2013年05月31日

ディッキーのナックルはもう効かない?

R.A.Dickey@03.JPGR・A・ディッキーは、今シーズン4度目の先発で、6回を投げ6点を奪われています。防御率は5.18、4勝7敗。メッツでサイ・ヤング賞を受賞した面影はありません。
現在、ブルー・ジェイズはアメリカン・リーグ東地区で最下位です。

“I might have given up four hard-hit balls all night. ... I mean, it was tough. It seemed like every ball off the bat would find a hole somewhere, or a little space in the outfield. This game's tough. It's hard. And you can't quit grinding it out, and you can't quit searching for the answers. I certainly won't. And I'll find it. I'll find it.” (Dickey)
「今夜は4球強打されたボールを投げたかもしれない。・・・正直言って厳しかった。バットに当たったボールは全てどこかに外野のどこかに穴か小さな空間を見つけたみたいだ。厳しいよ。でもそのままにしたままやめることはできない。答えを見つけることをやめることはできない。俺はそんなことはしない。答えは出す。答えは出す。」(ディッキー)

“He's been battling that, trying to find it. ... He battles you out there. I know that's frustrating him.” (Toronto coach: Gibbons)
「ディッキーはずっと戦っているんだ、答えを見つけようとして。・・・ディッキーは戦っている。奴が思うようにならずに苦しんでいるのはわかるよ。」(トロント監督: ギボンズ)

R.A.Dickey@03.JPG

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 14:42| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

オタワ新チーム 初めの主要人事

MarcelDesjardins@01.jpgオタワ本拠地とする新しいCFLチームのGM マーセル・デジャルディンズが、アシスタントGMを決めました。最初の主要な人事です。
アシスタントGMに選任されたのは、ブロック・サンダーランドで、選手のスカウトや契約、フットボールの運営すべてに関わることになるようです。

サンダーランドは、ここ6年間はニュー・ヨーク・ジェッツでスカウトに携わっており、その前はモントリオール・アルエッツで3年間スカウトをしています。CFLでのスカウト歴はスカウト役員に昇進したほど評価が高かったようです。

"I'm delighted to welcome Brock to our organization. ... He brings a wealth of experience and a proven eye for talent that will be invaluable to our organization as we evaluate players and build our team for the 2014 season." (general manager: Marcel Desjardins)
「我々の組織にブロックを迎え入れることができて嬉しい。・・・ブロックは、我々が選手を評定し2014年のシーズンに向けてチームを作っていく時に、豊富な経験と我々にとってはかけがえのない才能を見極める豊富な経験と裏打ちされた鑑識眼をもたらしてくれますよ。」(GM: マーセル・デジャルディンズ)

"I consider myself very fortunate to be able to return to the Canadian Football League and specifically to Ottawa. ... I'm looking forward to helping build a team from the ground up with people who are well respected in this industry. This is a once in a lifetime opportunity." (Brock Sunderland)
「私自身は、カナディアン・フットボール・リーグに戻ることができて、特に、オタワに戻ることができて、非常に幸運だと思います。・・・この業界で尊敬されている人たちと、チームをゼロから立ち上げるお手伝いをすることを楽しみにしています。」(ブロック・サンダーランド)

オタワ新チームの名前はまだ決まっていないようですが、カナダの首都にできるもう一つ興奮スポットの準備は、着実に進んでいるようです。

MarcelDesjardins@01.jpg

(写真: マーセル・デジャルディンズ)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 11:52| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

プチプチで包まれた子供

SummerCamp@01.jpg英語メルマガ「Voice in Canada」の紹介です。

--------------------------

米大リーグ、ブルージェイズの地元トロントが、川崎内野手の話題で盛り上がっています。
川崎は、明るい性格と真摯なプレーで人気を獲得してきたが、最近は3試合連続で適時打を放つなどバットでの活躍も目立ってきました。
さらに先日劇的な逆転サヨナラ打を放ったことで、評価が急上昇。当初は代役という見方をされていましたが、地元ラジオ番組には「絶対にチームに残すべきだ」とのファンの声が殺到したそうです。
大リーガーが嫌がるバントや四球もいとわない姿勢も高く評価されている川崎。本拠地の報道陣用食堂を仕切るマネジャーまでが「どの選手もカワサキのようにプレーすべきだ」と絶賛しています。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. モムズタウン・ミルトン
2. Words & Phrases Today!
3. Today's Grammar?
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆モムズタウン・ミルトン☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Are your kids bubble wrapped kids?  The best place to start in order to answer this question is to define what that means. Lenore Skenazy who is a parenting expert, columnist, and author of Free Range Kids says that it is "overprotective parenting motivated by fears of societal dangers."  Although there is no harm meant in this style of parenting it is motivated by fear and therefore can do more harm than good in the end.     
あなたの子供は、プチプチで包まれた子供ですか?この質問に答えるために始める最善の場所は、それが何を意味するのか定義することだ。育児の権威でコラムニストで『フリー・レンジ・キッズ』の著者であるレノール・スキナジーは、プチプチで包まれた子供とは「社会行動の危険の恐れから動機づけられた過保護な育児」であるという。この類の育児には害を与える意思はないのだけれど、恐怖で動機づけられているために最終的には良いことよりも害となる事の方が多い。

Am I overprotecting my child in a way that is denying them the freedom they need to become strong and independent individuals?  It is a hard question to ask yourself as it implies that you as a parent may have been, or may still be overprotecting them in some way.  Most parents are using a part of this style in their parenting since it has slowly become the normal and accepted method of parenting in our culture.  It is hard to go against the methods of friends, neighbours, and family members - but what if you did let go just a little?  Ask yourself what would happen if you made a radical decision to free your child or children from the confines of the bubble wrap that has so carefully been put in place to keep them safe? 
強くて独立した個人になるために必要な自由を否定するような方法で自分の子供を過保護にしているのだろうか?親としてある意味では過保護であったかもしれない、そして今も過保護であるかもしれないことを示唆するので、自分でこの質問をするのは難しい。このスタイルの育児は、ゆっくりと標準になり、我々の文化の中の育児法として受け入れられてきたので、ほとんどの親はこの育児スタイルを一部取り入れている。友達や、ご近所や、家族のメンバーのこの方法に逆らうことは難しい − だが、すこしだけ止めてみればどうなるだろうか?子供たちを安全にするために慎重に使っているプチプチで作られた境界から子供を解放してやるという過激な決定をしたとしたら何が起こるか考えてほしい。


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

bubble wrap = 気泡緩衝材(バブル・ラップは、シールド・エア・コーポレーションの登録商標)。
expert = 権威、大家。
overprotective = 過保護の。
parenting = 子育て、育児。
societal = 社会の、社会活動の。
motivated = 動機を与える、動機となる。
let go = 止める、手放す。
radical = 極端な、過激な。
confines = 境界、範囲、限界。
in place = 使える状態にある。


☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------------
特にありません。
----------------------------------------------------------------


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

少しは役に立つ内容でしたか?

