2013年10月19日

血のバレンタイン

『血のバレンタイン(My Bloody Valentine)』(1981)を見ました。2009年版ではありません。念のため。といっても随分前なのではっきりは覚えていませんが。
炭鉱の町で起きる殺人事件の話です。犠牲者はつるはしで殺され、心臓だけ取り出され、次の犠牲への「警告」として使われます。

時代が変わったせいか、当時ではそれなりにサスペンスだったのかもしれませんが、現代では、中級の「下(笑: すみません)」のサスペンス映画だと思います。時代の進展を感じます。



☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 00:04| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376236295

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。