわかりません)この話を聞いたジョス・ウィ―ドンは、『ファイヤーフライ 宇宙大戦争(Firefly)』(2002)のエピソード「宇宙の物体(Objects in Space)」に「ジュバル・アーリー」という名前の賞金稼ぎを作りだしました。
  • ドーン・オブ・ザ・デッド(Dawn of the Dead)』(2004)のマイケルの役のオーディションを受けています。
  • 『ファイヤーフライ 宇宙大戦争(Firefly)』(2002)での時間が、TVシリーズで得ることができた最も楽しい時間だと考えています。
  • ファンの人気投票では実写版『グリーン・ランタン(Green Lantern)』(2011)の英雄パイロット ハル・ジョーダンを演じる俳優として選ばれましたが、その役は同じくカナダ人俳優ライアン・レイノルズのものとなりました。その代り、アニメ版の『Green Lantern: Emerald Knights』(2011)のジョーダンの声優として、『Green Lantern: First Night』(2009)の声優であったクリストファー・メローニがスケジュールの調整がつかないために引き受けられなかった代役として演じています。
  • ネイサンはかた耳が聞こえません。1973年にかた耳の聴力を失いました。

ネイサン・フィリオン語録
  • 私は、いつもTVに出ることを夢みていました。そしてTVに出ました。それから、映画の世界に入ることを夢みていました。宇宙船の船長になる以上に良いことがあるだろうか?馬に乗り、銃を撃ち、冒険をしなければならず・・・
  • 好きな悪党は、そんなのはいないだろうと思うような悪党です。カレブの役を演じたのが楽しかったのは、カレブがものすごく頭が良くて、ものすごく気持ちの良い奴で、それでいてものすごく心がねじ曲がっているからです。カレブが典型的な悪党の型にはまっていない所が好きです。カレブは、人当たりが良く、気持ちが良く、高潔で、それでいて、頭の中が異常でゆがんでいるのです。
  • 『ファイヤーフライ 宇宙大戦争(Firefly)』(2002)の中止に関して: 「足の下の敷物を引きはがされこともあるから、今していることと恋に陥るな。」という基本的なルールを破ってしまった。自分の敷物は引きはがされ、悲嘆にくれることとなった。
  • 『ファイヤーフライ 宇宙大戦争(Firefly)』(2002)をファンが救おうとしたことに関して: あれは、かなりエホバの証人的だった。誰かが実際に戸別訪問したのかどうかは知らないが、それに近い実態だった。
  • ジョス・ウィ―ドンとの関係について訊かれて: こう言おう。今まで誰もジョス・ウィ―ドンが示してくれたみたいに俺に同じような信頼を置いてくれたことはなかった。ジョス・ウィ―ドンはサイエンス・フィクション『ファイヤーフライ 宇宙大戦争(Firefly)』(2002)の主役と俺が生まれて初めて悪党を演じることのどちらもさせてくれるくらい信頼してくれたんだ。誰も今まで俺に悪党を演じさせてくれなかったんだ。だから、ジョス・ウィ―ドンは俺の経歴と、間違いなく、俺全般への自信に素晴らしいことをしてくれたと思うと言っておこう。
  • 『セレニティー(Serenity)』(2005)について: 自分のTVシリーズが中止になったことで、ちょっと御機嫌を直してくれるものには、長編映画より良いものはないよ。
  • 悪党を演じることの何が好きかについて訊かれて: 邪悪でいられること。実社会では邪悪なことをしたいと思ってもすることはできない。邪悪なことをするのは法律違反だし、社会が邪悪であることにつて言うべきことを全部言ってくるから、邪悪なことは当然できない。毎日悪でいたい。やったままではすまされない邪悪な悪事をしたいとする。そこで、俺は悪になれ、ものすごく強い。夢の世界だよ。
  • カレブを独特で恐ろしいものにするものは何だと聞かれて: カレブのアクセントだ。南部の人間を絶対に信じるな。いや、冗談なんかじゃない。カレブが気持ちの良い奴だということとカレブの魅力を信じたいとする。だが、カレブは公正で邪悪な狂人なんだ。公正なものを恐れよ。
  • 『セレニティー(Serenity)』(2005)のあと『ファイヤーフライ 宇宙大戦争(Firefly)』(2002)TVシリーズに戻りたいかと聞かれて: そう願いたいね。パパには支払いの請求書があるんだ!
  • 『ファイヤーフライ 宇宙大戦争(Firefly)』(2002)につい: あれは俺の大好きな仕事だった。あれのどこがすごくない?俺は低くぶら下げたホルスターをつけないとだめだったんだ。馬にも乗らないとだめだ。宇宙船も必要だ。俺は陰険でつむじ曲がりな演技をしなければならなかった。製作者のジョス・ウィ―ドンは、登場人物を気違いじみたものにするのが本当にうまいから他の登場人物も俺のおかげで笑いを取ることができるんだ。それも素晴らしいことだったけどね。・・・もし、カリフォルニアの宝くじで3億ドル手に入れたら、始めにすることは『ファイヤーフライ 宇宙大戦争(Firefly)』の権利を買って、自分のものにして、インターネットで配信するよ。・・・我々は世界が今まで見たことがないような巧みなストーリー社会なんだ。ジョスが良くするのは、ストーリーの決まりごとをねじ曲げて現実のものとすることだ。ストーリーはこういくけれども、現実はこんなふうだとね。それがジョスが自分のものにしている技術なのさ。
  • 『ワン・ライフ・トゥ・リブ(One Life to Live)』(1968)のジョウイー・ブキャナンを描写する技術を話している時に、『Dr. Horrible's Sing-Along Blog』(2008)のDVDの解説につい: 自分で問うてみなければならない唯一の問いは「どれだけ良く自分はジョウイー・ブキャナンでいられたか?」ということだ。自分の「ブキャナンらしさ」こそが、自分を爬虫類や庭のテーブル・セットと違わせるものなのだ。

ネイサン・フィリオンの報酬
  • TVシリーズ『Castle』(2009): 10万ドル/1エピソード
 
(写真: ネイサン・フィリオン)

 

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

posted by Bluejay at 00:00| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

きょうは、ル−ク・フォードの誕生日です・・・32歳おめでとう!

LukeFord@01.jpgルーク・フォードは、1981年にカナダのブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーで生まれたカナダ人俳優です。
といっても、育ったのはオーストラリアのシドニーなそうですから、オーストラリア人でもあるかもしれません。
でも、カナダはアメリカと同じで、国内で生まれた赤ん坊はその時点でカナダ国籍を取得します。

ル−ク・フォードは、2002年にオーストラリアのシドニーにあるザ・アクターズ・パルス演劇学校を卒業してますが、「最優秀生徒賞?(Student of the Year)」を受賞しているそうです。優秀な生徒だったのでしょうね。
卒業後は、当演劇学校で教鞭をとりながら、テレビの仕事を続けています。

ル−ク・フォードを始めてみたのは、『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝(The Mummy: Tomb of the Dragon Emperor)』でしたが、ブレンダン・フレイザーと同じで、実にカナダ人らしくないカナダ人です(笑)。

今度見る映画は『男たちの戦場(Kokoda)』(2006)ですが、また、見たら報告しま~す。

 

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club


posted by Bluejay at 11:40| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

マーティンの夜だった - The night belonged to Martin. (NBA)

KenyonMartin@01.jpg3月23日マディソン・スクエア・ガーデンで行われた、トロント・ラプターズニュー・ヨーク・ニックスの試合は、84-110 と、ニックスが圧倒的な勝利を収めました。

この試合の鍵は40歳のポイント・ガード ジェイソン・キッド、2m3cmのショート・フォワード カーメロ・アンソニー、そしてパワー・フォワード ケニオン・マーティンにあったようです。(2m3cmのショート・フォワードはすごい!)
マーティンは2m6cm、スラムダンクをBang! Bang!と決めたようですね。

敗軍の将ラプターズ ヘッドコーチ ドェイン・ケイシーは語る
"Couldn't get Carmelo under control. They're one of the most lethal 3-point shooting teams. They were getting their rhythm back, so that caused a problem. I thought the fight was there."
「カーメロを抑えられなかった。彼ら(ニックス)は、最も危険な3ポイントシュートのチームだ。彼らが自分たちのリズムを取り戻しているのが、問題だった。戦いはそこにあると思っていた。」

