2013年09月30日

エル・コルテス

『エル・コルテス(EL CORTEZ)』を見ました。以前のパソコンとともに失われたデータが回収できてないのでどのような背景で見たのかもわかりません。
どもかく、エル・コルテスは確かホテルの名前で、そのホテルを1人で切り盛りする男の話です。
そのホテルの利用者が絡んで男はある計画に引き込まれていくのですが、・・・という内容です。
今一つストーリーがつかめませんでしたが、主人公はこのホテルマン、そしてそれに絡む人間模様というところでしょうか。
すみません、かなり前に見たので良く覚えていません。
トレイラーはかっこよくまとまっていますが、入れ込んでみると実際の映画は物足りなく感じるかもしれないので念のため。


☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 23:24| バンクーバー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

サイコパス公園ゴルファー

ParkGolfer@01.jpg英語メルマガ「Society in Canada」の紹介です。

----------------------------------------------

BlackBerryは2014会計年度第2四半期に10億ドル近い損失を計上しましたが、それほど意外な内容ではありませんでした。
今回の決算発表に先立ち、BlackBerryは、注力の対象を消費者から企業顧客にシフトする中で従業員の約40%を削減すると述べていました。また、株式を非公開化するためにFairfax Financial Holdingsが統括する投資家グループを通じて47億ドル規模の買収を実施すると発表しています。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. News in Canada
2. カナダのニュース[解説]
3. Today's Words
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆News in Canada☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Moncton's so-called "Park Golfer" was arrested Friday afternoon, when he showed up uninvited at a news conference being staged by a man calling for the city to pass a bylaw banning the hitting of golf balls in city parks.

Mike Delahunt crashed the news conference called by area resident Fred Leidemer, who says he was assaulted by a golfer in the park on Saturday.

Delahunt took questions from reporters and stated, among other things, that he has been going to the park since he was three years old, he uses the park to practise juggling, he never uses a driver to hit golf balls, and his golf in the park keeps homeless people from taking it over.

- New Brunswick -

(CBCから抜粋)


☆☆カナダのニュース[解説]☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

モンクトンのいわゆる「公園ゴルファー」が、金曜日の午後に逮捕された。モンクトン市に対して公園でゴルフボールを打つことを禁じる条例を通すことを要求している男性が企画した記者会見に押し掛けた時のことだった。

マイク・デラハントは、土曜日に公園でデラハントに襲われたという、地域の住人フレッド・ライデマーが呼びかけた記者会見に押し掛けた。

デラハントは記者の質問を受け、発言の中では、自分は3歳の時から公園に行き、公園をジャグリングの練習のために使い、ドライバーでゴルフボールを打ったことはなく、公園でゴルフをすることでホームレスが公園を占拠することを防いでるとも言った。


☆☆Today's Words☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ボキャブラリーをふやそう!
so-called = いわゆる、俗に言う。
show up = 現れる。
stage = 企画する。
call for XXX = XXXを要求する。
ban = 禁止する。
bylaw = 条例。
crash = (招待されないのに)押しかける。
assault = 暴行を加える。
juggling = ジャグリング、トスジャグリング(複数の物を空中に投げたり取ったりを繰り返し、常に1つ以上の物が浮いている状態を維持し続ける技術)
take XXX over = 引き継ぐ | 支配する


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今週はいかがでしたか?

ライデマーさんは、奥さんにゴルフボールが当たりそうになったことからデラハントに立ち向かい腕の骨と歯を折られたそうです。
住民の苦情にも警察官の制止をも無視した結果の顛末でした。
本人はそれでも反省は全くしていないようです。

ParkGolfer@01.jpg

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 10:59| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Society in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