子供たちに自由を与えながら監督をする最高の場は、キャンプだそうです。
カナダやアメリカでは、キャンプグランドには大学生のボランティアたちが子供たちの監督者となって、子供をある程度に自由を与えます。
親から離れて、「一人」で生活するテスト・プログラムのようなものなのでしょう。
日本でも同じような形のキャンプがもっと広まればよいですね。

SummerCamp@01.jpg

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 09:11| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスタル・バリント

CrystalBalint@01.jpg

きょうは、クリスタル・バリントの誕生日です。クリスタル・バリントは、カナダアルバータ州カルガリーで生まれたカナダ人俳優です。今日で、32歳になりました。


そのバリントの誕生日記念に見た映画が『V ミニ・シリーズ(V: The Final Battle)』(1984)ですが、これはすごい映画です。今まで聞いたこともなかったのですが、こんな映画が30年近く前に北米で放映されていたとは驚きです。
まだ、シリーズの続編を見ていないので、今後の展開がどうなるのかはわかりませんが、必見ものです。SF好きな人もそうでない人も映画ファンには一度は見てほしい映画です。何かロマンを感じますね。
さて、肝心のクリスタル・バリントは、この映画ではどこかのシーンでフロア・マネージャーとして出ているようですが、残念ながらそのシーンは特定できませんでした。
それよりも(笑)、この映画は世界各国の主要都市に巨大な謎のUFOが出現し、人類に協力を求めるというものです。人類のはるか先に進んでいる科学力を持っているはずの宇宙人が求めていたものは、地球である化学物質を作ることでした。宇宙人の真の目的は?なぜ世界中の科学者が陰謀罪で排除されるのか?謎が疑惑に変わり、人間模様と宇宙人模様が描かれます。

英語は標準北米英語で会話が多いのでSFものでありながら、教材にも使えそうです。

・・・と、ここまで書いてきましたが、いまさらながらに気付きました。クリスタル・バリントが出ている『V』は2009年のリメイク版だそうです。
すみません!(よく考えれば30年前の映画に現在32歳の俳優がフロア・マネージャーの役で出ているはずがないですよね!)
とりあえず、これも見てね。面白いですから!!


(写真: クリスタル・バリント)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

posted by Bluejay at 00:00| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリス・ヴァイオレット

ChrisViolette@01.jpg今日は、クリス・バイオレットの誕生日です。

バイオレットは、カナダオンタリオ州ミシソガで生まれたカナダ人俳優です。実業家でもあるようです。
今日で、32歳になりました。


クリス・バイオレットは、育ちもミシソガで今まで他の都市に住んだことがありません。大学でビジネス学の修了証を取るとヨーロッパにわたっています。ミシソガに戻ってくると、エンターテイナーになるために数年間集中しようと決心します。まずモデルから始め、次々とジャンルを変えていきます。演劇クラスにも出席し始め、自分でも知らないうちに俳優になっていました。パワー・レンジャーズのブルー・レンジャー・スカイの役を演ずる前に、『Wild Card』『Show Me Yours』『クィア・アズ・フォーク(Queer as Folk)』『Instant Star』『Degrassi: The Next Generation』等のテレに番組にも出ていました。バイオレットは、毎日の出来事に自身の哲学「意志力」て応じています。バイオレットの、生活訓は、「我々は毎朝目が覚める、そして毎晩眠りにつく。その間に何をするかは我々次第だ!」です。

 

クリス・バイオレット語録

  • 我々は毎朝目が覚める、そして毎晩眠りにつく。その間に何をするかは我々次第だ!

バイオレット「記念」に見た映画は『彼氏と彼女の不都合なセックスのこと!(How to Make Love to a Woman)』(2010)です。
 
この映画で、バイオレットはガソリン・スタンドの職員役だったのですが、どのシーンに出ていたかは見逃してしまいました。
映画が、IMDbの評価にもかかわらず、結構おもしろかったからです。ストーリーはあるカップルの男側アンディー(ジョン・マイヤーズ)がローレン(クリステン・リッター: きれいな人です)をどう喜ばせたらよいのか良いか悩むという話です。真剣なアンディーは、素晴らしいセックスこそ女性を喜ばせる唯一の方法だと信じ、いろいろと悩むのですが、最後の最後まで一番大事なことに気がつかないという設定です。
確かにストーリー性は欠けているかもしれませんが、いかにもありがちな勘違いが共感を呼びました。
英語は標準的北米英語、会話シーンが多く、教材にも使えそうです。

・・・この映画の邦題はいまいちですね・・・自分なら『彼女を喜ばせる方法』がいいと思います。






(写真: クリス・バイオレット)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

posted by Bluejay at 00:00| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

みんなを失望させないから地獄の特訓にも耐える・・・チーム・カナダ

HayleyWickenheiser@01.jpgカナダ女子アイス・ホッケー・チーム「チーム・カナダ」がブリティッシュ・コロンビア州のペンティクトンで、ソチ五輪に向け合宿を始めます。
3週間の合宿は相当苛酷なもののようです。

"They've scared me, but at the same time, they're preparing me. ... They just said that I'm going to be exhausted and sometimes I might get left in the woods, but I think they're just trying to scare me. I am kind of nervous because you need to bring bear spray. I just hope it's not actually like that. I'm excited at the same time, but nervous because I don't want anything bad to happen." (Jenelle Kohanchuk)
「みんな私を怖がらせるんです。でも、同時に、私の準備をしてくれているんですね。・・・みんながいうには、私は消耗させられ時々は森の中に置いてきぼりにされてしまうことになるらしいんです。でも、私を怖がらせようとしているだけだと思います。神経質になっているのね。クマよけスプレーが必要だから。実際にはそんなことはないと願いたいけど。ワクワクしているけれど、同時に神経質にもなっているのよ。何も悪いことが起きてほしくないです。」(ジェネル・コハンチャック)

おどかしているだけなのかは、すぐにわかることでしょうが、キャンプをしながら山の中で泳げない人にもトライアスロンを強いるなど、精神的にも肉体的にも極限状態に追い込まれるようです。

"This is where we set the stage for everything to happen in the next 10 months. ... The team building, setting the standard of where we need to be as a group, working on the on-ice and off-ice athletic development is what we're doing." (Kalli Quinn: Hockey Canada's director of female hockey)
「ここで、私たちはこれからの10カ月に起こるすべてに対する準備をするのです。・・・チーム・ビルディング、グループとしての基準、氷上と氷上でない所での運動選手としての体の鍛錬が、私たちのする事です。」(カリ・クウィン: ホッケー・カナダ 女子ホッケー役員)

運動選手としての鍛錬というには桁が違うようです。

話しを聞いていると、スポ根漫画の「地獄の特訓」を思わず思い浮かべそうな内容です。世界のトップ・レベルの訓練は半端じゃないのですね。
・・・
夜明けとともにランニング。その後特訓は夜8時まで終わりません。
スケートとウェイト・トレーニングに加えて、ロック・クライミング、キックボクシング、ランニング、山岳地帯での自転車、トライアスロンと盛りだくさんのメニューです。トライアスロンの水泳は、ホッケー選手には過酷なこともあるみたいで、「合宿」前に水泳の練習をしてくる選手もいるようです。

"Swimming is just so not natural for me. ... I took a lesson this year because I honestly was one of the worst on the team and people made fun of me. I totally stink and I didn't want to be that person." (Ouellette: a three-time Olympian)
「水泳は私には向いていないんです。・・・今年はレッスンを受けました。正直言ってチームの中で一番水泳が下手だし、みんながからかうからです。私は本当にダメなので、また同じようにはなりたくないんです。」(ウーレット: 3五輪経験選手)

"I remember biking behind Jennifer Botterill trying to draft behind her and starting to cry. ... She, of course, looked back and saw me and laughed. She carried me along. You don't even know why you're freaking out. You just get pushed to that point where you've had enough mentally and physically. You need to shed a couple of tears." (Bonhomme)
「ジェニファー・ボテリの後ろをドラフト走行しようと自転車をこいでいて泣きだしたのを思い出すわ。・・・ジェニファーは、もちろんふりかえって私を見て笑ったわ。ジェニファーが私を連れて行ってくれた。どうして自制心がなくなるのかもわからない。精神的にも肉体的にも限界まで追いつめられるの。何度か泣く必要があるのよ。」 (ボノム)

"That's definitely not the purpose, to be cruel in any way. ... What we really want to see them do is get to that limit and see if they can push that extra little bit beyond it." (Lisa Haley: assistant coach)
「残酷になるということは、それがどんな方法だとしても、絶対に目的ではありません。・・・私たちが選手たちがするところを見たいのは、限界に達した後にそこから少しでも先に行くことができるかということなのです。」(リサ・ヘイリー: アシスタント・コーチ)

"You get to see people, teammates in their every day life under fatigue and adversity and that's really when the true character and personalities come out. ... We get to know each other a lot better on a different level. You also have a chance to not only steel your body, but steel your mind through some of the days when you just want to stay in bed and you don't want to get up. You do because you don't want to let anybody down." (Hayley Wickenheiser: captain  & five-time Olympian)
「疲労と困難の中にいる選手を、チームメイトを毎日の生活の中で見ることになります。そういうときこそが本当の個性や性格が現れてくるのです。・・・私たちは互いにいろいろなレベルでもっと良く知りあわなければなりません。体を鋼のように鍛えるだけでなく、ベッドの中にいておきたくないような日を通して心も鋼のようにするチャンスなのです。そうするのは、他のみんなを失望させないためなのです。」 (ヘイレイ・ウィッケンハイザー: キャプテン&5五輪経験選手)

"It is so demanding, but when you go through boot camp, everything looks easier after." (Ouellette)
「かなりきついけど、合宿を経験したら、その後は何でも簡単に見えるわ。」 (ウーレット)

チーム・カナダ、楽しみです。
ソチでは日本チームと対戦することはあるのでしょうか?