  • get under control : 抑制する、管理できる状態にする。
  • lethal : 致命的な、致死の。


頭脳派ジェイソン・キッド談
"My job is to find the open guys and when I have the opportunity to take a wide-open 3, take it. ... But the game was pretty much under control, so there was no need to look to score, but just to play defense and make sure nobody got hurt."
「俺の仕事はフリーの選手を見つけて、完全フリーの3ポイントシュートをうてるチャンスがある時は打つことだ。・・・だが、試合はかなりコントロールできていたので、得点をあげることを考える必要はなかった。ただ、ディフェンスをして誰も怪我をしないように気をつけないといけなかっただけだよ。」

  • open フリー
  • wide-open 完全フリー

"wide-open 3"は、"wide-open"(完全フリー)の3点シュート者(3 point shooter)ということですね。

+++
We got the game under control last night.
We have a lethal power forward and she always made her open and sometimes took wode-open 3s.
The night really belonge to her!
+++
なんて使えそうですね!d(*^v^*)bヤッタネェ♪

ちなみに、ニックスはプレイオフ決定。ラプターズは残り10試合ほどで何とか8位に入らなければなりません(現在10位)。

(写真: スラムダンクを決めるケニオン・マーティン)

☆英語メルマガ☆ @ World Communities Club



posted by Bluejay at 11:19| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

学校の増築

EmpirePublicSchool@01.jpg
英語メルマガ「Society in Canada」の紹介です。

------------------------------------------

アルバーター州のクイーン・エリザベス2世ハイウェイで100台以上の車の衝突事故があったようです。けが人は100人、打ち1人が重傷、事故現場は15kmに及んだそうです。
積雪が直接の原因ですが、警察がハイウェイを適切に閉鎖しなかったことが事故を大きくしてしまったのではないかと言われています。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. News in Canada
2. カナダのニュース[解説]
3. Today's Words
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆News in Canada☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

After almost a week of controversy over the proposed removal of about a dozen mature trees on the grounds of Empire Public School, the chair of the Waterloo District School Board says there might be hope for some of them.

The trees are slated to be cut down in order to make room for a $4-million addition to the school, which includes an expanded gymnasium, additional classrooms and an expanded parking lot on the school grounds.

But at an information session at Empire Public School on Thursday night, Waterloo District School Board Chair Ted Martin said there's still room for compromise and that the only final decision is that the expansion at the school will go ahead.

- Kitchener-Waterloo -

(CBCから抜粋)


☆☆カナダのニュース[解説]☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

エンパイア公立学校の校庭に生えている10数本ほどの成木除去の提案にほとんど1週間議論した後、ウォータールー地区教育委員会委員長は何本かの木には望みがあるかもしれないという。

校庭の木は、拡張した体育館や教室の追加、駐車場の拡大など400万ドルの増築のスペースを校庭に作るために切り倒される予定である。

しかし、木曜日の夜のエンパイア公立学校での説明会では、ウォータールー地区教育委員会委員長テッド・マーティンが歩み寄りの余地はまだあり、唯一の最終決定は、学校の増築が行われるという事だけであると言った。


☆☆Today's Words☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ボキャブラリーをふやそう!
controversy = 論争、議論。
removal = 除去、取り片づけ。
mature = 成長しきった。
slate to XXX = XXXする予定である、計画する。
expand = 拡大する。
gymnasium = 体育館。
parking lot = 駐車場。
session = 会合、会議。
compromise = 妥協、歩み寄り。
go ahead = 前に進む、始める。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今週はいかがでしたか?

木の切り倒しに反対しているのは近隣の住民で、理由は自分たちの土地の資産価値が変わるからという事です。
この増築の案件は既に政治問題化し、教育委員会や市の担当者だけでは対処できないところに来ているそうです。

(写真: 問題の学校の校庭)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
タグ:学校
posted by Bluejay at 11:03| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Society in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きょうは、ニコラス・キャンベルの誕生日です・・・61歳おめでとう!

NicholasCampbell@01.jpgきょうは、ニコラス・キャンベルの誕生日です。

ニコラス・キャンベルはオンタリオ州トロントで生まれたカナダ人俳優兼映画製作者で今日で61歳になります。
俳優としては、クレジットで「ニック・キャンベル」と表示されることがときおりあるようです。(海外のニックネームの扱いは日本とは違いますね。)

ニコラス・キャンベル(ニック・キャンベル)は、カナダの映画・TV関連賞のジェミニ賞を3度受賞しています。
受賞作品は、
  • 『裸のランチ(Naked Lunch)』
  • 『「うつ依存症」の女(Prozac Nation)』
  • 『Da Vinci's Inquest』(TVシリーズ)

です。

今回は『裸のランチ(Naked Lunch)』(1991)を見ることにしてますが、DVDがまだ届いていないので、届き次第ご報告します。

(写真: ニコラス・キャンベル)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 00:00| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

きょうは、ミクロズ・パラスの誕生日です・・・36歳おめでとう!『アボンリーへの道』

MiklosPerlus@01.jpgきょうは、ミクロズ・パラスの誕生日です。

パラスは、1977年3月23日にオンタリオ州トロントで生まれたカナダ人俳優です。ニックネームを、「ニック」といいます。
今まで、そのニックを見たことがあるのはおそらく『アボンリーへの道(Road to Avonlea)』のキング家(ヘティー側)の雇用人クレイグとしてだけですが、今回も『アボンリーへの道(Road to Avonlea)』シーズン2エピソード13「Misfits and Miracles」を見ることにしました。

このお話は、教育委員会が体育の授業をレギュラー・カリキュラムに取り入れなければならないことになるという所から始まります。成り行きで、材木店を営むギルス(ジョン・フリーゼン)の率いるチームアボンリー・アベンジャーズとアレック率いるミスフィッツ(ギルスが不適格とする女性や子供からなるチーム)が、キング家の名誉とアボンリーの森林の保全をかけて戦うことになります・・・。
そこで、肝心のミクロズ・パラス(クレイグ)はというと、・・・すみません、他の俳優にまぎれて(というよりはストーリーに夢中になりすぎて)わかりませんでした(笑)。でも、クレジットには名前が出ているので出演していることには間違いありません。もっと活躍しているエピソードがあるのでそちらを紹介すれば良かったですね。
でも、「Misfits and Miracles」も面白いです。魔女の知られざる1側面も見られます。







ミクロズ・パラスのミニ・バイオグラフィー

トロントとモントリオールで、20年以上俳優として、そして、映画製作者側として映画産業に携わっています。

俳優としては、『Student Bodies』『オズモンズ物語(Inside the Osmonds)』などのTVシリーズや映画に出演しています。

パラスは、アニメ版『HIGHLANDERハイランダー』のクウェンティン・マックラウドや『Sidekick』のエリック・ニードルズの声優もしています。


マギル大学を卒業し、カナディアン・フィルム・センター脚本プログラムを終了した後、パラスは『Degrassi: The Next Generation』の脚本家兼ストーリー・エディターとして2シーズンを受け持ちます。その努力はカナダ脚本家賞の受賞という形で報われています。(才能があるんですね。Degrassi は見たことがないのでいずれ見てみたいと思います。)

パラスはまた、エピトーム・ピクチャーズとCTVのために共同制作したTVシリーズ『Instant Star』を書いています。


2008年にパラスはトロントのマーブルメディアに開発・子供・脚本の部門長として加わっています。

声優も続けており、結婚し、2人の子供がいます。


 

ミクロズ・パラスのトリビア

  • マギル大学で文化研究を専攻
  • 父親は元マギル大学教授
  • オンタリオ州ハリバートン郡のサマー・キャンプの1つキャンプ・ティンバーレインに参加し、キャンプでの劇でジョセフを演じている。


☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

 

posted by Bluejay at 00:00| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

きょうは、ウィリアム・シャトナーの誕生日です・・・82歳おめでとう!