食べる景観

EdibleLandscaping@01.JPG英語メルマガ「Voice in Canada」の紹介です。

----------------------------------

業績不振が続くカナダの通信機器大手ブラックベリーが、筆頭株主の同国金融持ち株会社などで構成する企業連合に身売りすることで基本合意しました。スマートフォンの先駆けで、オバマ米大統領もお気に入りでしたが、米アップルなど後発組の攻勢で人気がガタ落ち。携帯電話で一時代を築いたフィンランドのノキアも業績悪化を受けて米マイクロソフト(MS)に携帯端末事業の売却を決めたばかり。変化の激しいスマホ市場の現状が浮き彫りにしています。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. 緑の土地再考
2. Words & Phrases Today!
3. Today's Grammar?
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆緑の土地再考☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

The condo board agreed that their landscaping - which consisted of some rough lawn, a few shrubs teetering on piles of dirt and perennials crowded in front of their entrance sign - needed a bit of freshening up. Resident Patricia suggested they try edible landscaping.
マンション管理委員会は、建物の景観(荒い芝と、土の山にゆらゆらと立っている何本かの灌木と、入口の立札の前に密生している多年草からなっているが)を少しきれいにする必要があることで合意した。パトリシア委員長は、食用の景観を試してみることを提案した。

Now, it is my suspicion that though everyone was more or less fine with the concept that they let Patricia go ahead with her unorthodox plan because she has an infectious enthusiasm. Sonia figured this meant some nasturtiums but was happy that it ended up being "more than I imagined."
さて、食用の景観という考えにみんなは多かれ少なかれ問題がなかったものの、パトリシアに風変わりな計画を進めさせたのは、パトリシアが周囲を感染させるような熱心さを持っていたからだというのが、私の受けた感じだ。ソニアはその計画はキンレンカを意味すると思っていたが「私が想像していたもの以上」に終わったのでうれしがっていた。


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

condo board = マンション管理委員会。
landscaping = 景観。
shrub = 低木(通常6m以下、枝が多い)。
teeter = 揺れる。
perennial = 多年生の。
edible = 食用の。
infectious = 人にうつりやすい、感染性の。
enthusiasm = 熱心、熱中、熱狂。
nasturtium = キンレンカ(ノウゼンハレン科の食用・観賞用の1年草)。
end up = 最終的な場所や位置に到達する。


☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------------
Now, it is my suspicion that though everyone was more or less fine with the concept that they let Patricia go ahead with her unorthodox plan because she has an infectious enthusiasm.
----------------------------------------------------------------
少しわかりにくい文章です。まず、なにが"it is my suspicion"なのか該当する要素がこの文にはありません。
次に" though everyone was more or less fine with the concept "の前後に"that"があるので、" though everyone was more or less fine with the concept "は、前文にかかるのか後の文にかかるのかわかりません。
おそらく後の"that"が不要で、次のような文が作者の意図であると思われます。
Now, it is my suspicion that, though everyone was more or less fine with the concept, they let Patricia go ahead with her unorthodox plan because she has an infectious enthusiasm.


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

少しは役に立つ内容でしたか?

マンション管理組合の要請を請け負って作業は始まりましたが、まる投げではなく、自分たちも庭づくりに加わってくれたそうです。プロの仕事にコミュニティーの味付けがきいた作業になたのですね。
出来上がったものは素晴らしい庭でした。

EdibleLandscaping@01.JPG

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
タグ: 食用植物
posted by Bluejay at 10:35| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

女性の地位と宗教

JulieMiville-Dechene@01.jpg英語メルマガ「Society in Canada」の紹介です。

---------------------------------------

カナダのムーア産業相は、同国のスマートフォン・メーカーのブラックベリーが身売りせず独立して事業を続けられるとの見方を示しました。
ブラックベリーは、政府当局者とようです。「産業省を通じて当局者に会い、今後の問題について協議した。ただ協議内容は報じられたものとは全く違うと思う」そうです。
産業相は「ブラックベリーには成長し、技術革新を進めるためカナダ人を雇用し続けてもらいたい。『アンドロイド』や『iOS』、『ウィンドウズ』への挑戦者となり、良い製品を作ってもらいたい」と指摘しています。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. News in Canada
2. カナダのニュース[解説]
3. Today's Words
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆News in Canada☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

The Quebec government is denying allegations that it's attempting to stack the deck in favour of its proposed charter of values.