HayleyWickenheiser@01.jpg

(写真: ヘイレイ・ウィッケンハイザー)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 14:41| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

テッサ・バーチュとスコット・モイア

TessaVirtue_and_ScottMoir@01.jpgアイス・ダンスのテッサ・バーチュスコット・モイアのカナダ人ペアは、ソチ五輪の後引退するようです。

"I think last time going into Vancouver, we were kind of sleeping in the grass, nobody knew about us, nobody thought we'd be coming out on top in Vancouver. ... And being in America, training, we didn't see a lot of hype that came with the Olympics. I think this year we'll have a plan like we did last time. We kind of just shut the doors at a certain point just so we're ready. We want to go out there and we know the opportunities will be there if we do our job, which is winning gold. So we have to make sure we take care of that first and foremost. We're doing this (photo shoot) now, but come September and October. . ." (Moir)
「この前のバンクーバーの時は、僕たちはある意味草むらの中で寝ていたような感じだったんだ。誰も僕たちのことを知らないし、誰も僕たちがバンクーバーでトップに躍り出るなんて思ってもいなかったんだ。・・・それにアメリカにいて、トレーニングしていたので、オリンピックの熱狂もあまり見なかったんだ。今年も前回と同じようなプランになると思う。ある時点でドアを閉め、準備をする。ソチに行きたいし、自分たちのすべきことをすればチャンスはあると思う。金メダルを取ることだけどね。だから、それが必ず最優先になるようにしなければならない。僕たちは今これ(写真撮影)をしているけれど、9月か10月が来れば・・・」(モイア)

"We know we need to bring something different than Vancouver. ... Lightning doesn't strike twice, first of all. But we're also not the same people that we were, and we hope that our skating has grown and we have to showcase a couple of different elements in this year's program that we didn't in Vancouver." (Moir)
「バンクーバーとは何か違ったことをしなければならないことは分かっている・・・何と言っても、同じような幸運は2度起こらないからね。でも、僕たちは以前と同じじゃないんだ。僕たちのスケートも成長していることを願うし、バンクーバーではしなかったことも今年のプログラムでは違う要素として示さないといけない。」(モイア)

バーチュは24歳になったばかりで、モイアは9月に26歳になります。
2人はブライダル・マガジンのモデルになりましたが、結婚することはなさそうです。

引退するのは速いような気はしますが、20年近くスケーターとしてキャリアを積んできた2人には、ソチで素晴らしい幕引きをするのが理想なのかもしれませんね。

TessaVirtue_and_ScottMoir@01.jpg

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

posted by Bluejay at 13:31| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

カリブー肉のインターネット販売

Caribou@01.jpg英語メルマガ「Society in Canada」の紹介です。

------------------------

難病の「拘束型心筋症」を患い、心臓移植のためカナダに渡っていた大林未来ちゃん(7)の手術が成功したそうです。
「みらいちゃんを救う会」によると、日本時間の23日正午ごろ、ドナーが現れ、同24日午後11時ごろから手術に臨み、約5時間半かかったが移植に成功したようです。未来ちゃんの体調は術後も安定しています。
「救う会」の代表は「これだけ早く移植手術でき、提供者やこれまで支援してくださった皆さんに感謝している。未来ちゃんには『早く帰ってきて、また元の生活ができるといいね』と伝えたい」と話しています。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. News in Canada
2. カナダのニュース[解説]
3. Today's Words
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆News in Canada☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Wildlife managers in Nunavut are worried the growing online market for caribou meat may put extra stress on some caribou populations.

Many Nunavut hunters have been selling caribou through Facebook, and shipping it to other communities.

Government biologist Mitch Campbell says some Hunter and Trappers Organizations are expressing concern.

"There's a lot of money to be made in these internet sales, and there's literally no restrictions within Nunavut,” he said.

"So it has the potential of causing huge conservation concerns on certain caribou populations, if we don't get a handle on it or get an idea of what's going on with it."

- North -

(CBCから抜粋)


☆☆カナダのニュース[解説]☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ヌナブト準州の野生生物管理者は、カリブーの肉のオンライン市場が成長していることで、カリブーの個体数にさらに影響が出るのではないかと心配している。

ヌナブト準州の多くの漁師が、カリブーをフェイスブックで売り、他のコミュニティーに出荷している。

政府の生物学者ミッチ・キャンベルは漁師組織が懸念を表明しているという。

「このインターネットでの販売で、多くの金が作られています。そして、事実上ヌナブト準州には制限するものがありません」とキャンベル氏は言う。

「そのため、管理する方法を見つけるか何がどうなっているのかを理解しないと、カリブーの個体数の保護管理に大きな懸念が生じてくる可能性がある。」


☆☆Today's Words☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ボキャブラリーをふやそう!
wildlife = 野生生物。
ship = 出荷する。
biologist = 生物学者。
trapper = 罠漁師、わなを仕掛ける人。
organization = 組織。
express = 言葉で表現する。
concern = 懸念、心配。
literally = 文字通りに。
restriction = 制限、制約。
conservation = (自然環境・史跡などの)保護、保存、管理。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今週はいかがでしたか?

カリブーの個体数は、実際にいくつかの地域で減少し始めているそうです。
一番の原因は、どうもヌナブト州の食糧輸送料金が一律の格安レベルに収まったことにあるようです。
輸送会社である航空会社は、輸送サービスを見直すつもりはないようなので、終了制限でもしない限りカリブーの数の漸減はとまりそうにありません。
カリブーはトナカイの北米での呼称です。

Caribou@01.jpg

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 12:15| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Society in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

マイク・マイヤーズ

MikeMyers@03.jpgきょうは、マイク・マイヤーズの誕生日です。50歳の大台にのりました。

マイク・マイヤーズは、オンタリオ州スカボロで生まれたカナダ人俳優です。


『オースティン・パワーズ(Austin powers: International Man of Mystery)』を見ようと思っていますが、このDVDは人気があって待たされています。

 


☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 11:35| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

ジェマ・ザンプローニャ [アボンリーへの道]

GemaZamprogna@01.jpgきょうは、ジェマ・ザンプローニャの誕生日です。
ジェマ・ザンプローニャと言っても、自分にとってはアボンリーのフェリシティーです。
そのザンプローニャは、オンタリオ州ハミルトンで1976年に生まれたカナダ人俳優です。

ジェマ・ザンプローニャは、才能ある女優であるとともにダンサーでもあり、世界中の作品に数多く現れています。ザンプローニャの『By Way of the Stars』でのウルスラ男爵夫人の演技は、ヨーロッパと北米で楽しまれ、『Defense of a Married Man』でのアマンダの役はアメリカ合衆国中の視聴者に見られています。初期の頃のザンプローニャが主演したテレビ映画『The Challengers』での1人2役マッキ/マックは、カナダでも世界でもすぐにヒット作となり、若い視聴者に対してはいつでも好きな映画になっています。ザンプローニャは、ソロのダンサーとしても多くの交響楽団とともに現れ、そのなかにはフロリダ州ボカ・ラトンのフロリダ・シンフォニック・ポップスも入っています。

