2013年10月02日

ハブリトジアの種

Hablitzias@01.jpg英語メルマガ「Voice in Canada」の紹介です。

--------------------------------------

国境なき医師団(MSF)は、新会長にジョアンヌ・リュー医師を迎えました。
「現場の医療活動や活動プログラムの運営といった、リュー医師のMSFにおける幅広い経験と、患者が常に中心であると考える情熱が、今後MSFの進むべき道の足固めとなるでしょう」と期待されています。
リュー氏は、カナダのケベック出身。マギル大学医学部で学び、ニューヨーク大学医学部の小児救急医療フェローを経て、マギル大学ヘルス・リーダーシップ国際修士課程修了。現在、モントリオール大学准教授を務めるほか、上海の復旦大学での教職歴もあります。
リュー医師のMSFへの初参加は、1996年。モーリタニアのマリ人難民を対象とした活動を行っています。
その後、スマトラ島沖地震による津波被害を受けたインドネシア、ハイチの大地震とコレラ流行に見舞われた人びと、そして、ケニア国内のソマリア人難民への援助に従事。コンゴ共和国の性暴力被害者に包括的な医療ケアを提供する先駆的なプログラムの立ち上げにも参加しています。また、パレスチナ、中央アフリカ共和国、スーダンのダルフール地方など紛争地での活動経験も豊富にあるようです。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. 緑の土地再考
2. Words & Phrases Today!
3. Today's Grammar?
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆緑の土地再考☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Have you heard? My Hablitzias have set seed and they look good! You haven't heard? That surprises me considering how loud I shouted when I discovered it but maybe you were listening to music or something or mistook me for an angry raven. Anyhow, on the off chance, you haven't heard:
聞いた?私のハブリトジアが種を実らせてそれがいい感じなのよ!聞いてないの?私が種をを見つけた時どれだけ大きな声で叫んだかを考えればおかしいわね。たぶん音楽か何かを聴いていたか、私をおこっているカラスと間違えたのかもしれないわ。それはともかく、万が一聞いていないなら:

"My Hablitzia tamnoides gave me seed!!"
「私のハブリトジアが種をくれたのよ!!」

You don't know what I'm talking about? Spinach from the Caucasus? Perennial, shade tolerant green? Our friend Habby. Stephen Barstow is always going on about it.
私が言っていることが分からない?コーカサス山のホウレンソウ?多年生で耐陰性の青野菜?友達のハビー。スティーブン・バーストウはいつもハブリトジアのことを言い続けているわ。

Stephen? Extreme salad man? Okay so now you're intrigued.
スティーブン?極端なサラダ男?それなら、今は、興味をそそられるでしょう。


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Hablitzia tamnoides =ハブリトジア属(ヒユ科の多年草: ホウレンソウのような食用の葉をもつ)。
raven = カラス、ワタリガラス。
anyhow = いずれにせよ、どうせ、とにかく。
on the off chance = 万が一、可能性はあるがまずありえない。
spinach = ホウレンソウ。
the Caucasus = コーカサス山脈。
perennial = 多年生の。
shade tolerant =耐陰性(弱い光のもとでも生育できる性質)。
go on = 継続する、し続ける。 
intrigue = 好奇心をそそる。


☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------------
特にありません。
----------------------------------------------------------------


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

少しは役に立つ内容でしたか?

ハブリトジアは日本では聞いたことがありませんが、おいしそうな感じです。
栽培がうまくいけば来年の春には市場に出るそうです。といってもおそらく地元のファーマーズマーケットでしょうが。

Hablitzias@01.jpg

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
ラベル:ハブリトジア
posted by Bluejay at 09:49| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。