Yesterday the chair of the council on the status of women complained four recent nominations to the group’s board of directors were hand-picked to support the government's controversial charter of values.

Julie Miville-Dech?ne said all of them are in favour of the charter that would see overt religious symbols banned for public sector workers.

The Minister responsible for the status of women Agn?s Maltais defends the government’s recent nominations.

"I did not pack the council,” she said.

- Montreal -

(CBCから抜粋)


☆☆カナダのニュース[解説]☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ケベック州政府は、政府が提案した価値憲章に都合のよいような取り計らいを行っているとの嫌疑の申し立てを否定している。

昨日、女性の地位評議会の議長が、評議会の役員への最近の4人の任命者が、議論の的となっている政府の価値の憲章を支援するためにお手盛りになっていると苦情を述べた。

ジュリー・ミービル=ドゥシェーヌは、4人全員が、公然とした宗教的な象徴を公務員に禁じる憲章に好意的だと言った。

女性の地位の責任者である大臣アニエス・マルテは、先頃の政府の任命を擁護した。

「私は評議会を固めようとはしていません」マルテ女史は言った。


☆☆Today's Words☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ボキャブラリーをふやそう!
allegation = 嫌疑の申し立て、主張。
stack the deck = 公平でない取り計らいをする。
in favour of XXX = XXXに都合のよいように。
charter = 憲章、宣言。
council = 協議会、評議会。
hand-pick = 自分で精選する、抜擢する。
controversial = 異論のある、容易に認められない。
overt = 公然の、あからさまな。
ban = 禁止する。
pack = (人・動物を)まとめる。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今週はいかがでしたか?

ヒジャブなどが禁止されると、イスラム教の女性が公務員になれなくなるというな心配だと思います。評議会ではの価値憲章に関しては意見が真っ二つに分かれているため、政府任命の役員にもある程度の意見の対立が期待されていて当然でしょう。
ドゥシェーヌ女史の心配は当然のような気がします。

JulieMiville-Dechene@01.jpg

(写真: ジュリー・ミービル=ドゥシェーヌ)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 18:35| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Society in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

レプリカ

『レプリカ(In Their Skin)』を見ました。いやな映画です。
映画自体はきちっと作ってありますが、こんな奴がいたら嫌だなと思わせる内容です。過去にサイコパスのおかげで1年以上不愉快な思いをしたからでしょうか。



☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
タグ:レプリカ
posted by Bluejay at 00:09| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

ディテンション

『ディテンション(Detention)』(2003)を見ました。アフガンで戦ったこともあるもと軍人が高校教師として、素行不良の生徒たちの居残り(detention)の監督役を務めているときに、高校を乗っ取った麻薬ギャングたちと闘うという物語です。

う〜ん、なんとも言えませんが、期待してみるとがっかりしそうです。でもそれなりの作りこみが少しは感じられる作品で、結末は「残念」もあるもののそれなりに評価できそうです。



☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 00:18| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

宇宙人と補聴器

HearingAide@01.jpg英語メルマガ「Voice in Canada」の紹介です。

-----------------------------

カナダのオリバー天然資源相は、カナダ西部のオイルサンド油田と米メキシコ湾岸の精製施設を結ぶパイプラインの建設計画について、米国側が年内に承認する可能性は低い、との見方を示したそうです。
米国務省は、環境保護団体が強く反対している同計画の環境審査をまだ終えていません。
オリバー天然資源相は、米国務省は環境影響報告書を年内に提出するとの見方を示しています。報告書はパブリックコメントの期間を経た後、提出されるようです。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. タニス・ミラー
2. Words & Phrases Today!
3. Today's Grammar?
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆タニス・ミラー☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

I won't lie; this back to school routine is kicking my arse. Between the school sports, the paper work, the never-ending lunch making, I'm about done with school. 
私は嘘はつかない。この学校に戻るお決まりの手順は私を完全に打ちのめしている。学校のスポーツ、書類の作業、終わることのない弁当の用意の間で、私は学校とは縁を切りそうだ。

