2009年08月22日

スキャナー・ダークリー

カナダ人俳優キアヌ・リーブズが2006年に出演した『A Scanner Darkly(スキャナー・ダークリー)』は、いやいやながらおとり麻薬捜査官をしているうちに、麻薬漬けとなり、警察と麻薬の売人という二重の生活もさることながら、現実と妄想の世界を彷徨う世界を描いているそうです。
全編アニメと実写を重ね合わせたこの映画はデジタルトロスコープアニメーションという技法を使っているようです。面白そうな映画ですが、気味も悪そうなのでちょっと躊躇する映画です。
下のクリップは、実写だけなのですが、もう十分に「気味が悪い」ですね。。。


☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 11:14| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

30日で英語耳になる方法
Excerpt: 今日は、「30日で英語耳になる方法」についてお話したいと思います。 私もこの方法...
Weblog: 厳選電子ブック
Tracked: 2009-09-03 12:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。