 

フェリシティーとしてしかザンプローニャを見ていない自分にはなかなかのショックですが、今年37歳になるザンプローニャは、当然ながら結婚をしているのですが、お相手はダニエル・ボイチで2003年10月25日から現在まで続いているようです。子供は2人います。

 

ジェマ・ザンプローニャのトリビア

  • アマンダ・ザンプローニャとドミニク・ザンプローニャの姉です。
  • 父親のルー・ザンプローニャは、オンタリオ州ハミルトンにダンス・スタジオを所有。いろいろな映画に出ていますが、もっとも有名なのは屋根の上のバイオリン弾きのボトル・ダンサーとしてだそうです。
  • 第1子である娘エラを2004年11月に産んでいます。
  • 第2子である息子サムは2006年5月8日に産んでいます。前日に予定されていた『アボンリーへの道』の第1回公式出演者再会の催しに出席するはずでしたが、分娩のために出席できませんでした。
  • カナダのテレビ番組シリーズ『アボンリーへの道』でのフェリシティー・キングとしての役割で一番良く知られています。
 

ジェマ・ザンプローニャのいまどこ

  • (2003年1月)カナダのオンタリオ州バーリントンのスタジオ・テクニックでピラテスと演劇のクラスを教えていました。
 

誕生日記念には『アボンリーへの道』 を見ました。

フェリシティーはガス・パイクに恋心を抱いているので、ガス・パイクがある女に騙される「A Dark and Stormy Night」では、ガスに腹を立てます。

 





 

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

posted by Bluejay at 00:00| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

子供を野菜好きにさせる方法

Smoothies@01.jpg英語メルマガ「Voice in Canada」の番外編です。


☆☆モムズタウン・ミルトン☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Not only did our momstown Milton kids have fun in the kitchen at Junior Chef, they happily ate lots of veggies in the process!  Getting kids to eat vegetables doesn't need to be a sneaky mission.  Involving them in making their own meals, and giving lots of variety are key in instilling a love of all foods.
モムズタウン・ミルトンの子供たちは、ジュニア・シェフの台所で楽しんだだけでなく、その間にたくさん野菜を嬉しそうに食べたのだ!子供たちに野菜を食べさせるのは、こそこそした仕事である必要はない。自分の食事を作るように子供たちを巻き込んで、いろいろな種類を与えることがすべての食べ物を好きになることを教え込む鍵なのだ。

This month's wet, wet, wet theme inspired our choice of menu for Junior Chef for May.  We enjoyed smoothies and a yummy dip, and enjoyed the loud sounds of the blender and food processor hard at work.  
今月ずっと決まらずにいたテーマが5月のジュニア・シェフのメニューを選ぶ時の刺激になった。私たちは、スムージーや美味しいディップを楽しみ、ミキサーやフード・プロセッサーがフル回転している時の大きな音も楽しんだ。


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

veggie = 野菜。
sneaky = 隠れてする、こそこそした、ひそかな。
mission = 任務、使命。
instill = 徐々にしみ込ませる、教え込む。
wet = 煮え切らない、優柔不断な。
smoothie = スムージー(凍らせた果物、野菜などを使った、シャーベット状の飲み物)。
yummy =  おいしい(本来は幼児語)。
dip = ディップ(クラッカーなどにつける味付きソース)。
blender = ミキサー。


☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------------
Junior Chef
----------------------------------------------------------------
モムズタウン・ミルトンの子供たちに料理を経験させるプログラム。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

子供たちに野菜を食べさせる工夫はいろいろあるようです。
野菜の形がわからないようにミキサーにかけ、始めからあまりにも「野菜っぽく」しない。
必要であれば、蜂蜜などで味付けをする、いろいろなバリエーションを用意しておく。
できたものには、魅惑的?な名前をつけておく。「グリーン・モンスター」「アリゲーター」など。
そしてフムス(アラビア風ペイストリー)でディップをさせて食べる、、、などです。

Smoothies@01.jpg

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 12:10| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

恋するハリウッド日記〜ジジは幸せアン・ハッピー!

『恋するハリウッド日記〜ジジは幸せアン・ハッピー!(G-SPOT)』を見ました。ブリジット・バーコを見るためですが、2枚目のDVDになると少し飽きが出てきました。

あまりにもあけすけ過ぎて、なおかつ自虐的すぎる様な気がします。
明るい4人の女友達の話しなので、楽しく見れるのですが、それ以上は「なにかある?」です。

英語のヒアリング教材には良いでしょうが、それ以上は・・・という映像かな?
特に今日は気分が悪いので、あまりポジティブな感想は出てきそうにありません。(すみません。)






☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 23:10| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アリゲーター・ベイビー

Alligator@01.jpg英語メルマガ「Voice in Canada」の紹介です。

-----------------------------------------

がん研究を支援している「第19回生命の駅伝」が、桑名市を出発し、鈴鹿市までの約50キロを走りながら募金協力を呼び掛けました。
がんと闘いながらマラソンで善意を集めたカナダ人、テリー・フォックスさんの遺志を伝える運動として続いているそうです。
この日走った桑名市元赤塚の調理講師)は13年前に胃がんを患い、手術後、体力増強のためランニングを始めたそうです。「発症10周年」から駅伝に参加しています。
出発式では市長が「医療の進歩で一日も早くがんが完治できる病気になれば」と激励。実行委員は「苦しむ人や家族の励みにしたい」と述べました。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. モムズタウン・ミルトン
2. Words & Phrases Today!
3. Today's Grammar?
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆モムズタウン・ミルトン☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

For last month’s Books for Babes Program, our lil' explorers took a trip to the zoo as we read “Alligator Baby” by Robert Munsch sponsored by Scholastic Canada.  The babies were told all about the adventures of a Mom and Dad trying to find their baby amongst a bunch of zoo animals!  
先月の赤ちゃんのための本プログラムで、スコラスティック・カナダが後援するロバート・マンシュの『アリゲーター・ベイビー』を読んだあと、小さな探検家たちは動物園まで出掛けた。私たちの赤ん坊は、そのお話の母さんと父さんが、動物園のたくさんの動物の中から自分たちの赤ん坊を見つけようとする冒険の話しを聞かされていたのだ!

At first the parents came home with an alligator and then a seal and finally a baby gorilla. After the third failed attempt their daughter saved the day by going to the zoo herself and rescuing her baby brother.
始めはその両親はワニを家に連れて帰り、次にはアザラシ、最後はゴリラの赤ちゃんを連れて帰った。3度目の失敗の後、2人の娘が自分で動物園に出かけ、まだ赤ん坊の弟を救出することで問題を解決するのだった。


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

babe = 赤ん坊。
explorer = 探検家。
sponsor = 後援する、支持する。
scholastic = 学校教育の。
amongst = の中に(among と同じ)。
bunch = 群れ、一味。
seal = アザラシ。
attempt = 試み、企て。
save the day = 困難な問題を解決する何かをする事。
rescue = 救出する。


☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------------
lil’
----------------------------------------------------------------
little のことですね。

----------------------------------------------------------------
Books for Babes Program 
----------------------------------------------------------------
おそらく、モムズタウン・ミルトンで行っている赤ん坊に絵本を読み聞かせるプログラム。

----------------------------------------------------------------
Scholastic Canada
----------------------------------------------------------------
児童本を世界中に出版している出版社。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

少しは役に立つ内容でしたか?