WilliamShatner@06.JPGきょうは、ウィリアム・シャトナーの誕生日です。

シャトナーは、ケベック州モントリオールで生まれたカナダ人です。今日で、82歳になりました。
シャトナーには、ニックネームがいくつかあるようです。
  • ビル
  • ザ・シャト
  • ビリー
です。モントリオール出身なので、「ザ・シャト」はフランス語のシャトー(城)にかけているのかもしれませんね。

身長は1m77cm。カナダ人にしては普通でしょうか。

ウィリアム・シャトナーの経歴
2枚目俳優としてのシャトナーには、誹謗や中傷をする人がいるようですが(どの世界でも同じです)、50年以上もカメラの前に立ってきたというすごい経歴の持ち主で、最近ではコミカルな役柄で才能を示しています。しかしなんといっても、シャトナーといえば、宇宙船USSエンタープライズのジェームズ・T・カーク船長として世代を超える多くのてテレビファンに思い起こされるそうです。(これは、知りませんでした。恥かしい(恥)同じ人だとは思えません。)
ユル・ブリンナー『カラマーゾフの兄弟(The Brothers Karamazov)』(1958)でデビューする前には、シャトナーは、何年もテレビと劇場で演技力を磨いていたといわれています。
デビューしたての1960年代はシャトナーにとって映画/テレビ出演で忙しい10年だったようです。例えば、
  • 『ニュールンベルグ裁判(Judgment at Nuremberg)』 (1961)
  • 『侵入者(The Intruder)』 (1962)

等の映画、そしてゲスト出演として次のようなテレビシリーズの数多くのエピソードに出ています。

  • 『ヒッチコック劇場(Alfred Hitchcock Presents)(1955)
  • 『Mystery Zone』(1959)
  • 『弁護士プレストン(The Defenders)(1961)
  • 『アウターリミッツ(The Outer Limits)(1963)
 

1966年には、世界中にいるファン軍団「トレッキー」を持つ本物のカルト・クラシック映画『スタートレック(Star Trek)』(1966)で3シーズンもUSSエンタープライズ号に乗り込み、ミスター・スポック役のレナード・ニモイと共演しています。(これは、子供心にも非常にインパクトのある映画でした。)

 

『スタートレック(Star Trek)が終わった後は、60年代の残りと1970年代にゴールデンアワーのテレビ・シリーズ

  • 『鬼警部アイアンサイド(Ironside)(1967)
  • 『ハワイファイブオー(Hawaii Five-O)(1968)
  • 『ドクター・ウェルビー(Marcus Welby, M.D)(1969)
にゲストスターとして何度も出演しています。 (アイアンサイドもその設定[バンで移動する車いすの警部]にすごいと思ったものです)

また、何本かの長編映画にも出演していますが、それらは主にB級以下のもので、恥ずかしくなるような劣悪なヨーロッパ・ウェスタン『Comanche blanco』(1968)『蜘蛛の惑星(Kingdom of the Spiders)』(1977)があります。

1980年代になると、オリジナル版『スタートレック(Star Trek)(1966)に新たな関心がおこり、シャトナーのキャリアは大きく改善します。そして次のスタートレック長編映画として絶頂に達します。

  • 『スタートレック(Star Trek: The Motion Picture) (1979)
  • 『スタートレックIIカーンの逆襲(Star Trek: The Wrath of Khan) (1982)
  • 『スタートレックIIIミスター・スポックを探せ(Star Trek III: The Search for Spock) (1984)
  • 『スタートレックIV故郷への長い道(Star Trek IV: The Voyage Home) (1986)
  • 『スタートレックV新たなる未知へ(Star Trek V: The Final Frontier) (1989)
  • 『スタートレックVI未知の世界(Star Trek VI: The Undiscovered Country) (1991)

加えて、軽い警察シリーズ『パトカーアダム30(T.J. Hooker)』(1982)に1982から1986まで出演し、『へザー・ロックリア(Heather Locklear)』にも出ています。

その他にも『フライングハイ2/危険がいっぱい月への旅(Airplane II: The Sequel) (1982)、『ローデッド・ウェポン1(Loaded Weapon 1)(1993)、デンジャラス・ビューティー(Miss Congeniality) (2000)では、コメディーの才能でファンを驚かせています。

最近では、デビッド・E・ケリーTVシリーズ『ザ・プラクティス(The Practice)』(1997)とそのスピンオフ作品である『ボストン・リーガル(Boston Legal』(2004)に出ています。


そこで、誕生日記念に『ボストン・リーガル(Boston Legal)』シーズン1エピソード15(Tortured Souls)と16(Let Sales Ring)を見ることにしました。(シャトナーの憎めないキャラクター、もとい!、デニー・クレーンの憎めないキャラクターを良く演じています。)もっとも、ボストン・リーガルでシャトナーが出てこないエピソードはまずありませんが・・・。



(写真: カーク船長の頃のウィリアム・シャトナー)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 00:00| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

カナダ、プレイオフに1歩前進 ... 女子カーリング世界選手権

RachelHoman@01.jpgラトビアのリガで行われている女子カーリング世界選手権で、8ゲーム目終了時点で4位だったカナダが、9ゲームで同じく4位のスイスを7‐4で破り、ロシアと3位の座を分け合うことになりました。残りは2ゲーム。プレーオフの4チームに残るためにはあと2試合勝ちたいところですが、自力で残る可能性を残しました。残りの試合は中国と日本です。どちらも7位のチームです。

カナダのスキップは、レイチェル・ホーマン。23歳です。

"Definitely in the driver's seat. ... This whole time we've been in control of our own fate so we just have to keep going." (Homan)
「まちがいなく状況をコントロールできる状態よ。・・・ここまで私たちは自分たちの運命をコントロールしていたのだから、これからもそうしていかないといけないわ。」(ホフマン)

"We needed two wins to be a little bit more comfortable. ... But it feels really good to play the way we did. I'm really proud of my team for pulling together and making those big shots and pulling through in the end. It was a really great day for my team."
「もう少し安心するためには2つかたないとだめでした。・・・でも、今日見たいなプレーはすごく良い感じだった。チームが協力して、素晴らしいショットを決めて最後まで耐えたのを誇りに思うわ。チームにとって本当に良い日だった。」

スイス・チームは9エンドを終えたところでコンシードしています。

中国と日本とのゲームは21日に行われます。

1. スコットランド 8勝1敗
1. スエーデン 8勝1敗
3. カナダ 6勝3敗
3. ロシア 6勝3敗
5. USA 5勝4敗
5. スイス 5勝4敗
7. 日本 4勝5敗
7. 中国 4勝5敗
9. ドイツ 3勝6敗
9. デンマーク 3勝6敗
11. イタリア 2勝7敗
12. ラトビア 0勝9敗

(写真: レイチェル・ホーマン)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 10:38| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

ワッフル、ワッフル

Waffle@01.jpg英語メルマガ「Voice in Canada」の紹介です。

----------------------------------------------

ケベック州の刑務所で、ハイジャックされたヘリコプターで受刑者が脱走する事件が起きました。
事件があったのはモントリオール近郊のサンジェローム刑務所。外部の共犯者2人がヘリコプターをハイジャックし、操縦士に刑務所上空でホバリングするよう強要し、施設屋根の上からベンジャミン・ウードンバルボー受刑者ら2人が、ヘリコプターから降ろされた縄ばしごでヘリコプターに乗り込み脱走を図りました。
WaffleMaker@01.jpgヘリコプターの操縦士は間もなく保護され、ウードンバルボー受刑者と共犯者2人の身柄も確保されました。ウードンバルボー受刑者は負傷しているようです。郊外の小屋に潜んでいたもう1人の身柄も拘束されました。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. 木霊する笑い声
2. Words & Phrases Today!
3. Today's Grammar?
CaraCaraOrange@01.jpg■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆木霊する笑い声霊☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

There is no better smell  than the smell of homemade waffles steaming in a waffle maker. It tells the whole house that something good is coming. We have homemade waffles often at our house...at least once a week. My kids love homemade waffles and are happy to eat them for breakfast, lunch or dinner. My daughter has been crazy over  the wonderful citrus at the market lately...eating tons of Cara Cara oranges and Ruby Red grapefruit, so I wanted to incorporate some of those flavours into some waffles just for her. She has been working hard in school lately with late night study sessions and papers due, so I wanted to do something special for her. I came up with a sweet sauce...kissed with the flavour of citrus...and paired it with easy buttermilk waffles.  If you have never made homemade waffles before, let me assure you that they are easy to make and if you have made a cake or muffins, you can easily make waffles....all you need is a waffle maker and some basic ingredients. And please..don't let the bit-tad-long ingredient list scare you!
ワッフル・メーカーから湯気を出している自家製ワッフルのにおいより良いにおいは無い。家全体に何か良いものがやってくると教えているのだ。私たちの家では自家製のワッフルを良く作る・・・少なくとも週に1回は。私の家の子供達は自家製のワッフルが大好きで、朝食でも昼食でも夕食でも喜んで食べてくれる。娘は最近町で売っている素晴らしい柑橘類に夢中になっている・・・沢山のカラカラオレンジやルビー・レッド・グレープフルーツを食べて。だから娘のためだけにそれらの果物の風味をワッフルに入れてあげたいと思った。娘は最近学校で頑張っているし、夜は遅くに勉強をし、期限付きのレポートがある。だから、娘に特別なことがしてあげたいのだ。私は甘いソースを・・・柑橘類の風味を加えて・・・簡単なバターミルク・ワッフルにつけあわせたものを思いついた。もし、以前にワッフルを作ったことが1度もないのなら、作るのは簡単で、もしケーキかマフィンを作ったことがあるのなら、ワッフルは簡単に作れると保証してあげる・・・必要なのは、ワッフル・メーカーと、基本的な材料だけだから。そして・・・ほんの短い材料リストで怖がらないでくださいね!


