2013年10月30日

荒馬乗りの秋

Fort St. John@02.jpg英語メルマガ「Voice in Canada」の紹介です。

-----------------------------------------------

バンクーバーのチョコレートとペーストリーの店「Beta 5」が、ロンドンで開催された国際チョコレート大会「International Chocolate Awards 2013」で金賞1品、銀賞2品を受賞しました。
フレーバー・ダーク・ガナッシュ部門で金賞の「Fisherman's Friend」は、サントメ産のダークチョコレートとせき止めキャンディーを使ったトリュッフル。同部門で銀賞の「Whole Cherry」はチェリーの種とチェリーのバルサミコ酢ゼリーを使ったガナッシュ。フレーバー・ホワイト・バー部門では砂糖漬けのタッジャスカ・オリーブをホワイトチョコレートで包んだ「Black Olive Polygon Bar」が銀賞となっています。
2011年にオープンした「Beta 5」は質の高い食材を使った個性的なチョコレートと定番のペーストリーで定評があり、2012年の「Dessert Professional Magazine」誌で北米のトップ10チョコレート店にも選出されています。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. ウィンターズ家の一日
2. Words & Phrases Today!
3. Today's Grammar?
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆ウィンターズ家の一日☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

This fall has been a bit of a wild ride, but it seems to be settling into a routine at last.
この秋は少し荒馬乗りのようだっだけれど、やっと日常の生活として落ち着いてきた。

A little more than a week after my three oldest boys started school, just when I was beginning to figure out what the new shape of my life might look like, Jason received a job offer with a start-up branch office of an IT Services company. Unfortunately, the job would have required us to move to Fort St. 
John, B.C., a nearly 3-hour drive west of here.
上の子供3人が学校に行き始めて1週間以上過ぎ、私の生活がどんなふうになるか見え始めたちょうどそのころ、ジェイソンがITサービス会社の新支店から採用の通知を受け取った。残念なことに、この仕事はブリティッシュ・コロンビア州のフォート・セント・ジョンへ引越しすることが必要だった。ここから車で約3時間のところへである。

The job was appealing because it offered Jason a chance to gain shares in the company incrementally over time, which is not the kind of thing that comes along in his industry all that often. However, the initial salary offer was not enough to make us think of the decision as a no-brainer.
この仕事は、会社の株を時間とともに少しずつ得ることができるチャンスを提供してくれた。ジェイソンの業界ではあまりない種類のことである。だが、提示された初任給は何も考えないで決めることができるようなものではなかった。


☆Words & Phrases Today!☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

wild ride = じゃじゃ馬馴らし、どたばた騒ぎ。
routine = 日常の仕事、日課。
figure out = よりよく理解する。
start-up = ベンチャー企業。
branch office = 支店、支部、支局。
share = 株、株式、株券。
incrementally = 漸増して、少しずつ増加させて。
over time = 長い年月をかけて、少しずつ。
come along = 利用可能になる。
no-brainer = ほとんど思考を要しないもの。


☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

----------------------------------------------------------------
特にありません。
----------------------------------------------------------------


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

少しは役に立つ内容でしたか?

ジェイソンさんは、条件を提示してきた会社に逆提案をしたのですが、先方が受けなかったためにその話は終わりになったようです。
そこで10月に冬の前の庭作業を済ませ、タリーナさんはやんちゃものの息子に目を光らせながら家の中での仕事に取り掛かっています。

Fort St. John@02.jpg

(写真: フォート・セント・ジョン)

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 10:41| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378925487

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。