2013年09月22日

女性の地位と宗教

JulieMiville-Dechene@01.jpg英語メルマガ「Society in Canada」の紹介です。

---------------------------------------

カナダのムーア産業相は、同国のスマートフォン・メーカーのブラックベリーが身売りせず独立して事業を続けられるとの見方を示しました。
ブラックベリーは、政府当局者とようです。「産業省を通じて当局者に会い、今後の問題について協議した。ただ協議内容は報じられたものとは全く違うと思う」そうです。
産業相は「ブラックベリーには成長し、技術革新を進めるためカナダ人を雇用し続けてもらいたい。『アンドロイド』や『iOS』、『ウィンドウズ』への挑戦者となり、良い製品を作ってもらいたい」と指摘しています。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. News in Canada
2. カナダのニュース[解説]
3. Today's Words
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆News in Canada☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

The Quebec government is denying allegations that it's attempting to stack the deck in favour of its proposed charter of values.

Yesterday the chair of the council on the status of women complained four recent nominations to the group’s board of directors were hand-picked to support the government's controversial charter of values.

Julie Miville-Dech?ne said all of them are in favour of the charter that would see overt religious symbols banned for public sector workers.

The Minister responsible for the status of women Agn?s Maltais defends the government’s recent nominations.

"I did not pack the council,” she said.

- Montreal -

(CBCから抜粋)


☆☆カナダのニュース[解説]☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ケベック州政府は、政府が提案した価値憲章に都合のよいような取り計らいを行っているとの嫌疑の申し立てを否定している。

昨日、女性の地位評議会の議長が、評議会の役員への最近の4人の任命者が、議論の的となっている政府の価値の憲章を支援するためにお手盛りになっていると苦情を述べた。

ジュリー・ミービル=ドゥシェーヌは、4人全員が、公然とした宗教的な象徴を公務員に禁じる憲章に好意的だと言った。

女性の地位の責任者である大臣アニエス・マルテは、先頃の政府の任命を擁護した。

「私は評議会を固めようとはしていません」マルテ女史は言った。


☆☆Today's Words☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ボキャブラリーをふやそう!
allegation = 嫌疑の申し立て、主張。
stack the deck = 公平でない取り計らいをする。
in favour of XXX = XXXに都合のよいように。
charter = 憲章、宣言。
council = 協議会、評議会。
hand-pick = 自分で精選する、抜擢する。
controversial = 異論のある、容易に認められない。
overt = 公然の、あからさまな。
ban = 禁止する。
pack = (人・動物を)まとめる。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今週はいかがでしたか?

ヒジャブなどが禁止されると、イスラム教の女性が公務員になれなくなるというな心配だと思います。評議会ではの価値憲章に関しては意見が真っ二つに分かれているため、政府任命の役員にもある程度の意見の対立が期待されていて当然でしょう。
ドゥシェーヌ女史の心配は当然のような気がします。

JulieMiville-Dechene@01.jpg

(写真: ジュリー・ミービル=ドゥシェーヌ)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 18:35| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Society in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375495314

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。