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

steam = 湯気を立てる、蒸気を出す。
crazy over XXX = XXXに夢中になった、欲しくてたまらない。
citrus = 柑橘類。
incorporate = 取り入れる、混ぜる、混合する。
study session = 会合、セッション(2人以上の一定の活動、または、その期間)。
due = することになって、するはずで。
come up with XXX = XXXを即興で作る、見つける。
ingredient = 材料。
tad = ちょっと。
scare = 怖がらせる、おびえさせる。


☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------------
Cara Cara oranges
----------------------------------------------------------------
カラカラオレンジ(カリフォルニアで栽培されるネイブルの1種)。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

少しは役に立つ内容でしたか?

できあがった、柑橘類ソースのバターミルクワッフルは娘さんだけでなく家族で大好評だったようです。全てが「売り切れ」です。
残念だったのは、誰もワッフルを食べている所の写真を撮らせてくれなかったことだそうです。

(写真上: ワッフル)
(写真上: ワッフル・メーカー)
(写真上: カラカラオレンジ)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
タグ:ワッフル
posted by Bluejay at 10:34| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きょうは、故ウォルター・マーシュの誕生日です。

きょうは、故ウォルター・マーシュの誕生日です。

ウォルター・マーシュは、1923年の3月30日にオンタリオ州ハミルトンで生まれたカナダ人俳優です。
ウォルター・マーシュは、2005年9月17日にブリティッシュ・コロンビア州で生涯を閉じています。82歳でした。

そんな、故人を偲んで見た映画は、『ザ・ネゴシエーター 交渉人(Deadlocked)』(2000)です。

この映画は、レイプ殺人で起訴され死刑の判決が下されようとしている男デモンド(J・D・ジョンズ)の父親ジェイコブ(チャールズ・S・ダットン)が、法廷で起こした「立てこもり事件」に、検察官ネッド(デビッド・カルーソ)が「交渉人」として行動を起こしていくという物語です。自分が持っていた「交渉人」のイメージとはかなり違いましたが、原題は"Deadlocked"なので、納得です。(もう少しましな邦題をつけてほしいものです。)さて、検察官ネッドは24時間をもらい、もともとの「殺人事件」を洗い出していくのですが、その過程で事件の真相が解き明かされ、問題の父子デモンドとジェイコブがどういう人たちなのかが少しづつ分かっていきます。
・・・・陪審員12人を人質にとったジェイコブの決めたタイムリミットに、検察官ネッドの真相究明、FBIや機動部隊/市長の動き、人質達・・・が、最後に錯綜します・・・。

このなかで、陪審員デューイーを演じるのがウォルター・マーシュです。正直言ってどの人がマーシュなのかは最後まで良くわかりませんでした。おそらく最初に解放された陪審員がそうでしょう。




☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 00:00| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きょうは、スザンナ・ホフマンの誕生日です・・・50歳おめでとう!

SusannahHoffmann@01.jpgきょうは、スザンナ・ホフマンの誕生日です。
スザンナ・ホフマンは、1963年3月20日にケベック州モントリオールで生まれのモントリオールっ子で、カナダ人俳優です。

都市計画者の父親と民間航空の分野で国連の支部で働く母親の間にスザンナは生まれました。若い時は、スザンナはダンサーとして訓練を積み、レ・グラン・バレー・カナディアンで踊っていました。けれども16歳の時には、踊りは自分にとってフル・タイムで追及するキャリア・パスではないと決め、演じることが好きなので演劇に惹かれるようになったそうです。演劇は、スザンナによると、(笑いながら彼女は言うのですが)「爪先はそれほど痛くはないけど、頭が痛くなるもの」だそうです。モントリオールにあるドーソン・カレッジのドーム・シアター・スクールで学び、トロントで紹介をされた後、1983年にオンタリオ州に移っています。

スザンナ・ホフマンは映画、テレビ、舞台の演技で、各分野で非常に良いバランスの評価を得ています。シェイクスピアの役柄では魅力的な演技を示し、国際的にも評されているようです。シェイクスピアの作品を上演するストラトフォード・フェスティバルでは、トーマス・デッカーの『靴屋の祭日(The Shoemaker's Holiday)』のローズや、『ベニスの商人(The Merchant of Venice)』のジェシカを演じ、サン・ディエゴのオールド・グローブ・シアターでは、『ベローナの2紳士(Two Gentlemen of Verona)』のジュリア、シラキュース・ステージで『十二夜(Twelfth Night)』のビオラを演じたりしています。
スザンナ・ホフマンのTV作品でのクレジットは無数にありますがその中には次のようなものがあります。
  • The Edison Twins (1982)
  • 『The Campbells』 (1986)
  • Katts and Dog (1988)
  • 『Edison: The Wizard of Light』 (1998) [ジェス・コリンズの相手役]
  • 『My Secret Identity』 (1988)
  • 『Goosebumps』 (1995)

スザンナ・ホフマンの誕生日に見た映画は、 『コール・ミー ~ハリウッドと寝た女たち~(Call Me: The Rise and Fall of Heidi Fleiss)』(2004)です。

 

この映画は、実話に基づいたものですが、そのためか、それなりに見れるものでした。

ストーリーは、ある医者の子供ハイディ・フライス(ジェイミー・リン・シグラー)が高級娼婦となり、売春組織を手中に収め、ハリウッドで名をなすという話しです。スザンナ・ホフマンはハイディ・フライスの母親エリッサ・フライスとして、ハイディの子供時代が映るシーンに出てくるだけで、それほど台詞もありません。(映画のごく初めの部分だけです)

見れることは見れるのですが、ストーリー展開に重きが置かれて、俳優の演技が感じられないのが残念です。そういう意味では楽しめる映画ではありません。

 

英語は普通、字幕も消せます。でも、俳優の演技は楽しめず、シーンもパーティーやベッドでのシーンが多く、英語の教材としては向いていません。

 

あえて言えば、本物のハイディ・フライスとジェイミー・リン・シグラーが似ていることが少し驚いたところでした。

 





 

 

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club


posted by Bluejay at 00:00| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

ヨガでGO!

Whisker@01.jpg英語メルマガ「タニス・ミラー」の番外編です。

-----------------------------------------------

Since I'm one whisker away from official middle age, I've decided it's time to get serious about my health. Since I will never quit chocolate or french fries, this means I need to get serious about exercise. Knox isn't getting any lighter and I can't afford to get any weaker. It's time to shake it like my arse is on fire. I need to get strong.
Hips@01.jpg
私は公式に中年と呼ばれる年にあと少しなので、自分の健康を真剣に考える時が来たと考えた。チョコレートやフレンチ・フライをやめる気はさらさらないので、その決心は運動を真剣に考えないといけないことになる。ノックスは決して軽くはならないから、私は少しでも弱くなる余裕はない。お尻に火がついたようにそうする時だ。私は強くなる必要がある。

Like most things in life, though, the saying is easier than the doing. And it's the doing that is tripping me up.
人生におけるほとんどのものごとのように、言うは易く行うは難い。そして私を失敗させるのは行う方なのだ。
ArseDimple@01.jpg
For those of you who haven't been following along over the years, in order to get fit I need to overcome the obstacles of anxiety, depression, an impressively damaged spine, bad hips, weak knees, lungs that are still black from the five years I sucked back as many cigarettes as I could get my hands on, a sausage casing of fat around my middle and arse dimples so deep you could lose a finger if you poked at them.
この何年か私のブログを読んでこなかった人のために、私が健康になるためには、不安や鬱、見事なまでに傷ついた背骨、悪い腰、弱い膝、私が手にすることができたたくさんのタバコを5年間吸ったことによるいまだに黒い肺、ソーセージ・ケーシングのようなウエストのまわりの脂肪、そして突っつけば指が埋まってしまうほど深いYoga@01.jpgビーナスのえくぼに打ち勝つ必要があるのだ。

* ノックス: 障害を持った息子さん・いろいろな所への移動を手伝わないといけない。


whisker = ほおひげ。
afford = できる、余裕がある。
shake it = (習慣などを)止める、逃れる、解き放たれる。
trip XXX up = XXXに失敗をさせる。
obstacle = 障害物。
anxiety = 苦悩、不安、心配、懸念。
depression = 憂鬱、抑うつ状態、うつ病。
impressively = 印象的な、深い感銘を与える。
spine = 背骨。
hips = 腰(横への隆起部分)。
sausage casing = ソーセージ・ケーシング(ソーセージの詰め物をしている「皮」)。
middle = ウエスト。
arse dimple = ビーナスのえくぼ(お尻の上あたりにある、左右対称の凹み)。



タニスさんはまず走ることから始めたそうですが、ヨガに切り替えたそうです。
ところがヨガはやってみるといとも簡単。これじゃ効果はないと翌日からは違う運動を・・・翌朝起きると、あら、体中が痛い・・・インナー・マッスルが鍛えられたそうです。

バレー・ダンサーもインナー・マッスルの塊ですね(笑)。

タニスさんが、バレリーナのようになるのを期待しましょう!

