2014年02月03日

ダークワールド

『ダーク・ワールド(Dark Rising)』(2007: カナダ)を見ました。記憶に残らない映画だと思います。数ヶ月前に見たのですが、見た事さえ忘れていました。
異次元空間に飲み込まれた女の子が女戦士として怪物たちだけが住む世界で戦い続けるという設定です。
ところがある魔術の魅力に取りつかれたこの世の人間がその怪物と女戦士をこの世に呼び戻してしまいストーリーは展開します。

細かなところが描き切れていないのと、半分コメディーの中途半端な作りようが映画をダメにしたというような気がします。脚本も悪いのでしょう。因みに脚本も監督もアンドリュー・サイメックです。

女戦士の子供のころは可愛いです☆




☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 22:37| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。