You'd think after doing this for so many years I'd have mastered the art of parenting during the school year. Of course, you'd be wrong. I thrive on disorganization. Well, not really. I just can't seem to escape it.
もう何年もこの学校関係の作業をした後では、さぞかし私が学校時代の子育ての技術をマスターしていると思うかもしれない。もちろん、それは間違っている。私は混乱のおかげで勢いづいているのだ。えーと、その通りというわけではないが。ただ、そこから抜け出すことができそうにないだけなのだ。

It's been a particularly rough week around here. 
この辺りでは、特にきつい1週間だった。

Knox's ear went missing.
ノックスの耳が行方不明になったのだ。

Well, not his ear so much as his brand-new-only-11-months-old-so-not-really-brand-new-but-newish bionic hearing aide, but to be honest, it would be cheaper if he lost his actual ear and not just the insert.
まあ、ノックスの耳というよりも、新品で11カ月しかたっていないのでそれほど新しくもないが新しいっぽい生体工学の補聴器なのだが、正直言って、挿入物だけでななく本物の耳をなくしたほうが安上がりなのである。


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

routine = お決まりの手順、日常の仕事、日課。
kick one's arse = 徹底的に打ち負かす。
done with XXX = XXXとおしまいになる。
thrive on XXX = XXXのおかげで盛んに育つ。
disorganization = 乱雑、混乱。
escape = 逃げる。
particularly = 特に、とりわけ。
bionic = 生体工学の、(電子装置で)機能強化された、置換された。
hearing aide = 補聴器。
insert = 挿入物。


☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------------
特にありません。
----------------------------------------------------------------


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

少しは役に立つ内容でしたか?

補聴器はバスに乗っている1時間のうちに無くなったそうです。
数千ドルもする補聴器をなくしたおかげで、タニスさんは何度も叫んだり、口をとがらせたり、石を蹴ったりと忙しかったようです。子供がブラックマーケットで補聴器を売っていないか、宇宙人が新しい生物と間違えて宇宙船まで補聴器を持ち帰っていないか、犬が食べたのではないかと、いろいろな可能性を考えたそうですが、まだ見つかっていないようですね。

HearingAide@01.jpg

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
タグ:補聴器
posted by Bluejay at 10:27| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

クライム&ダイヤモンド

『クライム&ダイヤモンド(Who Is Cletis Tout?)』を見ました。もともと何のために見たのかも忘れてしまうほど前に見たので少し心もとないですが、それでも意外に面白かった事を覚えています。
クリスチャン・ステイラー演じるフォト・ジャーナリストのフィンチが、おそらく護身のために隠れていた刑務所でマジシャンで強盗のトビアス(リチャード・ドレイファス)と知り合い、トビアスが盗んで隠しておいたダイヤモンドを2人で脱獄して探しに行くという話です。トビアスの娘テス(ポーシャ・デ・ロッシ)がまた独特な身威力的な笑顔で素敵なのですが、話はフィンチとトビアス親子がらみで進んでいきます。
ところが映画の構成も少しひねってあって、映画はフィンチが映画好きのヒットマンに促されて今までの経緯を改装するという仕掛けになっています。
クリスチャン・ステイラーは、前にスティーブン・キングの『ドランのキャデラック』で見た時の印象が強く、好きな俳優ではなかったのですが、この映画では魅力を感じます!
ハート
今思いました。おそらくこの映画を見たのはジョセフ・スコーレンを見るためだったのですが、どこに出ていたのかは覚えていません(泣)。まあ、それだけ映画自体が面白かったということでしょう。

ということで、一度見てみることをお勧めします。そこそこの味わいがある映画だと思います。



☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

posted by Bluejay at 23:10| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

ジェイソン・スペッツァ

JasonSpezza@01.jpg英語メルマガ「Society in Canada」の紹介です。

-------------------------------------------

カナダ東部ケベック州で、公務員が宗教的な服装で勤務することを禁止する州法案が審議されることになり、最大都市モントリオールで、数万人が参加する大規模な抗議デモが行われた。
イスラム系移民が急増するカナダ(特に仏文化を尊重するケベック)ではの問題かもしれません。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. News in Canada
2. カナダのニュース[解説]
3. Today's Words
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆News in Canada☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

The Ottawa Senators have announced centre Jason Spezza as their new captain and veterans Chris Neil and Chris Phillips as the alternate captains.