(写真1: 頬ひげ)
(写真2: 腰 / hips はお尻の横に飛び出した部分=腰)
(写真3: ビーナスのえくぼ / お知りの上の方の左右のくぼみ)
(写真4: ヨガ)


☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 20:24| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

ハンスト

ChiefSpence@01.jpg英語メルマガ「あるがままに語ろう」の番外編です。


It seems like hunger strikes are all the rage these days in Canada. It started out with good old Chief Spence. She wanted a meeting with the Prime Minister, and went on a hunger strike to get it. Or so we all thought. Before you all cry foul, I know…I know. I fell for it too. I even blogged about her plight, thinking that she was slowly wasting away. Little did I know at the time she was on a liquid diet that included fish broth, liquified big macs and fryer grease from a local fast food joint. I think before it was all over she gained a couple of pounds.
最近、カナダではハンガー・ストライキがはやりのようだ。ハンストは、おなじみのスペンス酋長から始まった。スペンス酋長は総理大臣と話しあいたかったので、ハンガー・ストライキに打って出た。少なくとも、我々みんなはそう考えている。みんなで反則だと叫ぶ前に、分かっている・・・わかっている。私もだまされた。私は、スペンス酋長がゆっくりとやせ衰えていくものと思って、彼女の窮境についてブログでも書いた。その時は、スペンス酋長が、地元のファースト・フード店から魚のスープや液体化したビッグ・マック、フライ料理の油を含む流動食にいるということは知らなかったのだ。ハンストが終わるまでに、スペンス酋長の体重は数ポンド増えるのではないかと思う。



all the rage = 現在の流行。
foul = 悪臭のする、不快な、卑劣な、ルール違反の、反則の。
fall for XXX = XXXにだまされる。
plight = 状態、苦境、窮状。
waste away = 次第に細くなり弱くなる。
broth = ブロス(肉、魚、野菜などを煮出したスープ)。
liquify = 液化する。
fryer = フライの材料。
grease = 獣脂、油脂。
joint = 安料理店、いかがわしい場所。
all over = 終わる。



ハンストはプリンス・エドワード・アイランドの漁師も行っているそうです。失業保険の給付制度の変更に反対して。やはり、流動食のハンストです。この漁師は、新聞に載ることができました。

作家先生は、この「流行(命の危険がないハンスト)」に反対してハンストを行うそうです。ハンストに反対するハンスト。作家先生の場合は、流動食のハンストではなく、毎日ペイストリーを変えるハンスト、または、手羽先をゆっくり食べるハンスト、ピザをゆっくり食べるハンストだそうです。
うまくいきますかどうか??

(写真: 流動食ハンガー・ストライキの開祖?スペンス酋長)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 19:59| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

五大湖の危機

LakeErie@01.jpg英語メルマガ「Society in Canada」の紹介です。

----------------------------------------------

人気カナダ人シンガー、ジャスティン・ビーバーを誘拐、去勢して殺害するという残忍な殺人計画を企てた服役囚ダナ・マーティンが、今度はコンサート会場を爆破してジャスティンを殺す計画を立てたことが明らかになりました。
首謀者のダナは15歳の少女をレイプし、殺害した罪で終身刑を受け、現在も服役中。昨年、ヒットマン2人を雇い、コンサートを行う予定のジャスティンとジャスティンのボディーガードを含めた4人の殺害を指示したが、実行前に2人が逮捕されたため、犯行は未遂に終わっています。
今回、ダナはジャスティン殺害の再計画を手紙でテレビ局に送り付け、そこには「新たなヒットマンを雇った。このヒットマンはコンサート会場に爆発物を仕掛ける。ステージ上の人間全員が死に至り、観客にも死亡者がでるほどの爆発になるだろう」と書いていたそうです。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. News in Canada
2. カナダのニュース[解説]
3. Today's Words
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆News in Canada☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

An aquatic expert warns that despite improved policies and extensive clean-up, the Great Lakes remain stressed and threatened.

Doug Haffner, the senior Canada research chair in Great Lakes Research at the University of Windsor, says a number of pollutant abatement programs implemented since the 1960s had a positive impact on the lakes.

"However, we have new issues. The Great Lakes have many different stresses on them right now," Haffner said.

He said one newer concern is pharmaceutical waste.

Eighteen months ago, the International Joint Commission flagged "chemicals of emerging concern” as a risk to humans and ecosystems.

- Windsor -

(CBCから抜粋)


☆☆カナダのニュース[解説]☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

水の専門家は、政策は改善し清掃は広範囲にわたったにもかかわらず、五大湖はストレスがかかったままであり、脅威にさらされていると警告する。

ウィンザー大学五大湖研究の上級カナダ研究委員長ダグ・ハフナーは、1960年代から導入された多数の汚染物質減退プログラムは湖に良い影響を与えたという。

「しかし、我々には問題がある。五大湖は今現在様々なストレスを受けている」ハフナー入った。

ハフナーによると、1つの新たな心配は薬剤廃棄物である。

18か月前、国際共同委員会は、「新出の問題である薬品」を人間とエコシステムへのリスクとして指定した。


☆☆Today's Words☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ボキャブラリーをふやそう!
aquatic = 水の。
despite = にもかかわらず。
policy = 政策。
extensive = 広範囲にわたる。
pollutant = 汚染物質。
abatement = 減少、減退、軽減、緩和。
implement = 実行する。
pharmaceutical = 薬剤の。
flag = 標識をつける。
emerging = 発展段階の、新出現の。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今週はいかがでしたか?

五大湖の中でも一番浅いエリー湖が影響を受けています。
毒性のある藻類が異常繁殖し、水道水やエコシステムを破壊しようとしているそうです。
エリー湖は7,300万人の旅行客を引き寄せ120億ドル以上の経済効果があり、米加合わせて4,000万人の人がその水と魚に頼っているそうです。

(写真: 2011年エリー湖の汚染状況)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 10:17| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Society in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きょうは、ジーナ・ホールデンの誕生日です・・・38歳おめでとう!

GinaHolden@01.jpgきょうは、ジーナ・ホールディングの誕生日です。

ジーナ・ホールデンは、1975年3月17日にブリティッシュ・コロンビア州スミザースで生まれたカナダ人俳優です。今日で38歳になりました。

ジーナ・ホールデンの誕生日記念に『ビーチ・シャーク(Sand Sharks)』(2011)を見たのですが、驚くようなひどい映画でした。よくもこんな映画を作って上映させたのか理解に苦しみます。調べてはいませんが、おそらく目も当てられない興行成績だったのに違いありません。
普段、どんな映画も良いところを見つけて評価しようという気持ちはあるのですが、この映画に限っては良いところは全くありませんでした。大きな胸と大きなお尻の水着姿の女性をたくさん出せば良いだろうという程度の考えしか製作者にはないのではないかとまで思わせてしまいます。
普通つまらない映画でも、役者がその才能の片りんを見せてくれるところがあるものですが、そんなシーンも全くありませんでした。
ジーナ・ホールデンの映画人としての技量はどれほどなのかは知りませんが、少なくともこの映画では何も得るところはありませんでした。普通の人と何ら変わりはありません。
さて、・・・熱くなっていいすぎました、スミマセン(汗)・・・ストーリーは、ある島の町長の息子ジミー(コリン・ネメック)が突然島に帰り、サメのためにビーチや観光をはじめ、すたれていく島の産業を立ち直らせるために「ビーチ・フェスティバル」で若者を呼び戻そうと計画するところから始まります。ジミーは過去に島である企画を実行し15人の命が失わせたことがあり、入水禁止のビーチにはいまだに何かがいる気配が・・・・。

CGはお粗末、プロットも情けない、演技も良くて月並み、どうもTVシリーズの映画化のようですが、なんだか勢いに任せて作られたような映画です。IMDbでも今まで見たことのない「2.7」の評価です。