絵本にかかれているあり得ない間違いは、母親達には日ごろちょっとした不注意で起こしてしまう失敗を思い出させたようです。
動物園に行ったあとは、みんなでワニにまつわる歌を歌って「遠足」を締めくくったようです。

Alligator@01.jpg

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 09:15| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

母親達のゲーム

Mom@02.JPG英語メルマガ「Voice in Canada」の番外編です。

☆☆モムズタウン・ミルトン☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

As we get older we get busier.  Getting the kids ready for school, going to work, taking care of the household, we as moms rarely take time to sit and take time for ourselves. Seeing the Game On! event sponsored by Mattel games posted on the momstown Milton calendar had me excited at the chance to get out and interact with others in a relaxed and fun environment.
年を取るほど、忙しくなる。子供が学校に行く準備をし、仕事に行き、家事の面倒を見、私たち母親はめったに腰を落ち着けて自分のために時間を使わない。マテル社のゲームがスポンサーのゲーム・オン!のイベントがモムズタウン・ミルトンのカレンダーにのっているので外に出て他の母親達とリラックスした楽しい雰囲気で交流できる機会に私はワクワクした。

With games like Mad Gab, Apples to Apples and Blokus we were set up for an enjoyable evening.  It was interesting watching the mamas competitive streaks come out as the night progressed. Do you know what type of player you are? Take a minute to do the Gameology Analysis and find out what category your personality gets labeled as. No surprises here, I am an Activituis.
マッド・ギャブ、アップルトゥアップル、ブロックスで、私たちは楽しい夜への準備ができた。お母さん達の競争心が夜が進むごとに出てくるのを見るのは興味深かった。あなたはどんなタイプのプレーヤーだろう?少し時間を取ってゲーム学分析して、自分の性格がどのカテゴリーのレッテルを貼られているか見つけてみよう。私がアクティビトゥイスなのは、驚くことではない。


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

competitive streak = ゲームをしたり競い合うことが好きな気持ち。
analysis = 分析。
label = レッテルを張って分類する、烙印を押す。


☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------------
Game On!
----------------------------------------------------------------
マテル社のゲームを紹介したウェブサイト。

----------------------------------------------------------------
Mad Gab
----------------------------------------------------------------
言葉遊びのゲーム。

----------------------------------------------------------------
Apples to Apples
----------------------------------------------------------------
アップルトゥアップル。
マテル社が販売するパーティー・ゲームのカード・ゲーム。

----------------------------------------------------------------
Blokus
----------------------------------------------------------------
ブロックス。
フランスで販売されたボードゲーム。

----------------------------------------------------------------
Activituis
----------------------------------------------------------------
不明。すみません。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

実際にここにあげられているゲームを全て楽しんだ体験談がこの後に続きます。

Mom@02.JPG

(写真: 母親達のゲームの集い)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club


posted by Bluejay at 17:17| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

病院からの脱走

KennyGreen@01.jpg英語メルマガ「Society in Canada」の紹介です。

--------------------------------------------

SNSでの「食事写真」投稿は、日本だけではなく英語圏でも一般的なものになっていますが、カナダ・トロント大学の精神病医学者ヴァレリー・テイラー博士は、その行為にはまり込むことは危険だと指摘します。
「写真を撮るということは、その対象が撮影者にとって重要なものである、ということを意味します。食事の写真を撮ることに過度にのめりこむと、人によっては食べ物こそが頭の中で最優先事項になってしまい、それ以外のことがどうでもよくなってしまうことがあるのです。」
こうした投稿をする人すべてが危ないわけではないですが、1日3食、毎回毎回食事について投稿している − という状態が続くと、その人の頭に食についての「歪んだ」イメージを植えつけることにつながりかねず、結果的に摂食障害を引き起こす可能性がある、というのが博士の主張だそうです。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. News in Canada
2. カナダのニュース[解説]
3. Today's Words
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆News in Canada☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Police say two dangerous men were planning to escape recently from the Waterford Hospital in St. John's.

Kenny Green, 34, and Matthew O'Quinn, 37, are charged with conspiring with each other to escape lawful custody.

Both men were on the justice ward at the Waterford Hospital in March. Green was there for a psychiatric assessment.

A reliable source told CBC News that the men had tied bed sheets together in attempt to escape through a window during a shift change.

RNC Const. Talia Murphy wouldn't say if that information was accurate.

- Newfoundland & Labrador -

(CBCから抜粋)


☆☆カナダのニュース[解説]☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

警察によると、2人の危険な男が、最近、セント・ジョンズのウォーターフォード病院から逃げようと計画していた。

ケニー・グリーン34歳とマシュー・オークウィン37歳は、法的な拘留から逃れようと互いに共謀したことで告発されている。

2人の男は3月にウォーターフォード病院の司法病棟にいた。グリーンは、精神鑑定のためにそこにいた。

信頼できる筋がCBCに話したところによると、男たちは勤務交代の間に窓から逃げようとベッド・シーツを結び合わせていた。

王立ニューファンドランド警察のタリラ巡査はこの情報が正確なものかどうかは言わなかった。


☆☆Today's Words☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ボキャブラリーをふやそう!
escape = 逃げる、逃亡する。
conspire = 共謀する、陰謀を企てる。
custody = 監禁、拘留。
charge = 告発する。
ward = 病室、病棟。
psychiatric = 精神医学の。
assessment = 査定、評価。
shift = 交替、(交替制の)勤務時間、交替(勤務)組。
Const. = 巡査(constable)。
accurate = 正確。
RNC = Royal Newfoundland Constabulary (王立ニューファンドランド警察)。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今週はいかがでしたか?

グリーンは、47歳の男性を殴り殺した罪で、オークウィンは女性への暴力や監禁の罪で起訴されている途中です。
逃げ出す前に捕まった2人は謀略の罪でも裁判を受けることになります。

KennyGreen@01.jpg

(写真: グリーン)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 12:22| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Society in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

オタワ セミファイナル2連敗

OttawaSenators_and_PittsburghPenguins@01.jpgオタワ・セネターズは、プレイオフ セミファイナルに残っている唯一のカナダ チームですが、イースタン・コンフェランス セミファイナルの相手ピッツバーグ・ペンギンズに2‐0とリードを許してしまいました。

第2戦の結果は、3-4で、ピッツバーグのシドニー・クロスビーがハット・トリックを決めています。

第3戦はオタワに戻りスコシア・バンク・スタジアムでの対戦になりますが、ホームでの戦績の良いオタワがピッツバーグにひと泡吹かせることができるでしょうか?

第3戦は、日曜日に行われます。

OttawaSenators_and_PittsburghPenguins@01.jpg
[シドニー・クロスビーの撃ったパックがクレイグ・アンダーソンを抜ける]

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 16:49| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラリサ・ヤーキュー カナダ女子スキー・チームから外れる

LarisaYurkiw@01.jpg直滑降のラリサ・ヤーキューが、カナダ女子スキー・チームから外れました。

それでも来年のソチ・オリンピックで代表になるべく自費でトレーニングを重ねカムバックを期しているようです。

ヤーキューは2009年に膝を怪我してから、1シーズンを滑り切ったのは1度しかありません。ワールド・カップでも20位以内に入っていないので、かなり苦しい戦いになることが予想されます。でも、心意気は買いたいですね!


LarisaYurkiw@01.jpg

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 16:19| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

エイドリアン・ブロディ エスケイプ

CarolineDhavernas@02.jpg『エイドリアン・ブロディ エスケイプ(Wrecked)』(2010)を見ました。

面白いです。でも、劇場に見に行った人がいるなら間違いなく怒ったのではと思います。
というのも、出てくる人物はエイドリアン・ブロディ主人公その人ただ一人だけで、ほとんど90分その演出を貫徹しているからです。相手役がいないので会話もなくたまにブロディーが発するひとりごとだけです。
面白いと思ったのは、映画が終わるその直前まで、なぜ主人公がこんな状況になったのかが明かされず、見る人は想像力を働かせてみるしかないからです。おかげで、騙されました(笑)。
映画製作者は、経費を節約できたかもしれませんが、ブロディーの演技力には参ります。
劇場に行ったり、DVDを買ったりしたら、損をしそうです。ブロディーのファンなら全く逆の話しになりますが。
まずはご覧あれ!