The Senators were forced to choose a new captain after the departure of Daniel Alfredsson this summer.

Spezza, the second overall pick in 2001, was the NHL's fourth-leading scorer two seasons ago before missing most of last year due to back surgery. He has two years left on his contract that will pay him $7 million per season.

At the official announcement Saturday, Spezza said Ottawa has become his second home and it's given him a chance to mature in his career.

- Ottawa -

(CBCから抜粋)


☆☆カナダのニュース[解説]☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

オタワ・セネターズは、センターのジェイソン・スペッツァを新キャプテン、ベテランのクリス・ニールとクリス・フィリップスを代替キャプテンとして発表した。

セネターズは、今夏ダニエル・アルフレッドソンが去った後、新しいキャプテンを選ぶことを強いられた。

スペッツァは、2001年のドラフトで総合2位であったが、昨年のほとんどを背中の手術のために出ることができなかった前、2シーズン前には、NHLで4番目の得点王であった。スペッツァは1シーズンに700万ドル支払いがある契約をあと2年残している。

土曜日の公式の発表で、スペッツァは、オタワは第2の故郷となり自分の経歴において成長するチャンスを与えてくれていると言った。


☆☆Today's Words☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ボキャブラリーをふやそう!
veteran = ベテラン(経験が長くて豊かな人)。
alternate captain = 代替キャプテン。
force = 強要する、余儀なくさせる。
departure = 辞任、退任、退場。
pick = 選択された人。
miss = (機会を)逃す。
surgery = 手術。
contract = 契約。
mature = 成熟する、発達する。
announcement = 発表。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今週はいかがでしたか?

スペッツァは、家庭的な選手であるということがキャプテンに選ばれる理由の1つだったようです。自分の家族も幸せにしたいというマインドがないようだったら、チームも引っ張っていけないということでしょうね。
もう1つの理由は若い時の選手時代に障害を乗り越えるのに苦労したことがあるようです。困難を経験し切り開いた経験がなければ人に手を差し伸べることはむずかしいということでしょうか。

JasonSpezza@01.jpg

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 19:58| バンクーバー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Society in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

キット・キトリッジ アメリカン・ガール・ミステリー

『キット・キトリッジ アメリカン・ガール・ミステリー(Kit Kittredge: An American Girl)』を見ました。これも随分前に見たのですが、ご存知パソコントラブルのため、感想を書くことができなかったやつの一つです。

簡単な評価としてはGood!ですね。大好況の時のアメリカのある町(シンシナチ)の話です。新聞記者を目指す女の子キット・キットレッジが友達や家族の中で寂しさや不安と闘いながら「ちょっとした」冒険をします。
なにより、キット・キットレッジ(アビゲイル・ブレスリン)が可愛い!!ブレスリンは今でも可愛いですが、あんな女の子ならほしいです・・・。なんていったら、娘に怒られそうですが(笑)。

ほのぼのしたい人や暴力やサスペンス物にうんざりしている人には見て☆映画です。何となく、力をもらえますよ!





☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 22:42| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

アルマゲドン2011

『アルマゲドン2011(Meteor Storm)』を見ました。といってもかなり前です。
8月にパソコンが熱中症になり、XPの立ち上げもできない状態になったので、新しくコンピュータを買ったのですが、そんなこんなで書く時間もありませんでした。

それはさておき、「アルマゲドン」は明らかにミスノーマーです。聖書や世界最後の日に関係している印象を与えますが「meteor storm」の原題の通り、単純?な流星の地球激突のお話です。正確にいえば地球ではなく、サンフランシスコなのですが・・・。
記憶もすでに朧になっていますが、確か原爆も出てきたような気がします。