英語は標準的ですが、この手のものは会話が少ないのでX、おまけに面白くないので2回見ようとする人はいないでしょう。そんな事をすれば英語嫌いになるかも(笑)。

でも、まあ、話しのタネに最低映画の一つとして知っておくのは、それはそれでいいかも!(なんのこっちゃ)

おっと。ジーナ・ホールデンは、ジミーのパートナー アマンダを演じています。ああ、そういえば、この人は努力に人のようで、ジミーとの「キス?」シーンでも、よくここまでやるよ、と言うところを見せてくれます。(良いシーンではありませんが)






ジーナ・ホールデンの身長: 1m69cm

 

ジーナ・ホールデンのミニ経歴 

ジーナは、ブリティッシュ・コロンビア州の山間部にある小さな町スミザーズで生まれました。ジーナの初めてのパフォーマンスは5歳の時のフィギュア・スケートの発表会の時でした。それ以来、ジーナは注目の的となることになっても平気でいられるようになりました。早熟で外交的な子供として、ジーナは学校の全ての演劇とタレント・ショウに出演しています。

母親と兄といろいろな所に行った当時のジーナにとって、初めてのめり込んだものはダンスでした。バレーであれ、タップ・ダンスであれ、モダン・ダンスであれミュージカルであれ、ジーナはダンスにのめり込んでいきます。クラッシック・バレーの練習が、ジーナの妥協のない仕事への倫理観を発達させると、ジーナの「演ずる事」への愛は形を変えて職歴のようなものになっていきます。

15歳の時、ジーナはモデル事務所にスカウトされ、日本に派遣されました。この機会を両手を広げて受け止めたジーナは、日本の文化や言葉を修養し、すぐに日本を第2の故郷にしています。

モデルとしては、日本は大きく成功した場所でした。ジーナは信じられないほど成功し、20以上もの雑誌のカバーを飾りました。けれども、モデルはジーナが情熱を感じるところではありませんでした。才能と持ち前の推進力で成功を味わうことはできましたが、モデルはジーナにとっては、別のメディアでのより大きなものへの踏み台でした。

北米に戻ると、ジーナは学校に戻り、日本語を続けて学び、大学をクラス トップの成績で卒業しています。それから、2つの仕事をこなしながら、演劇のクラスを取り、舞台技術を鍛えました。この時期にジーナは否定的な発言をする人たちに会っています。多くの人がジーナに「いや、無理だよ」と言っています。このような悲観的な意見にもかかわらず、あるいは、そのために、ジーナは俳優になることを決めます。「本当?見ててごらんなさい!」がジーナの反応でした。

引き続いて精力的にそして激しいほどの独立心で、ジーナはショウ・ビジネスの落とし穴に陥ることなく大きなものを手に入れることになります。金・名誉・イメージのまわりをまわる世界で、ジーナは完全な意思と自分の技能を信じることによって成功と幸福をつかんでいます。また、ジーナは、恵まれない人たちに奉仕することでも充足感を得ています。--- 身体障害者や知的障害者と活動をしたり、いじめられた10代の女の子の力になり自信や自尊心を育てる手伝いをしています。

ゴールデンアワーのTV番組や長編映画(巨大予算および独立系)での主役になるなど個人的に達成していることもありながら、ジーナはより大きなより良いことを成し遂げようと努力を続けています。演劇やクラシックバレーを学び続け、友人や家族に囲まれながら、常に先を見、より高みへと努力しています。

 

ジーナ・ホールデンのトレード・マーク

  • どきりとするような青い目

ジーナ・ホールデンのトリビア
  • 日本を第2の故郷とし日本文化を愛している
  • 好きな曲はジェイムズ・テイラーの「ファイア・アンド・レイン(Fire and Rain)」とトム・ペティ&ハート・ブレイカーズの「Won't back down
  • 好きな映画: 『旅立ちの時(Running on Empty)』『Dog Fight』『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(Good Will Hunting)』、コメディー映画では『大災難PTA(Planes Trains and Automobiles)』『アダルトスクール(Old School)
 

(写真: ジーナ・ホールデン) 

 

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

posted by Bluejay at 00:00| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

きょうは、ビクター・ジョセフ・ガーバーの誕生日です・・・64歳おめでとう!

VictorGarber@02.JPGきょうは、ビクター・ジョセフ・ガーバーの誕生日です。

ビクター・ジョセフ・ガーバーは1949年3月16日にオンタリオ州ロンドンで生まれたカナダ人俳優ですが歌手でもあります。
今日で64歳になりました。
ガーバーはロシアン人の血をひき、父親はジョー・ガーバー(1995年没)、母親はホープ・ガーバー(女優であり歌手でTV番組『At Home with Hope Garber』の司会)です。
ビクター・ジョセフ・ガーバーには兄弟ネイサンと姉妹アリサがいます。

ビクター・ジョセフ・ガーバーは、映画だけでなく舞台やテレビにも出演する俳優で、有名な作品には、

  • 『ゴッドスペル(Godspell)』のジーザス
  • 『スウィーニー・トッド(Sweeney Todd)』のアンソニー
  • 『暗殺者(Assasins)』のジョン・ウィルクス・ブース
  • TVシリーズ『エイリアス(Alias)』のジャック・ブリストウ
  • 舞台『テノール歌手を貸して(Lend Me a Tenor)』のマックス
  • 『James』のトーマス・アンドリュー
  • 『タイタニック(Titanic)』のキャメロン

等を演じています。

 

 

ビクター・ジョセフ・ガーバーのトリビア

 

  • ビクター・ジョセフ・バーガーは、12歳の時に1型糖尿病 と診断されています。
  • ライアーソン小学校に通い、オンタリオ州トロントのグランド・シアターの子供向けコースに入っています。
  • 16歳の時には、トロント大学で6週間の演劇訓練夏期講習に入ることを許され、ロバート・ギルから学んでいます。
 

そんな、ビクター・ジョセフ・ガーバーの誕生日記念に見た映画は、『アイス・クエイク(Ice Quake)』(2011)です。
・・・アラスカのある山の永久凍土が溶け、発生した大量のメタンガスの液体が地下で移動し地表に大規模な地震や地割れを引き起こすという物語です。ガーバーは、この事態を収拾する責任を持つ軍の舞台の大佐ビルを演じます。
主人公は、地質学者?のウェブスターとその家族です。
クリスマス・イブに突然襲った正体不明の「地震」に、クリスマス・ツリーを家族で山に取りに行ったウェブスターが、軍と共に地球規模の災害にもなりかねないこの状況に対処していくのですが・・・。

ストーリーとしてはテンポ良く進んでいき、それなりの緊迫感はありますが、パニック映画を見たい人には不満足な内容かもしれません。
家族愛的な要素もあるのですが、なにせ、地割れと俳優達が雪中でひたすら歩くシーンばかりで演技を楽しめるシーンはあまりありません。
軍の本部も電話をしたりモニターを見たりで動きがあまりない映画です。が、個人的には普通です。まあ、楽しめました。
でも、あまりお金をかけていないのだろうと思わず考えてしまうような映画です。

この映画のロケ地は、実際にはどこだかはわかりませんが、『モンスター・マウンテン(Behemoth)』(2010)とまったく同じところだと思います。『モンスター・マウンテン』で使われたロッジ風住宅も『アイス・クエイク』では同じように主人公の居宅に使われています。
町の風景、通りに並ぶ店並もおそらく同じだと思います。撮影が行われた山も同じでしょう。違いは季節くらいだと思います。(細かい話ですが)
ただ、『モンスター・マウンテン』ではコロラド、『アイス・クエイク』ではアラスカになっています。

英語は標準的、字幕も消せるので、語学学習に使えそうですが、ストーリーが単純なので、1度見てしまうともう見たくないかもしれません。そこがネックですね。

ちなみに、アメリカ映画ですが、俳優はほとんどカナダ人です。
 



(写真: ビクター・ガーバー / ビル大佐)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 00:00| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

きょうは、デビッド・クローネンバーグの誕生日です・・・70歳おめでとう!