おっと、会話自体が皆無と言ってもいいので英語の教材には全く向いていません。
キャロリーヌ・ダベルナスも見れましたハート






(写真: キャロリーヌ・ダベルナス)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 15:19| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花咲く庭

NankingCherry@01.jpg英語メルマガ「Voice in Canada」緑の土地再考の紹介です。


☆☆緑の土地再考☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

The fruit of the garden has burst into bloom.
庭の果実がいっせいに花を咲かせ始めている。

Haskap@01.jpgAmong the first to break bud are the nanking cherry and the haskap.
つぼみを始めにほころばせ始めたもののなかには、ユスラウメとハスカップがある。

Haskap - an edible honeysuckle with very early fruit.
ハスカップ - 始めに果実をつける食用のスイカズラだ。

Plums were frilly with blossoms though there are starting to fade now. Same with the serviceberry. Not sure where to find these treasures in the wilds? This is a good time of 
Plum@01.jpgyear to spot them sticking out in their white finery often while the tree leaves are just unfurling.
プラムは花をひだ飾りのようにつけているが、今は最盛期を過ぎ始めている。ザイフリボク属も同じだ。これらの宝物を野生のどこで見つけれることができるのかは知らない。1年の今の時期は、木々の葉がちょうど広がり始めている時で、これらの白い美しい花が顔を出しているのを見つけるのにちょうどよい。

Serviceberry blossoms are falling.
ザイフリボク属の花は落ち始めている。
Serviceberry@01.jpg
Ribes has burst into its pale green blossoms such as the flat faced flowers of currants cascading. (say that five times fast)
スグリは、なだれ落ちるようなアカスグリの平たい花のように薄緑の花を一度に咲かせ始めている。


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

bloom = 花。
Ribe@01.jpgbud = 芽、つぼみ。
nanking cherry = ユスラウメ(バラ科サクラ属)。
edible = 食用の。
honeysuckle = スイカズラ(スイカズラ科スイカズラ属)。
frilly = フリルのついた、ひだ飾りのある。
serviceberry = ザイフリボク属。
stick out = 外に飛び出す。
finery = 派手な服、美しい装飾品。
unfurl = 広がる。
ribes = スグリ属。
currant = アカスグリの実。
cascade = 滝のように落ちる。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

カナダは今が、花の季節の始まりかもしれませんね。自分の庭園があれば素晴らしでしょうが、カナダであれば野生や公園でも十分に花を楽しむことができそうです。

NankingCherry@01.jpg
[ユスラウメ]
Haskap@01.jpg
[ハスカップ]

Plum@01.jpg
[プラム]
Serviceberry@01.jpg
[ザイフリボク]

Ribe@01.jpg
[スグリ]
☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 12:17| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

ザ・アイス The Ice

MalcolmStewart@02.jpg『ザ・アイス The Ice (Ice Road Terror)』(2011)を見ました。

アラスカのダイヤモンド鉱山でダイナマイトで岩を砕いた後にできた穴から伝説の人食いモンスターでてきて鉱山の労働者を次々に殺戮していくという物語です。2人のトラッカーが自然環境調査官と鉱山まで鉱山で使う爆発物を運び、モンスターに遭遇し逃げ出しながらも最終的には対決するという話です。
特殊撮影は2時代位前の技術かと思えるほど、チープでどうしようもありません。物語の設定も状況も映画として成り立たないのではないかというくらいお粗末ですが、それでも最後まで見させてくれます。やはり先が見えないストーリー展開と、危機的状況の中でも、男女の恋愛感情が描かれているからでしょうか?英語は北米英語で標準的。役者は良く話すのでこの手の映画としては英語教材に使えそうです。
カナダ人俳優マルコム・スチュワートもこの映画に出ていますが、鉱山の現場監督役の役柄ですが、モンスターに・・・。この後は、秘密です(笑)。






(写真: マルコム・スチュワート)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 20:52| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラクダの背なかをへし折った藁

HomeSchooling@01.jpg英語メルマガ「Voice in Canada」ウィンターズ家の一日の番外編です。


☆☆ウィンターズ家の一日☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

You know that expression "It was the straw that broke the camel's back?"
「ラクダの背なかを折る藁」というあの表現を知っているだろう。

Well, I'm the camel.
ところで、私がそのラクダなのだ。

And I'm still having a hard time processing that there really is a "maximum load" for what I am able to handle. But I've been forced to do so in the last few weeks. Since I'll have some time in a body cast while things work themselves out before I can heal, I guess I'll have some time to process everything. But it's still pretty fresh. (I'm hoping this post will help.)
そして、私が処理できることに「限界」が本当にあるのだということを飲み込むことにも今だに困難を感じている。だが、ここ数週間はそうすることを強制されているのだ。回復するまで体が自然に良くなっていく間、私は体幹ギプスをつけることになるので、すべてのことを処理する時間を持つことになるとおもう。まだ、始めたばかりなのだ。(この投稿が役に立つことを願っている。)

For anyone freaking out right now, this is a metaphorical body cast. I am physically as fine as I ever am. (Actually, better, since I'm 10 lbs. lighter than most of the last year, thanks to the Slique Experience diet I was on.)
今パニックになっている人のために言うと、これは喩としての体幹ギプスなのだ。私は肉体的には今まで通り健在だ。(実際には、今やっているスリーク・エクスピアリアンス・ダイエットのおかげで、昨年より10ポンド体重が減ったので、今まで以上に健康だ。)


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

body cast = 体幹ギプス。
work out = 満足のいく結果になる。
freak out = ものすごく怒る、心が乱れる。
metaphorical = 隠喩的な。


☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------------
Slique Experience
----------------------------------------------------------------
どのような、ダイエット・プログラムなのかは調べきれませんでした。すみません。(誰か知っていますか?)

----------------------------------------------------------------
It was the straw that broke the camel's back?
----------------------------------------------------------------
the straw that breaks the camel's back
今まで耐えていたことをすべてダメにする最後の一撃/できごと


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

新しく子供が生まれたことで、今までできていたホーム・スクーリング(学校の代わりに行う家庭での教育)が「藁」になったようです。
限界ぎりぎりまで理想を求める姿は素晴らしいですが、やはり物事には限界があるのかもしれませんね。

HomeSchooling@01.jpg

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 15:05| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

母の日のティー・パーティー

TeaParty@01.jpg英語メルマガ「Voice in Canada」の紹介です。

-----------------------------------

カナダのマニトバ州の湖畔の町、オーカービーチを、「氷の壁」が襲い、数十戸の家屋が損壊しました。
住宅を襲った氷の塊は最高で高さ9メートルにまで達し、コテージ27戸が破壊ないしは激しい損傷を受けました。幸いけが人は出なかったそうです。
氷のメカニズムに詳しいマニトバ大学土木工学科のジェイ・ドーリング氏によると、この一見奇妙な出来事は実は珍しいことではないそうです。「適切な条件が必要なだけ。沖合の氷、あまり巨大な氷床ではなく小さい破片が多いこと、それに強風だ。」
強風が沿岸に向けて氷を押し、勢いがついた氷は、陸に到達しても「そのまま突き進む。だが後方にもまだ氷があり、この地方は海岸線が緩やかなため、氷は押され続け、氷の上に氷が重なっていく」そうです。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. モムズタウン・ミルトン
2. Words & Phrases Today!
3. Today's Grammar?
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆モムズタウン・ミルトン☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

As the rain pitter-pattered outside, the momstown Milton families arrived for a Mother's Day Tea Party at The Dance Class.
外では雨がパラパラと音を立てている時に、モムズタウン・ミルトンの家族は母の日のティー・パーティーにザ・ダンス・クラスにやってきた。

Greeted warmly and enthusiastically by momstown Milton's very own mama, Sam Kassam-Macfie, who looked just like a princess; sparkly dress, tiara and all, the party was off to a great start! Little toddler feet scurried into the expansive party area with excitement as babes in buckets were carried in gently by their mamas. A quick first glance and it was plain to see, this tea party could only be described one way: we were in for a momstown Milton extravaganza! 
暖かく情熱的に、モムズタウン・ミルトン自身の母、王女様のように見える、きらきらと光るドレスやティアラそしていろいろなもので飾った、サム・カッサム−マクフィーに迎えられて、パーティーは素晴らしい始まりだった!小さなよちよち歩きの子供が、広々としたパーティーのスペースを興奮してよちよちと走り、バケツに入れられた赤ちゃんがお母さんに優しく運ばれてきた。初めにちらりと見ただけでこのパーティーがあるしかたでしか言い表せないのは明らかだった。私たちはモムズタウン・ミルトンの派手派手ショーにいるのだ!