正直な感想はパニック物としては今一つ。それでも、見て損をしたなという感じはしませんでした。


☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 00:17| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

英雄伝説最終編

School@07.JPG英語メルマガ「Voice in Canada」の紹介です。

------------------------------------

福岡市のインターネット上の仮想行政区、カワイイ区の2代目区長に、福岡在住のカナダ人、ミカエラ・ブレスウェートさんが就任することになりました。
ミカエラさんは、宮崎県内の高校に留学した時に、日本の若者文化に魅了され、その後、福岡県や熊本県の英会話学校で講師をしながら日本語を学び、ユーチューブやブログなどで福岡の魅力を世界中に発信しています。
カワイイ区は、福岡の魅力をPRしようと高島宗一郎市長が肝いりで発足させました。区民は4万1,700人です(9月1日現在)。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. タニス・ミラー
2. Words & Phrases Today!
3. Today's Grammar?
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆タニス・ミラー☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Long ago, in a land far away (or rather, just meters from where I currently sit), a great saga was about to start. An epic journey (of sorts) began. It entailed many bagged lunches, forgotten permission slips and tears over homework.
ずっと以前、遠いところで(あるいは、むしろ、私が今座っているところからたった数メートル先で)偉大な英雄物語が始まろうとしていた。壮大な旅(のようなもの)が始まった。その旅には、多くの弁当や、もち忘れた許諾書、ホームワークで流した涙が伴った。

It was the start of the school years.
それは、学校時代の始まりだった。

When it began, all those years ago, it looked like this: 
[A picture of two 6-7years old siblings standing together]
そんな年月を遡ると、始まった時は、こんな感じだった。
[6-7歳の姉と弟が一緒に立っている写真]
 
Now, with a senior beginning her quest for the end, it looks like this: 
[A picture of a sister huggng her brother who outgrows her]
最後の旅を始めた高校最上級生がいる今は、こんな感じだ。
[姉が身長を追い越した弟に抱きつている写真]
 
Of course, in between it mostly looks like this:
[?????]
もちろん、そのあいだは、ほとんどこんな感じだった。
[?????]
 
What? YOU try taking first day of school pictures with these hoodlums. It's impossible I tell you. Impossible.
え?こんなゴロツキ達の学校の初日の写真を取ろうとしているの。できっこないと思うわ。できっこない。


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

rather = むしろ、もっと適切に言えば。
saga = 英雄物語、武勇伝。
epic = 叙事詩的な、壮大な、英雄的な。
XXX of sorts = XXXのようなもの(XXXのようではあるが劣っているもの)。
entail = 伴う、必要とする。
permission slip = 許諾書、同意書。
senior = (高校・大学の)最上級生。
quest = 探索、追求、(中世物語の)冒険の旅、遠征。
hoodlum = ギャング、不良少年。
I tell you = 私はこう考える。


☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------------
YOU try taking first day of school pictures with these hoodlums.
----------------------------------------------------------------
YOU try taking first day school pictures with these hoodlums.
とうことでしょう。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

少しは役に立つ内容でしたか?

子供の巣立ちを見ていると頭が混乱するのか、本当は、高校3年の姉の方は今年卒業するそうです。

School@07.JPG

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
タグ:学校時代
posted by Bluejay at 11:50| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

トロント地下鉄延長計画運転手不在!?

KarenStintz@01.jpg英語メルマガ「Society in Canada」の紹介です。

---------------------------------------

カナダ銀行(中央銀行)は、政策金利を予想通り1%に据え置きました。利上げ時期が依然遠いことを示唆しています。
「国内経済にかなりの緩みが存在し、インフレ見通しが抑制され、家計部門の不均衡の動向が建設的に進展し続ける限り、現在実施されている著しい金融刺激は引き続き適切となる」とのことです。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. News in Canada
2. カナダのニュース[解説]
3. Today's Words
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆News in Canada☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Toronto Transit Commission Chair Karen Stintz is seeking "clarity" from Metrolinx on the proposed $1.4 billion extension of the Bloor-Danforth subway line to Scarborough Town Centre.

