2013年09月18日

宇宙人と補聴器

HearingAide@01.jpg英語メルマガ「Voice in Canada」の紹介です。

-----------------------------

カナダのオリバー天然資源相は、カナダ西部のオイルサンド油田と米メキシコ湾岸の精製施設を結ぶパイプラインの建設計画について、米国側が年内に承認する可能性は低い、との見方を示したそうです。
米国務省は、環境保護団体が強く反対している同計画の環境審査をまだ終えていません。
オリバー天然資源相は、米国務省は環境影響報告書を年内に提出するとの見方を示しています。報告書はパブリックコメントの期間を経た後、提出されるようです。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. タニス・ミラー
2. Words & Phrases Today!
3. Today's Grammar?
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆タニス・ミラー☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

I won't lie; this back to school routine is kicking my arse. Between the school sports, the paper work, the never-ending lunch making, I'm about done with school. 
私は嘘はつかない。この学校に戻るお決まりの手順は私を完全に打ちのめしている。学校のスポーツ、書類の作業、終わることのない弁当の用意の間で、私は学校とは縁を切りそうだ。

You'd think after doing this for so many years I'd have mastered the art of parenting during the school year. Of course, you'd be wrong. I thrive on disorganization. Well, not really. I just can't seem to escape it.
もう何年もこの学校関係の作業をした後では、さぞかし私が学校時代の子育ての技術をマスターしていると思うかもしれない。もちろん、それは間違っている。私は混乱のおかげで勢いづいているのだ。えーと、その通りというわけではないが。ただ、そこから抜け出すことができそうにないだけなのだ。

It's been a particularly rough week around here. 
この辺りでは、特にきつい1週間だった。

Knox's ear went missing.
ノックスの耳が行方不明になったのだ。

Well, not his ear so much as his brand-new-only-11-months-old-so-not-really-brand-new-but-newish bionic hearing aide, but to be honest, it would be cheaper if he lost his actual ear and not just the insert.
まあ、ノックスの耳というよりも、新品で11カ月しかたっていないのでそれほど新しくもないが新しいっぽい生体工学の補聴器なのだが、正直言って、挿入物だけでななく本物の耳をなくしたほうが安上がりなのである。


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

routine = お決まりの手順、日常の仕事、日課。
kick one's arse = 徹底的に打ち負かす。
done with XXX = XXXとおしまいになる。
thrive on XXX = XXXのおかげで盛んに育つ。
disorganization = 乱雑、混乱。
escape = 逃げる。
particularly = 特に、とりわけ。
bionic = 生体工学の、(電子装置で)機能強化された、置換された。
hearing aide = 補聴器。
insert = 挿入物。


☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------------
特にありません。
----------------------------------------------------------------


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

少しは役に立つ内容でしたか?

補聴器はバスに乗っている1時間のうちに無くなったそうです。
数千ドルもする補聴器をなくしたおかげで、タニスさんは何度も叫んだり、口をとがらせたり、石を蹴ったりと忙しかったようです。子供がブラックマーケットで補聴器を売っていないか、宇宙人が新しい生物と間違えて宇宙船まで補聴器を持ち帰っていないか、犬が食べたのではないかと、いろいろな可能性を考えたそうですが、まだ見つかっていないようですね。

HearingAide@01.jpg

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
タグ:補聴器
posted by Bluejay at 10:27| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375122199

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。