DavidCronenberg@01.jpg今日は、デビッド・クローネンバーグの誕生日です。70歳になりました。

デビッド・クローネンバーグ(カナダ勲章、カナダ王立協会フェロー)は、1943年3月15日に生まれた、カナダの映画製作者、脚本家、そして俳優です。
クローネンバーグは、通常「ボディー・ホラー」または「性的ホラー」と呼ばれるジャンルの創始者の1人です。このタイプの映画製作では、人間の体が変わることへの恐怖や感染への恐怖を扱います。クローネンバーグの映画では、心理的なものが肉体的なものと絡み合うのが通常のだといわれているようです。映画界でのクローネンバーグの前半分の経歴では、「ボディー・ホラー」「性的ホラー」をホラー映画やサイエンス・フィクションを通して追求するのがほとんどでしたが、その後、それ以外の分野においても追及を続けているようです。
クローネンバーグは、「英語圏で最も創造的で挑戦的で、叙事的な監督」といわれています。カナダ勲章を受章するだけのことはありますね。

そんな、デビッド・クローネンバーグの誕生日記念に見た映画は『デッドゾーン(The Dead Zone)』(1983)です。クローネンバーグはこの映画の監督であり、俳優としては出演していません。

文句ではないですが、TSUTAYAで「まだまだ話題作」というので借りてみたのですが、この映画は以前にも2回見ていることに気づきました。(2回目も確か「見たことがある!」といって騒いだような気がします・・)映画のタイトルに無頓着なのはあまり良いことがないですね。一応、楽しめましたけど。晴れ
ストーリーは、ある教師ジョニー(クルストファー・オルケン)がデートの終わりに彼女サラ(ブルーク・アダムス)を家に送り届けて、帰路についた時に大雨が降ってきて事故にあうという所から始まります。
ジョニーの命は助かるのですが、「元の生活」に戻ろうとすると「ある理由」のために環境が大きく変わっています。そして事故のためかジョニーにはある能力が身につきます。その能力とともに、ジョニーは生きていこうとするのですが・・・。

原作はスティーブン・キング。
クローネンバーグお得意の何とも言えない「ボディー効果」は出てこない代わりに、100分という少し短めのフッテージでありながら、なかなか見せてくれます。正直言って面白いし(3回ともそう思うのだから間違いありません・・・・)、初めて見る人は最後のシーンでいったいどうなるのかと息をのんでしまうかもしれません。(そんなことないかな)
でも、1度は見て損はしないと思います。

英語は標準的、分かりやすく、字幕も消せるので英語教材としても使えそうです。聞きやすいので自信がつくかも(嬉!)!





(写真: デビッド・クローネンバーグ)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 00:00| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

きょうは、ミーガン・フォロウズの誕生日です・・・45歳おめでとう!

MeganFollows@02.JPG今日は、ミーガン・フォロウズの誕生日です。45歳になりました。

ミーガン・エリザベス・フォロウズは1968年3月14日に生まれた、カナダ人俳優です。
ミーガン・フォロウズは世界的には、1985年のカナダのミニ・テレビ・シリーズ『赤毛のアン <完全版> (Anne of Green Gables)』とその2本の続編のアン・シャーリーの役で知られています。

ミーガン・フォロウズは、カナダのオンタリオ州トロントで、俳優一家の4人の子供の末っ子として生まれました。
ミーガンの父親はカナダの著名な舞台俳優で監督でもあるテッド・フォロウズであり、母親は、テッド・フォロウズの最初の妻であり俳優のドーン・グリーンハルグです。

兄や姉も全員エンターテイメント産業で活躍しています。1番上の姉エドウィナは作家で、兄ローレンスと2番目の姉サマンサ・フォロウズ(ショーン・オブライアンと結婚)は俳優です。 



★★

 

そんな、ミーガン・フォロウズの誕生日記念に見た映画は『死霊の牙(Silver Bullet)』(1985)です。

この映画ではミーガンは15歳の女の子を演じていますが、実際には17歳です。でも、十分に15歳に見えます。

この映画はスティーブン・キングの原作で、ナレーション(ミーガン・フォロウズ)の回想で始まります。(トレーラーのナレーションとは違うので気をつけて!)

お話は、ある町でちょうど1年前に起こった殺戮「事件」についてです。

・・・

ある家庭の車いすの子供マーティ―(コーリー・ヘイム)と、そのお姉さんジェーン(ミーガン・フォロウズ)、そして飲んだくれだけど心優しいレッドおじさん(ギャリー・ビューシー)を中心に物語は展開します。

狼男の恐怖映画なのですが、アメリカの小さな町のアットホームな雰囲気の中で2人の姉弟と優しいおじさんを中心としている話のためか、何となく見ていてほっとします。原作もいいのでしょうが映画の作りも原作の良さをうまく生かしているのではないかと思わせます。

マーティーもジェーンもレッドおじさんもそれぞれ味があって、かつ、役者にぴったりはまっている感じがしてとても良い感じです。

残酷なシーンもありますが、子供が小さくなければ家族で見ても問題ないのではないかと思います。

 

英語は普通のアメリカ英語なので英語教材としては申し分ないのですが、字幕が消せずいらいらします。その意味で英語学習には向いていないかと思われますが、日本語以外の字幕(例えばスペイン語など)にも変えれるので、そうしても良いかもしれません。

 

レッドおじさん役のギャリー・ビューシーが渋いいい声を出しています。声を聞くだけでも映画を見る価値があるかも?!なんて個人の趣味ですよね()





 (写真: ミーガン・フォロウズ)

 

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

posted by Bluejay at 00:00| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

漫画の教育効果

SonicTheHedgehog@01.jpg英語メルマガ「Voice in Canada」の紹介です。

---------------------------------------------------

地球が現在より少し温暖だった約350万年前の北極圏に、ラクダがすんでいたそうです。カナダや英国の研究チームが証拠を見つけ、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表しました。
チームは、グリーンランドに近いカナダ北部にあるエルズミア島で見つかった骨片を分析。形状や、付着していた組織の分析から、ラクダのすねの骨と断定しています。長さは約57センチで、現在のラクダより約3割長いそう
CalvinAndHobbes@01.jpgです。
当時の地球の平均気温は現在より2~3度高かったそうです。現在は年中氷河に覆われているエルズミア島の平均気温も18度程度高く、零度を少し下回る程度。カラマツ林が広がっていた形跡があります。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. ウィンターズ家の一日
2. Words & Phrases Today!
3. Today's Grammar?
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆ウィンターズ家の一日☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Some people "poo-poo" comic books for their children. I don't--chosen appropriately by the parents, I think they are a wonderful motivational and--dare I say it?--educational tool.
ある人たちは子どもたち向けの漫画本を「却下」する。私はそんなことはしない -- 親が適切に選べば、漫画本も素晴らしい動機付けになる -- なんて言えばいいだろうか? -- 教育の道具なのだ。

This epiphany came the first time I purchased a comic book for my boys to read. It was Sonic the Hedgehog. My two oldest, who usually did nothing but bicker with each other, sat quietly in a chair and read the whole thing. Together. And again. And did I say "quietly?"
この突然の啓示は私が初めて漫画本を息子たちが読むように買った時にやってきた。それは、ソニック・ザ・ヘッジホッグだった。私の上の2人の息子は、いつも互いに口論しているだけなのだが、椅子に静かに座って全部読んだ。一緒に。そしてもう1度。「静かに」っていったかしら?

As they got older, they discovered Jason's and my "Calvin and Hobbes" books. We only had a few at the time, but they devoured them--to the point that I need to have one of them rebound. Despite the fact that most of the humour is over the head of an actual six-year-old, I loved that they loved them. I mean, C'mon! Calvin sometimes uses words that I have to look up! Eventually, we got the entire collection (which we doled out on special occasions and birthdays for at least a year).
子供たちが大きくなると、ジェイソンと私の『カルビンとホッブス』の本を見つけた。私たちはその時、数冊しかもっていなかったが、子供たちは貪るように -- そのうちの1冊を製本し直さないといけなくなるくらい -- 読んだ。ユーモアのほとんどは現実の6歳の子供の理解を越えていたにも関わらず、私は子供たちがその本を大好きであることを喜んだ。つまりは、ほら!カルビンは時々私が意味を調べないといけないような言葉を使うのだ!そのうちに、私たちは全冊を揃えてしまった(それらを少なくとも1年間の間、特別な機会や誕生日に配ったのだ)。


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

poo-poo = 考えを却下する。
epiphany = 突然の啓示。
bicker = 口論する。
devour = むさぼり読む。
rebind = 再製本する。
despite = ~にもかかわらず。
over the head of XXX = XXXを理解不能で。
look XXX up = XXXの情報を本などで調べる。
dole XXX out = XXXを配る。
occasion = 機会、重要な行事。


☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------------
Sonic the Hedgehog
----------------------------------------------------------------
ソニック・ザ・ヘッジホッグ。
セガのビデオ・ゲームに登場するキャラクター。漫画にもなっている。

----------------------------------------------------------------
Calvin and Hobbes 
----------------------------------------------------------------
カルビンとホッブス。
ビル・ワターソンによるコミック・ストリップ形式の新聞連載漫画。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

少しは役に立つ内容でしたか?