In a letter sent to the Crown agency's Chair J. Robert S. Prichard, the city councillor lists off several points that she'd liked answered so that city staff can study the proposed plan.

Earlier this week Transportation Minister Glen Murray said the province would fund the 6.4-kilometre subway extension along the existing Scarborough RT line.

"Minister Murray's plan will be studied by the TTC to ensure that it is technically feasible and to assess any impact on the operation of the extended Bloor-Danforth Line," said Stintz in her letter.

- Toronto -

(CBCから抜粋)


☆☆カナダのニュース[解説]☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

トロント交通局局長カレン・スティンツは、ブロア−ダンフォース地下鉄路線をスカボロ・タウン・センターまで14億ドルかけて延長する提案に関し、メトロリンクスに「明瞭性」を求めている。

この公的機関の長J・ロバート・S・プリチャードに送った手紙には、スティンツ市議が市の職員が提案の計画を精査できるように答えてもらいたいと思っている点を何点か1つ1つ述べてある。

今週の始め、運輸大臣グレン・マレーは、現在もあるスカボロ急行線沿いに地下鉄を6.4km延長する資金を州が提供すると言った。

「マレー大臣の計画は、トロント交通局が精査し、技術的に可能であるのかを確認し、ブロア−ダンフォース線の営業に与える影響を評価する」と、スティンツはその手紙で言っている。


☆☆Today's Words☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ボキャブラリーをふやそう!
chair = 権威者の地位、職。
seek = 探し求める、得ようとする、求める。
extension = 延長、増築、建て増し。
Crown agency = 公営代理店。
city councillor = 市会議員。
list off = リストの項目を1つ1つ読み上げる。
ensure = 確実にする。
feasible = 実現可能な、実行できる。
assess = 判断する、評価する。
operation = 操業、運営、営業。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今週はいかがでしたか?

地下鉄の延長計画は、現在誰がリーダーシップを持っているのか分からない状態だそうです。
なおかつ、予算を30%超え、連邦政府からの交付金を期待しているそうですが、連邦の運輸大臣の耳には何も届いていないそうです。
トロント交通局カレン・スティッツが、「まった」をかけたような形になっているみたいですね。

KarenStintz@01.jpg

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 09:54| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Society in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

幽霊と夜中に突然いなくなる犬の関係

Ghost@01.jpg英語メルマガ「Voice in Canada」の紹介です。

----------------------------------------

カナダのスマホ・メーカー、ブラックベリーは、「ニッチ企業」としての地位を確立できるかもしれないそうです。同社取締役会内の特別委員会のメンバーが語りました。ただ、売却すべき部門もあり、また業界で生き残りを望む場合には技術革新にかかる高額な費用をどのように負担するかといった問題を解決していく必要があるようです。
ブラックベリーは、スマホ市場の黎明期にメーカーの草分けとしての地位を築きましたが、ここ数年間で市場シェアと時価総額が激減しました。賭けのようなOSと数機種の新型スマホの導入は、どれも失敗だったようです。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. タニス・ミラー
2. Words & Phrases Today!
3. Today's Grammar?
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆タニス・ミラー☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

This past week I was convinced a mischievous ghost was haunting my house.
この1週間、私の家にいたずら好きな幽霊がやってきているとと確信した。

Weird things were happening. It was subtle at first; so much so that I hardly noticed it at first but one morning, at around 6 am, I realized something was out of place when I opened my eyes.
不可思議な事柄が起きていたのだ。初めは微妙だった。それほど微妙だったので、初めはほとんど気がつかなかったのだが、ある朝、朝6時くらいに目を開けた時に何かがないことに気付いたのだ。

I woke up and the first thing I saw wasn't this:
私は目を覚まし、初めに見たものはこれではなかった。

[A dog's photo.] 
[犬の写真]

There was no giant dog with his head on my bed, breathing moist warm dog breath right into my face in an effort to wake me up. In fact, there was no giant dog anywhere in my bedroom.
私のベッドに頭を載せて、私を起こそうと顔に湿った温かな犬の息をまともに吹きかけている巨大な犬がいなかったのだ。実際、私の寝室には例の巨犬はどこにもいなかったのだ。