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

pitter-patter = パタパタ音を立てる。
sparkly = きらきらひかる。
toddler = よちよち歩きの小児。
scurry = 小走りで急ぐ、ちょこちょこ走る。
expansive = 広々とした。
babe = 赤ん坊。
plain = 明白な。
glance = 一見、一瞥。
describe = 表現する。
extravaganza = 派手なショー。



☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------------
off to a great start
----------------------------------------------------------------
off to a good start (正しく始める)のバリエーションですね。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

少しは役に立つ内容でしたか?

思い思いに体を動かして遊べるように道具が揃えてある部屋もあれば、アートフルな作業で楽しめる部屋もあり、先生がみんなをダンスをさせたり、お話し会や、歌を歌う時間等盛りだくさんだったようです。
最後は、スナックとリフレッシュメントでおなかとのどを満足させ、ビンゴでしめるという豪華な母の日だったようです。


☆英語メルマガ☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 12:13| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルコム・スチュワート [ザ・アイス THE ICE]

MalcolmStewart@01.jpgきょうは、マルコム・スチュワートの誕生日です。

マルコム・スチュワートは、1948年にカナダのモントリオールで生まれたカナダ人俳優です(身長188cm: 笑)。

 

スチュワートが出ている『ザ・アイス The Ice(Ice Road Terror)』(2011)を見る予定です。

 

今まで、巨大モンスターが出てくる映画が面白かった経験はありませんが、今回は良い意味で裏切られることを願っています(笑)。

 

(写真: マルコム・スチュワート)

 

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club


posted by Bluejay at 11:19| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャロリーヌ・ダヴェルナス [エイドリアン・ブロディ エスケイプ]

CarolineDhavernas@01.jpgきょうは、キャロリーヌ・ダベルナスの誕生日です。
ダベルナスは、ケベック州モントリオールに1978年に生まれました。今日から1年35歳のカナダ人俳優です。

キャロリーヌ・ダベルナスは、映画館でもテレビでも、持ち前の美しさと才能それに身のこなしで注目を集めています。モントリオール生まれのダベルナスは、11歳の時にデビューした当時から評価の高い女優でハリウッド映画にも出ています。ゲモー賞を2つ受賞し、1つは『Zap』(1993)の演技で「若者シリーズの最高解釈賞」、2つ目は、『Tag』(2000)の演技で「最高助演賞」です。『Niagara Motel』(2005)では、ジニー賞の「最優秀助演女優賞」を受賞しています。

ダベルナスは、2004年に批評家からも評価されたFOXテレビのシリーズ『Wonderfalls』でアメリカのテレビ・デビューを果たし、ABCテレビ・シリーズ『オフ・ザ・マップ(Off the Map)』(2011)でも主演をはっています。また、M・ナイト・シャマランプロデュースの超自然スリラー『Devil』(2010)に出演し、『アラフォー女子のベイビー・プラン(The Switch)』(2010)でもジェニファー・アニストンジェイソン・ベイトマンと共演し、エイドリアン・ブロディー主演の『エイドリアン・ブロディ エスケイプ(Wrecked)』(2009)にも登場しています。第2次世界大戦についてのミニ・シリーズで2010年3月にアメリカのケーブル放送局から放送された『ザ・パシフィック(The Pacific)』において「ベラ・ケラー」として演じています。広く評価が高かった長編映画で、2009年にジニー賞で最優秀映画賞を受賞した『~ A Time of War ~ 戦争の十字架(Passchendaele)』(2008)にも出演しています。『アメリカを売った男(Breach)』(2007)では、クリス・クーパー「ライアン・フィリップ」Xと共演しています。2006年には『ハリウッドランド~Holywoodland~』(2006)でエイドリアン・ブロディの相手役を演じています。初めての長編映画『スティール(Thick as Thieves)』(1999)のあとには、『L'île de sable』(1999)が続きます。2003年のカンヌ映画祭に出された、イギリス人監督ピーター・グリーンウェイ『The Tulse Luper Suitcases, Part 1: The Moab Story』(2003)にも出演しています。

ダベルナスは、モントリオールとニュー・ヨークの間を行き来し活動を続けているようです。

 

キャロリーヌ・ダベルナスの映画では戦争映画が見たいのですが、今回は『エイドリアン・ブロディ エスケイプ(Wrecked)』(2009)を見てみようと思います。

 

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

posted by Bluejay at 11:15| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブリジット・バーコ [恋するハリウッド日記〜ジジは幸せアン・ハッピー!]

BrigitteBako@01.jpgきょうは、ブリジット・バーコの誕生日です。
バーコは、1967年にモントリオールで生まれたカナダ人俳優です。今日で46歳になりました。
バーコの母親は、ホロコーストを生きのびた人だそうです。恐ろしい過去を引きずっているのですね。

バーコの誕生日記念に『恋するハリウッド日記~ジジは幸せアン・ハッピー!~ (G-SPOT)』を見ます。評価が低いテレビ・シリーズでタイトルも苦肉の策か、情けないタイトルですが、自分的にはかなり面白いです。ブリジット・バーコが好きなのかもしれません。

 

 

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club


posted by Bluejay at 11:10| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

トロント第2ラウンド進出ならず!まさかの逆転負け [NHL]

JamesReimer@12.JPGトロント・メイプル・リーフスがまさかの逆転負けです。
ブルーインズの本拠地ボストンでのベスト・オブ・セブンの第7戦第3ピリオド残り時間約10分強で、トロントは4-1と3点をリードしていました。この時点でボストン・ファンは帰り始め、ブルーインズの選手たちも望みを失っているかのような様子でした。
ところが、ここから約10分の間にボストンは次々とゴールを決め、終了間際で追いついたのです。
そして、延長戦開始の6分5秒後にパトリス・バーゲロンが決勝ゴールをたたき入れました。

"It's tough to stay composed in a situation like that. We gave ourselves a very good 
BostonBruins@01.jpgchance to win this series and then we gave it away. It's that simple. We gave it to them." (Maple Leafs defenceman: Cody Franson)
「こんな状況で冷静でいるのは難しい。我々はこのシリーズをほぼ勝てる状況を作り出しておきながら、ボストンにくれてやったんだ。単純なのさ。ブルーインズにやったんだよ。」(メイプル・リーフス ディフェンス: コディー・フランソン)

"We're up two goals, it's not like I'm dancing in my crease. They came with some pressure and some desperation and they were able to sneal a few bounces in." 
(Toronto goalie: James Reimer)
「俺たちは2点リードしていたんだ。クリースの中で踊ってたわけじゃない。ボストンはプレッシャーと死に物狂いでやってきて何点か入れていったんだ。」(トロント ゴーリー: ジェイムズ・ライマー)

JamesReimer@12.JPG

TorontoMapleLeafsFan@02.JPG

TorontoMapleLeafsFan@01.JPG

BostonBruins@01.jpg

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 15:12| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケラム・マリッキ・サンチェス [セックス・カウントダウン]

KeramMalicki-Sanchez@01.jpgきょうは、ケラム・マリッキ・サンチェスの誕生日です。

ケラム・マリッキ・サンチェスは1974年にオンタリオ州トロントで生まれたカナダ人俳優です。39歳になりました。

ちなみに、身長は175cmです。

 

