2011年01月12日

馬と父の教え

Horse@01.JPG

英語メルマガ「Voice in Canada」の紹介です。

 

---------------------------------------------------------

 

次期NHK会長の人事が混迷しているようです。現会長の任期満了がもう2週間もない所に来て、次期会長候補者から就任拒絶を受けたようです。

最近は、NHKの質も回復していきたと思っていただけに、経営陣の混乱は少し驚きです。

 

 

CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1. 赤首母さんの攻撃

2. Words & Phrases Today!

3. Today's Grammar?

CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

☆☆赤首母さんの攻撃☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

When I was 11 I was kicked square in theface by a horse. As fate would have it, that horse probably knockedsome sense into me but that’s neither here nor there.

11歳の時、私は馬に顔を正面から蹴られた。あの馬は、たぶん、私にまともな考えをたたき込みたかったのだろうが、結局は、その教訓はどこにも見当たらない。

 

The important part of this story is whathappened after I flew twenty feet through the air and landed in a haypile, stood up dizzily and noted the ground by my feet was slowly turning redfrom the blood pouring out my

face and then found myself stuffed intoa vehicle to be raced to a small town hospital’s emergency room all thewhile being told they may have to amputate my face by my also 11-year-oldbest friend while I couldn’t even

remember what had happened to me.

この話の重要な部分は、私が5~6mも飛ばされて、わらの山に落下し、ふらふらと立ちあがり、顔から噴き出している血で足元の地面がゆっくりと赤く変わっていくのに気がつき、小さな街の緊急治療室へと車に詰め込まれ急いで向かっている間中、何が自分に起きたのかも思い出せない中、やはり11歳の友達が私の顔は切断しなければならないかもしれないと言われた、その後の事だ。

 

 

☆☆Words &Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

square                                              =直接に、まっすぐに。

as fate would have it                         = ふたを開けてみると。

knock some sense into XXX              = XXX が馬鹿な事をしないように厳しい仕方で教える

land                                                  =着地する。

hay                                                   =わら。

dizzily                                               =ふらふらとして。

pour out                                            =ほとばしり出る。

stuff                                                 =詰め込む。

vehicle                                              =乗り物。

amputate                                          =四肢を切断する。

 

 

☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

----------------------------------------------------------------

特にありません。

----------------------------------------------------------------

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

少しは役に立つ内容でしたか?

 

この事故の後、父親に電話で何とか無事でいると報告したそうです。

自分の事を心配していたわってくれるという甘え心からだったそうですが、父親の態度は冷たく、「なぜ、馬の後ろに回るような馬鹿な真似をしたのか」という詰問をされたようです。

行動には結果が伴う、だから結果を良く考えて行動しろという教訓だったと今では理解しているようですが。

 

(写真: 蹴られないように顔をあまり近付けないでください!)


☆英語メルマガ☆ @ World Communities Club

ラベル: 教訓
posted by Bluejay at 10:34| バンクーバー ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヴィクトリアマイルのデータ満載!オッズ・枠順・出走馬情報!弊社が収集した極上データを惜しみなく公開!最新の情報を現地からお届けします!勝ちにいく予想はここから
Posted by ヴィクトリアマイル at 2011年05月05日 06:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。