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

convince = 納得させる、確信させる。
mischievous = いたずら好きな。
haunt = (幽霊などが)よく現れる、出没する。
weird = 異様な、不可思議な。
subtle = 微妙な。
so much so = それほどの程度まで。
out of place = 適切な場所にない。
moist = 湿った、湿気のある。
breath = 息、呼気。
in fact = 実際に、実は。


☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------------
特にありません。
----------------------------------------------------------------


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

少しは役に立つ内容でしたか?

その後犬は毎夜毎夜消え去ったそうです。ドアは閉まり朝になると外で中に入れてもらうのを待ちながら。
下着泥棒や幽霊の可能性を信じ始めた時、謎は解けました。
犬がドアの開け方を覚えて「外出」していたそうです。ただ、外からは開けられなかっただけの理由でした。

Ghost@01.jpg

(写真: 本文とは無関係)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
タグ:幽霊
posted by Bluejay at 07:50| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

スーパークロール

TimPotocic@01.jpg英語メルマガ「Society in Canada」の紹介です。

---------------------------------------

カナダ統計局が発表した2013年第2・四半期の国内総生産伸び率は年率1.7%と、前四半期の2.2%から伸びが鈍化しました。
また、6月のGDPは予想と一致の0.5%減。半年ぶりのマイナス成長となりました。アルバータ州での洪水やケベック州での建設労組によるストライキなどが響いたようです。
消費支出が0.9%増と、2年半ぶりの大幅な伸びとなり、成長に寄与したそうです。自動車購入のほか、アルバータ州を襲った洪水に伴う保険金請求が増加したことが背景にあります。
政府支出も成長率押し上げに寄与する一方、民間設備投資、純輸出、在庫が重しとなった。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. News in Canada
2. カナダのニュース[解説]
3. Today's Words
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆News in Canada☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

In four years, Supercrawl has blown up in a way few people expected.

In 2009, the downtown music and art festival started with fairly modest beginnings - 4,000 people, a couple of stages and one single block closed to car traffic.

But that number grew fast. Last year, 80,000 people came downtown to see K'naan and a host of other bands, while wandering through the art installations lining James Street. This year it will be even bigger, covering more ground with a new waterfront stage.

'If we started this eight years ago, I don't think we would have seen the growth. The stars aligned.'-Tim Potocic, organizer

- Hamilton -

(CBCから抜粋)


☆☆カナダのニュース[解説]☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

4年間に、スーパークロールは、ほとんどん人が予測しなかったような仕方で爆発的に伸びた。

2009年には、このダウンタウンの音楽とアーツのお祭りは、まあまあ控えめな始まりで開始した − 4,000人、いくつかのステージ、そして車両通行を止めた1街区だけだった。

だが、その数字は急速に伸びた。昨年は、8万人の人が、ケイナーンや多数のほかのバンドを見にやってきて、ジェイムズ・ストリートに並んでいる美術展示品の間をさまよった。

「8年前に始めていたら、今のような成長は見なかっただろうと思う。スターが協力したんだ。」 − 主催者ティム・ポトウチック


☆☆Today's Words☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ボキャブラリーをふやそう!
blow up = 爆発する。
expect = 予期する、予想する。
fairly = かなり、まあまあ。
modest = 控えめな、遠慮がちな。
block = 一区画、街区(約50メートル四方)。
host = 大勢、多数。
installation = (芸術作品の)展示、設置(物)、展覧(品)。
waterfront = 海岸(湖岸)通り、波止場地区。
align = 提携する、団結する。
organizer = 主催者。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今週はいかがでしたか?

スーパークロールの成功には、ポトウチック氏の綿密な計算があったようです。バンドの選定、バンドそれぞれの口コミ効果、などなど。そのおかげで、ポトウチック氏の睡眠時間はほとんどなく60時間はほとんど寝ないそうです。

TimPotocic@01.jpg

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 20:11| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Society in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。