マリッキ・サンチェスは、俳優であるとともにミュージシャンでもあるのですが、それにとどまらず、メディアの権威でもあり、北米中でテクノロジーやソーシャル・メディア、テクノロジーと芸術の交錯の未来についてコンフェランスで話すことを求められることがあります。

マリッキ・サンチェスのプロとしての俳優デビューはトロントで興行した『Oliver!』のもので、各界から広く評価され、そのためか、同じ劇場で『Mame and Evita』の役も演じています。10歳の頃にはCBCのラジオ・ドラマの録音で忙しく、音楽界でも経歴を築き始め、様々なレコードで歌い、14歳の時には南アメリカでアルバムを出すまでになり、そのアルバムはメイジャー・レーベルとの契約で、うち2曲はラジオのヒット・チャートにものっています。14歳の時には、マーク・トゥエインの『王子と乞食』の舞台化での演技を評価されドラ・メイバー・ムーア賞(カナダのトニー賞)にもノミネートされています。

15歳の時、マリッキ・サンチェスはドラマの予告編でキース・ホワイトと出会い、ブルー・ドッグ・ピクトというバンドを作ります。このバンドでサンチェスは7年間リード・ボーカルを務めています。 ブルー・ドッグ・ピクトはアルバムを3枚売り出し、北アメリカをツアーし、大学ラジオ局数十局でヒット・チャートのトップ10に入っています。17歳の時にはフランクリン・ウォーターマン製作の『Catwalk』(1992)の主役としてポール・ポップウィッチニーブ・キャンベルと共演しています。

マリッキ・サンチェスは、コンスタント・チェンジ・プロダクションズ、独立系レコード・レーベル、映画製作会社を創設し、映画製作会社はサンチェスのバンドのビデオを2本作りました。そのうち1本は、ムックミュージック史上最大の要望を得たようです。サンチェスは『スキン・ディープ(Skin Deep)』(1995)の主役クリス・ブラックを演じ、ベルリン映画祭でピープルズ・チョイス賞を受賞し、1年後にはトロント映画祭でも公認映画になりました。サンチェスは『アメリカン・ヒストリーX(American History X)』(1998)、『Happy Campers』(2001)、『ジョンQ最後の決断(John Q)』(2002)、『パニッシャー: ウォー・ゾーン』『Texas Chainsaw Massacre 3D』等での役も演じています。

俳優であるだけでなく、トロント・スターのレニー・ストゥートが「文化的電撃戦の男」だとした男として、サンチェスの演技や音楽の演奏や、映画音楽、レコードのプロデュース、マルチメディアのデザインと製作、映画製作などへの関心は、視聴者や「狂信的と言えるところまで熱烈な」ファンを刺激し疑問を呈しています。

 

ケラム・マリッキ・サンチェスを見ようと思い『セックス・カウントダウン(Sex and Death 101)』(2007)を見ましたが、あれだけ特徴のある顔なのに誰の役で出ているのか確認できませんでした。ベータだと思っていたのですが見事にはずしました。

ともかく映画は、ある男(サイモン・ベイカー)が一生の間に関係をもつ女性の名前が101書かれているEメールを受け取り、101番目の女性との関係を極力避け始めるという話です。久しぶりに退屈な映画を見ました。どこがおもしろいのかさっぱり分からない映画です。時間がたつのが遅くて時計ばかり見てみた映画はこのところ経験はありません。

 





 

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club 


posted by Bluejay at 10:31| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

トロント・メイプル・リーフス プレイオフ ベスト・オブ・セブン第7戦へ!!

BostonBruins_and_TorontoMapleLeafs@03.jpgトロント・メイプル・リーフスが、プレイオフ準々決勝シリーズの3-1の崖っぷちからボストン・ブルーインズに追いつきました。
3-3で迎える第7戦、敵陣での決戦はどうなるのでしょうか?

この7シーズンほどプレイオフに出場すらできなかったトロントのファンにとっては、ひさびさの血肉の踊る戦いになりそうです!

"We know we're going to go into a hostile building [Monday] night in Boston. ... We 
BostonBruins_and_TorontoMapleLeafs@02.jpgknow the passion in their market and their fans. We've been there already, we know what we're heading to and we just have to make sure that we play the game to a higher level than we did tonight. Because we know they will." (Toronto coach Randy Carlyle)
「敵意むき出しのボストンの建物に月曜日の夜入っていくことになる。・・・彼らの市場での情熱もファンのことも知っている。そこにいたこともあるし、我々が何に向かっているのかも分かっている。我々は、ただ、今夜より高いレベルで試合をするようにするだけだ。相手もそうだということは分かっているからね。」(トロント コーチ: ランディー・カーライル)

カーライル!なんとなく不敵です!!

最終戦につなげた第6戦はトロントが第3ピリオドで2点を決め、1ゴールを決め追い上げるボストンを振り切りました。
この試合で14人目となるスタンリー・カップ デビュー選手ジョー・コルボーンが、うっかり試合前に出場の秘密を漏らしてしまっています。よっぽど嬉しかったのでしょう。

"He has to learn to shut his you-know-what." (Carlyle)
「コルボーンはあのな的なことに口をつぐむことを学ばないといかん。」(カーライル)

"It was like my first NHL game, when I was a basket case for the first period. Every shift is do or die. You feel if you don't get the puck out or make the right play that you let your teammates down."(Joe Colborne)
「第1ピリオドで何もできなかった時は、初めてNHLで試合をしたときみたいだったよ。交替はいつも死ぬか生きるかだ。パックを出せなかったり正しいプレーをしなかったら、チームメイトをがっかりさせることになるんだ。」(ジョー・コルボーン)

BostonBruins_and_TorontoMapleLeafs@03.jpg

BostonBruins_and_TorontoMapleLeafs@02.jpg

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 16:14| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャイアンツ、カブレラに感謝 [MLB]

サン・フランシスコ・ジャイアンツのマネージャー ブルース・ボッチ−が、チームがブルー・ジェイズと対戦するためにトロントに滞在しているあいだ、ブルー・ジェイズに移籍したメルキー・カブレラに、昨年のワールド・シリーズへの貢献に感謝するそうです。

カブレラは、昨年8月にテストステロンの検査の結果、登録選手から外されていますが、それまでは、打率3割4分6厘、本塁打11本、打点60点でナショナル・リーグトップの成績をあげオール・スターではMVPに選ばれています。

ブルース・ボッチ−は、カブレラにティファニーの指輪をプレゼントするそうです。

MelkyCabrera@02.jpg

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 11:06| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

きょうは、アーロン・エイブラムスの誕生日です・・・35歳おめでとう! [ヘンリー・アンド・ザ・ファミリー]

AaronAbrams@01.jpgきょうは、アーロン・エイブラムスの誕生日です。
アーロン・エイブラムスは、1978年にオンタリオ州トロントで生まれたカナダ人俳優です。

 

英ブラムスが出演している映画で今回見たものは、『ヘンリー・アンド・ザ・ファミリー(Jesus Henry Christ)』(2011)です。

天才少年試験管ベイビー ヘンリー(ジェイソン・スペバック)が、生物学上の父親を探してフェミニストのシングル・マザー パトリシア(トニー・コレット)や、オハラ博士(マイケル・シーン)とその娘オードリー(サマンサ・ワインシュタイン)を巻き込んでいくというお話です。

アーロン・エイブラムスは、精子銀行の看護師役だと思います。

いまひとつ分からない映画ですが、なんとなく微笑ましい家族の暖かさが伝わる映画です。

英語は標準的。英語への耳ならしには良いかもしれません。

 

アーロン・エイブラムスのトリビア

  • デポール演劇学校に通い、2001年に演劇美術学士として卒業しています。
 




 

(写真: アーロン・エイブラムス)

 

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

posted by Bluejay at 17:19| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。