2008年09月20日

アイク

英語メルマガ「Voice in Canada」の最新刊(2008年9月17日)の紹介です。

---------------------------------------

リーマン ブラザーズの経営破たんは大きな衝撃を各界にもたらしているようです。

様々な問題が噴出している中、各国政府、そして我々市民も社会の仕組みの在り方運営の仕方を考える時に来ているのかもしれませんね。

  

CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1. 神経症カナダ

2. Words & Phrases Today!

3. Today's Grammar?

CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

☆☆神経症カナダ☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

Southern Ontario was due to get the remnants of Ike last night. Heavy rain and wind warnings lingered throughout the day. But in typical Southern Ontario fashion, it was all for naught.

南オンタリオは昨夜アイクの名残を受けるはずだった。暴風警報は一日中解かれなかった。けれども、よくある南オンタリオ流に、まったく無駄だった。

 

We got wind (the atmospheric kind, not the other) that came from just the right direction to rattle the attic all night, but the rain was nothing out of the ordinary. No floods, no plagues of locusts, Nuthin’. I feel strangely cheated.

そうあるべき方角から風(気象の風で、他のものではない)があり、一晩中屋根裏をカタカタ言わせたが、雨は普通の雨だった。洪水なし、イナゴの大襲来もなし、なにもなし。

不思議にも騙されたような感じがした。

 

Speaking of Ike, if you got an official, mandatory evacuation warning that told you that you faced almost certain death if you didn’t clear out, would you not leave? I’m thinking that all those idiots who chose to ride out the storm down Galveston way, only to be plucked from their rooftops by helicopter should be given a bill for the ride.

アイクのことと言えば、もし、立ち去らなければほぼ間違いなく死に直面するという、公式な強制避難警告を受けたら、立ち去らないだろうか?あの嵐をガルベストン島でのように乗り切ることを選び、ヘリコプターで屋根から拾い上げられた、あのバカ者ども全員が、ヘリコプター代を請求されるべきだと思っている。

  

☆☆Words & Phrases Today☆☆!□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

linger                    = 居残る、いつまでもいる、なかなか消えない。

naught                  = ゼロ、零。

atmospheric          = 大気中の、大気による。

rattle                     = ガタガタ鳴らす、ガタガタと動かす。

attic                      = 屋根裏、屋根裏部屋。

plague                  = 大襲来、異常大発生。

locust                   = バッタ、イナゴ。

mandatory            = 義務的な、強制の、命令の。

evacuation            = 避難。

clear out               = 立ち去る。

ride out                 = (船が暴風を)乗りきる、(困難などを)乗り越える。

  

☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

----------------------------------------------------------------

got wind (the atmospheric kind, not the other)

----------------------------------------------------------------

wind には「おなら」という意味もあるので、冗談めかして注釈しています。

 

----------------------------------------------------------------

Nuthin’

----------------------------------------------------------------

勿論、Nothing. 発音的にはNuthin' なのでしょう。

  

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

少しは役に立つ内容でしたか?

 

アイクは、この間の913日に、テキサス州ガルベストンに上陸したハリケーンですね。

いくら弱まっているとはいえ、ハリケーンが北米大陸を北上してカナダまで到達しているとは驚きです。

南オンタリオでのハリケーンの猛威は空振りに終わりましたが、それに乗じたガソリンか価格の値上げには怒り心頭だったようです。

 
(写真: オンタリオ博物館)

 

飛行機英語とカナダの日々飛行機 @ World Communities Club
posted by Bluejay at 14:58| バンクーバー ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然のコメント失礼致します。
勝手ながら私どものサイトからこの記事へリンクをさせていただきました。
http://sirube-note.com/english/

もしよろしければ、こちらのページより相互リンク登録もしていただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/english/link/register/
現在のページからのリンクは一定期間の予定ですが、よろしくお願い致します。
(自動書込のため、不適切なコメントとなっていましたら申し訳ございません)
token:mNThg5zK
Posted by sirube at 2008年09月20日 15:17
こんにちは。寄ってみました。ステキなブログですね。
私のブログも覗いてみてください。
Posted by grace at 2008年09月21日 10:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。