漫画本をきっかけに、子供たちの漫画ジャンルは広がり始め、ある時点で古典的な小説の世界へと入っていったそうです。
経験値として漫画本は悪くない。適切な漫画本を選んで読書習慣をリードしていけば。

(写真上: ソニック・ザ・ヘッジホッグ)
(写真下: カルビンとホッブス)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 11:17| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きょうは、故W・O・ミッチェルの誕生日です。

W.O.Mitchell@01.jpgきょうは、故W・O・ミッチェルの誕生日です。

W・O・ミッチェルは、1914年3月13日に、サスカチュワン州ウェイバーンで、ウィリアム・ウォーモンド・ミッチェルとして生まれたカナダ人作家です。
W・O・ミッチェルは、1998年2月25日にアルバータ州カルガリーで83歳で亡くなりました。

ミッチェルは、1973年6月19日に、カナダ文学への貢献を認められカナダ勲章を受勲しています。

 

そんな、W・O・ミッチェルを偲ぶために、もっとも有名で代表作とされる『Who Has Seen the Wind』(1947)を読む予定です。
AMAZON経由で買った本はニュー・ヨークから来るので時間がかかるようです。読むのにまた時間がかかるかもしれませんが、読んだら必ず紹介しますね!

(写真: W・O・ミッチェル)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

posted by Bluejay at 00:00| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

ものすごくおなかがすいたクマ・・・絶滅危惧種

TheVeryHungryBear@01.jpg英語メルマガ「Voice in Canada」モムズタウン・ミルトン番外編です。


Their morning may have started at the Indigo Milton  bookstore on February 27, 2013, but soon the momstown Milton families were off onto an exciting  expedition to save endangered animals inspired by the book "The Very Hungry Bear" by Nick Bland sponsored by Scholastic Canada. 
2013年2月27日の朝は、インディゴ・ミルトンの本屋で始まったかもしれないが、すぐにモムズタウン・ミルトンの家族は、スコラスティック・カナダに支援されたニック・ブランド作の『ものすごくおなかがすいた熊』という本に啓発され、絶滅危惧種の動物を救うためにワクワクする冒険旅行へと出かけた。

To say that the momstown Milton group had fun would be quite the understatement. The high energy in the air was positively contagious. Sweet smiling arctic animals greeted the children as they made their way in.  
モムズタウン・ミルトンのグループが楽しい時間を過ごしたというのは、かなり控えめな表現だろう。あたりの高いエネルギーはよい意味で人から人へと広がった。優しく微笑む北極の動物たちが、子供たちが中に入る時に出迎えた。

Soon it was time to settle down and get crafty! The eager little art students worked diligently alongside their families to transform paper plates into polar bears. Their eyes focused and little hands at work, they put their hand/eye coordination skills to the test by pasting body parts on their polar bear, and used crayons to colour their creation as their imagination dictated. 
すぐに静かにして手先を器用に動かす時が来た!熱心な小さなアート・スチューデント達は絶え間なく働き、その横では、家族が紙の皿をホッキョクグマに変形させていた。子供たちの目は集中し、小さな手が動き続けた。子供たちは手と目の共同作業を、ホッキョクグマの体の部分を貼り付けるテストに使い、想像力が赴くままに自分たちが作ったものに色をぬろうとクレヨンを使った。


単語とフレーズ
expedition = 調査旅行、探検。
endangered = 絶滅寸前の。
inspire = 奮い立たせる、刺激して~する気にさせる。
scholastic = 学校の。
understatement = 控えめな言葉。
in the air = そこら中。
contagious = 人から人へ広がりやすい。
arctic = 北極の。
settle down = 静かになる。
crafty = 器用な、巧妙な。
diligently = 絶えず努力して、勤勉に。
transform = 変える、変形させる。
coordination = (諸筋肉運動の)協同。
paste = 貼りつける、のりばりする。
dictate = 命令する、指図する。

------------------------------------------
Scholastic Canada
------------------------------------------
児童本を出版し販売している組織。


町中に児童本だけを専門に販売している書店で、子供たち向けの教育的イベントが行われるようです。
絶滅危惧種探しや、読み聞かせ、ちょっとした工作、歌の会、どれも一つのテーマで結びついているようです。

日本にもこんな本屋さんがあったらいいですね!


☆英語メルマガ☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 18:37| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

種子貸出収蔵館

LendingSeedLibrary@01.jpg英語メルマガ「緑の土地再考」番外編です。

As mentioned in a previous post, I'm super psyched about the idea of a seed lending library in Ottawa. Not just me either but various folk are interested in this. No doubt all sorts of people I've never heard of are interested in this so I propose we get together and make this thing work.
以前の投稿で言ったように、私はオタワの種子貸出収蔵館という考えにものすごく興奮している。私だけじゃなくいろいろな人たちが関心を示している。今まで聞いたこともないようなあらゆる人が、種子貸出収蔵館に関心を示しているのは疑いがないので、みんなで意見を合わせてこのアイデアを実現させることを提案する。

My understanding is that there are various models including ones that link directly with the library and others that use nearby facilities. A seed bank may also work as a lending library too and there are possible proposals for this as well in the works in Ottawa.
私の理解では、様々なビジネス・モデルがあるが、コレクション館と直接結びついているものや近くの施設を使うものがある。シードバンクは貸出収蔵館として機能するかもしれないが、オタワでの試みの中には可能性がある提案がいくつかある。


単語とフレーズ
psych = 興奮させる。
library = 収集、コレクション。
get together = 集まる、会う、合意する。
nearby = 近くの。
facility = 施設。
seed bank = シードバンク、種子銀行(植物の種子を収集、貯蔵する施設)。


What is 'seed lending library'?
種子を貸し出し、借り出し者が栽培してまた種子ができると自分の使用分だけを残して借り出し分と余剰分を収蔵館に戻すというもの
借りた種子をきちんと育てれば、収蔵された種子がどんどん増えていくことになるわけですね。


(写真: 書架ならぬ種架 - 種子貸出収蔵館)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 18:26| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

崩落の公聴会

TheAlgoCentreMall@01.jpg英語メルマガ「Society in Canada」の紹介です。

----------------------------------------------------

カナダでは、今日からサスカチュワン州をのぞいて夏時間が始まります。
時計を1時間早めて「早起き」するのは慣れるまで大変でしょうね。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. News in Canada
2. カナダのニュース[解説]
3. Today's Words
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆News in Canada☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

The inability to stop severe leaking at the doomed Algo Centre Mall in Elliot Lake was a disheartening mystery for years, but likely the result of a basic design problem, a public inquiry heard Friday.

In a second day of testimony, the man whose company tried to waterproof the roof-top parking deck testified he now believes the designers failed to take into account the heavy traffic - including buses and snow plows - that would use the exposed garage.

"The primary source of our problems was the choice of the hollow-core structural deck and the way it was constructed," Dave Monroe testified.

- Sudbury -

(CBCから抜粋)


☆☆カナダのニュース[解説]☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

エリオット・レイクの運命づけられたアルゴ・センター・モールのひどい雨漏りを止めることができないのは、何年も心ががっくりくるような謎だったが、おそらく基本的な設計の問題の結果であったと、金曜日に公聴会で話しがあった。

証言の2日目において、屋上駐車デッキの防水をしようとしてた会社の男が、現在信じている事は、設計者が屋根の無いガレージを使うはすであった大きな通行車(バスや除雪車を含む)を考慮することをしなかったことだと証言した。

「我々の問題の主要な原因は空洞の構造デッキを選んだこととその建設方法にあった」と、デイブ・モンローは証言した。


☆☆Today's Words☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ボキャブラリーをふやそう!
leak = (水・空気・光が)漏る、漏入する。
doom = 運命づける。
public inquiry = 公聴会。
testimony = 宣誓証言、証言。
deck = デッキ上の部分、陸屋根。
take into account XXX = XXXを考慮することを覚えている。
snow plow = 除雪機、除雪車。
exposed = 野ざらしの、風雨にさらされた。
primary = 主要な。
hollow-core = 中空コア、空洞。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今週はいかがでしたか?

モンロー氏は、屋上駐車場建設契約会社の副社長です。
公聴会でのこの証言は、素直に過ちを認めたことで評価されているようです。
モールは2012年夏に屋根が崩落し2人の女性が死亡しました。
公聴会は裁判とは異なり、刑事責任や民事責任を問うことはありません。
将来同様の問題が起こらないように事件を調査し勧告をまとめ上げることが求められています。

(写真: 崩落したままのアルゴ・センター・モール)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 09:49| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Society in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。