2013年11月17日

市長VSホームビルダー

NaheedNenshi_and_CalWenzel@01.jpg英語メルマガ「Society in Canada」の紹介です。

--------------------------------------

コカインを使用し、辞任を求められているトロントのロブ・フォード市長は、飲酒問題で専門家の治療を受けていることを明らかにしました。

コカイン使用をめぐっては、市長は数カ月にわたり否定していましたが、今月に吸ったことを認め謝罪しました。翌日には違法薬物を購入したとして、再び謝罪。さらにその翌日には飲酒後に運転したことを認めています。

トロント市議会は、個人的な問題に対処するため市長が休職するよう求める案の採決を行い、圧倒的多数が賛成票を投じたそうです。市議会は市長を辞任させる権限はなく、市長自身は辞任しないとしています。

警察の文書によると、市長による飲酒運転、人種差別的な暴言、市職員への脅迫、女性職員への性的な誘いなどがあったとしています。


■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1. News in Canada
2. カナダのニュース[解説]
3. Today's Words
■CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆☆News in Canada☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

A defamation lawsuit has been filed against Calgary Mayor Naheed Nenshi over numerous comments he made, including insinuating Shane Homes CEO Cal Wenzel heads a mafia-like organization.

Nenshi made the comments cited in the claim after a video of Wenzel surfaced prior to October's election showing him outlining a plan to defeat members of city council seen as being against the interests of home builders.

The meeting was covertly recorded and leaked to media in April.

The claim states Nenshi implied the video was similar to a scene "out of the movie [The] Godfather" in an Oct. 9 interview on CBC's Calgary Eyeopener.

- Calgary -

(CBCから抜粋)


☆☆カナダのニュース[解説]☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

シェイン・ホームズのCEOカル・ウェンツエルはマフィアのような組織を率いているというあてこすりも含めた無数のコメントについて、カルガリー市ナヒード・ネンシ市長に対する名誉棄損の訴訟がなされた。

10月の選挙の前に、ウェンツェルが住宅建設者の利益に反しているとみなされる政策諮問委員会のメンバーを打ち負かす計画をかいつまんで話しているビデオが世間に知られた後、ネンシは訴訟で言及されているコメントを発言した。

ウェンツェルの会議はひそかに記録され4月にメディアに漏れている。

訴えによると、10月9日のCBCカルガリーのアイ・オープナーでのインタビューで、ネンシは、ウェンツェルのビデオを「ゴッドファーザーの映画の」1シーンのようだったと示唆している。


☆☆Today's Words☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ボキャブラリーをふやそう!
defamation = 中傷、名誉棄損。
lawsuit = 訴訟、告訴。
file = (告訴などを)正式に提出する。
numerous = 無数の。
insinuate = 遠まわしに言う、あてこする。
head = 率いる。
cite = 引用する、言及する。
outline = 要点を述べる、略述する。
leak = (情報・秘密を)漏らす。
covertly = ひそかに、暗に。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今週はいかがでしたか?

ネンシ市長はウェンツェルが公職選挙法の規制を上回る寄付をしたとも示唆しています。
また、ウェンツェルはゴッドファーザーだとも言い切ったようです。
ウェンツェルは市長に対して公な謝罪を求めていますが、市長は現在のところ応じる気配はないようです。

NaheedNenshi_and_CalWenzel@01.jpg

(写真: カルガリー市長[左]とウェンツェル氏[右])

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 11:49| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Society in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/380451639

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。