2008年04月23日

哀愁のマンディ

Pig@01.jpg英語メルマガ「Voice in Canada」の最新刊(2008年4月23日)の紹介です。

---------------------------------------------

北京五輪の聖火リレーの出発地を辞退した、善光寺に落書きがされていたようです。

聖火リレーの辞退との関連性は不明ですが、国宝の本堂に「傷」がつけられたのは残念なことですね。

  

CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1. 神経症カナダ

2. Words & Phrases Today!

3. Today's Grammar?

CONTENTS■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

☆☆神経症カナダ☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

Awww, now that’s just bad luck.

ああ、なんて運が悪いんだ。

 

It’s not enough that the poor little oinkers were taken from their mommies, raised on a factory farm that probably didn’t allow them more than six inches to wiggle around in, then herded onto a truck to go off to the slaughter. The truck that was taking them off to meet their processor crashed, flipped and caught fire. While some became instant pork roasts, the survivors were thrown clear, left to skitter across a busy highway and make a run for freedom.

いたいけな、子豚ちゃんを母親から引き離すだけでは、不十分で、おそらく20センチくらいしか、体を動かすことができないような生産農場で育てられ、挙句の果ては、屠殺場に運ばれるために、トラックの荷台に他の豚と共に追い立てられた。ブタを連れ加工業者の所へ行くトラックは、事故を起こし、ひっくり返り、燃え上がった。ある豚は、即座にポーク・ローストになったが、助かった豚達は何もないところに投げ出され、車の激しい国道を急いで走り、自由へと向かって走り去る。

 

Cue the soundtrack: “I don’t like Mooondays….”

サウンドトラック、キュー:「月〜曜は嫌いだ、、、」

  

☆☆Words & Phrases Today☆☆!□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

aw                        = (抗議、嫌悪などを表して)おお、ああ。

oink                      = (豚の鳴き声)ぶーぶー、(豚が)ぶーぶー鳴く。

mommy                = おかあちゃん。

wiggle                   = ぴくぴく動かす、くねくね動く。

herd                      = 群れを集める、人を集める。

go off to XXX       = XXX へ運ばれる。

slaughter               = 畜殺、屠殺。

processor             = (農産物の)加工業者。

flip over                = ひっくり返す。

skitter                   = 速やかに走る、進む。

  

☆☆Today's Grammar?☆☆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

----------------------------------------------------------------

It’s not enough that the poor little oinkers were taken from their mommies, raised on a factory farm that probably didn’t allow them more than six inches to wiggle around in, then herded onto a truck to go off to the slaughter.

----------------------------------------------------------------

なんでもない文のようですが、次の文は、豚にとって「悪くはないこと」(ロースト ポークにならなければですが)が起こるので、It's not enough で文章を完結させるべきです(「XXX でも十分でなく、YYY も」、のように)。

より正しくは、

It’s not enough that the poor little oinkers were taken from their mommies, THEY WERE raised on a factory farm that probably didn’t allow them more than six inches to wiggle around in, AND then herded onto a truck to go off to the slaughter.

ではないでしょうか。

  

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

少しは役に立つ内容でしたか?

 

I don't like Mondays. (哀愁のマンディ)はアイルランドのロック グループ、ブームタウンラッツのボーカル、ボブ ゲドルフが1979年にサンディエゴの16歳の少女が学校で銃を乱射した事件を題材にした歌ですね。

当時の世相はこの歌をどうとらえていたかは、音楽音痴の私にはわかりませんが、ここでは、行き場のない現状を非日常的な出来事で打ち破るというような意味で使っているのでしょう。

 
(写真: 豚にも自由を・・・)

 

飛行機英語とカナダの日々飛行機 @ World Communities Club

 

ラベル:脱走
posted by Bluejay at 08:43| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Voice in Canada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

英語俳句 『春の朝』 『哀愁のマンデイ』
Excerpt: a spring morning singing the song to myself I don't like Mondays 春の朝 哀愁のマンデイを くちずさむ ..
Weblog: 英語俳句
Tracked: 2009-04-06 14:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。