2014年02月08日

24 - Twenty Four -

『24 - Twenty Four -(24)』シーズン1エピソード7/8を見ました。

  • 7:00AM - 8:00AM
ジャック・バウアーが大統領選候補者のパーマーを狙う暗殺者に銃が入ったブリーフ・ケースを渡す話です。
  • 8:00AM - 9:00AM
シークレット・サービスに捕縛され拘留されたジャックが逃げ出す話です。

相変わらず、なぜジャックが狙われているのか(利用されているのか)、暗殺者集団は誰でなぜパーマーを狙っているのかははっきりしません。

でも、それなりにテンポが速く事件の展開が思わぬ方向に進んでいくので見ていて飽きません。
もちろん完全なエンターテインメントものです。

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club


posted by Bluejay at 23:25| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

ダークワールド

『ダーク・ワールド(Dark Rising)』(2007: カナダ)を見ました。記憶に残らない映画だと思います。数ヶ月前に見たのですが、見た事さえ忘れていました。
異次元空間に飲み込まれた女の子が女戦士として怪物たちだけが住む世界で戦い続けるという設定です。
ところがある魔術の魅力に取りつかれたこの世の人間がその怪物と女戦士をこの世に呼び戻してしまいストーリーは展開します。

細かなところが描き切れていないのと、半分コメディーの中途半端な作りようが映画をダメにしたというような気がします。脚本も悪いのでしょう。因みに脚本も監督もアンドリュー・サイメックです。

女戦士の子供のころは可愛いです☆




☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 22:37| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

アボンリーへの道

『アボンリーへの道(Road to Avonlea)』S5E5,6,8を見ました。
  • Stranger in the Night
  • Strictly Melodorama
  • The Great Race

「Stranger in the Night」ではアレックの農場に旅人?がしばらく滞在し、アレックやジャネットも信頼し始めるのですが、ある疑いが生じ始めます。
「Strictly Melodorama」へティーが演劇コンピティションに出した演劇の主役に抜擢したジャネットを理由もなく交替させるといういつもの通り人の気持ちを無視したわがままを核に話が進展します。
「The Great Race」フェリックスがぺティボーンと馬のレースで争う話です。少年から青年に変わりつつあるフェリックスを描きます。

個人的には、「Stranger in the Night」が一番良かったです。心が温まる言い話です。この「流れもの」のような人がたくさんいればいいと思います。






☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 23:49| バンクーバー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

スウィート・ノベンバー

『スウィート・ノベンバー(Sweet November)』かなり以前にどこかでだれかのレビューを見てずっと気になっていた映画でした。
ある女性がある月だけ同棲しようと男に話を持ちかけるミステリアスな設定です。
主演はキアヌ・リーブズチャーライズ・テロン(?シャーリーズ・セロン)。テロンの魅力的な個性とリーブズの演じるブリッシュな広告マンがぶつかります。
映画の半ばまで見ると、なぜ、テロン演じるサラがおかしな話をネルソン(リーブズ)に持ちかけるのかが分かります。
それ自体は想像が及びそうな設定ですが、最後のシーンが忘れられません。

誰でも楽しめる映画ではないかもしれませんが、リーブズやテロンのファンなら必見もの。
エンヤのBGMが素敵です!






☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 23:16| バンクーバー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

エネミー

『エネミー(The Traveler)』を見ました。

ある警察署にある晩突然現れた男が、罪を犯したと告白するところから物語は始まります。
警察署には6人?の警察官がつめていますが、突然自首してきた男を取り調べているうちに事件は始まります。

残虐なスリラーです。

自首男(Mr. Nobody)を演じるバル・キルマーがはるか昔に札幌で会ったボストン出身のアメリカ人にそっくりです。(関係ないですが: ) 笑)

自首男の正体は?事件からの逃れるすべはあるのか?そのカギは意外な人から与えられますが、そのあたりが安上がりな設定になっていましたが、後はまあまあ何とか見れます。





☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 21:06| バンクーバー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

リベンジ

リベンジ (Revenge)』シーズン1エピソード3&4を見ました。
  • Betrayal
  • Duplicity
です。

俳優はほぼ美形&美人。華麗なセレブの世界でエミリー(エミリー・バンキャンプ)の復讐が行われます。
汚い側面であるものの人の裏側を暴いて破滅に陥れるのはあまり愉快に見れるものではないですが、なんとなく見れてしまうのは、表向きが華麗な世界からでしょうか?
昼メロ的なのりなものの、それなりに面白いですが、そのうち飽きがくるかもしれません。






☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 21:20| バンクーバー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

警察署長ジェッシイ・ストーン 暗夜を渉る

JesseStone@01.jpg警察署長ジェッシイ・ストーン 暗夜を渉る(Jesse Stone: Night Passage)』を見ました。

特筆するようなストーリーではありませんが、いい映画です!
子供の時に大人の世界をあこがれながら映画をしかも家族でみた時のような安心感があります。
ところが2006年の映画なので少し意外でした。

勤務中の飲酒で職場を去ることを余儀なくされた警察官ジェシーが小さな町パラダイスの警察署長となり、新しい生活とともに事件に巻き込まれるという展開です。

最後のシーンは少しヒヤッとしますが、全体的にいえば微妙な心理描写がラフな生き方の中に現れていてそこが良かったのかと思います。
映画好きなら見て損はないと思います。

JesseStone@01.jpg

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 18:55| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

恋するハリウッド日記〜ジジは幸せアン・ハッピー!

久々に、『恋するハリウッド日記~ジジは幸せアン・ハッピー!(G-Spot)』をみました。シーズン2のエピソード6/7/8です。

  • Aquaman
  • Lucky
  • Biological Crock
  • Hollywood Party
です。
初めはこのドラマもインパクトがありましたが、もうシーズン2以降は見なくてもいいです。
ラブメイクネタのストーリーには疲れました。

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 23:32| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

アメージング・ハイウェイ60

アメージング・ハイウェイ60(INTERSTATE 60: EPISODES OF THE ROAD)』を見ました。2002年の映画です。
84歳になった父親の誕生日を祝いに「はなのや」という近所の料理屋に行った夜に、「仕上げ」に馬生の落語のDVDを見るつもりだったのですが、気づいてみればCDだったので、ピンチヒッターに起用したDVDです。

カナダと米国の共同制作のような映画なのですが、監督も脚本もアメリカ人のボブ・ゲイルなのでアメリカ映画というべきでしょうか?
ただロケは、他の多くの映画と同様にほとんどカナダで撮られています。フェニックスだけは別ですが。
ある弁護士の息子ニール・オリバー(ジェイムス・マースデン)が、父権が強烈な父親の影響で弁護士への道を勧められているのですが、本当は画家への道に夢を見ているという設定です。
将来を決めることができないニールは、家族と彼女だけの誕生日パーティーで、ウェイターO・J・グラント(ギャリー・オールドマン)に「願い」を聞かれ、グラントがニールの願いをかなえるのです。
ニールの願いは「答え」でした。どんな質問にも答えてくれるビリヤードの8番ボールとともに、ニールは父親からの誕生日プレゼント(赤のBMWコンバーティブル)で旅に出ることになります。

・・・こんな映画を見ると、日本の映画の創造性の低さを改めて感じます。(いや、日本映画はほとんど見ないので、本当は優れた映画もあるのかもしれませんが)。とにかくこれは見るべき。面白いです。ただ字幕が悪い。吹き替えも良くないです。英語でみないと本当の良さは分からないかもしれません。こんなところに、日本語版を作る時のスタッフの思い入れと取り組みに質を感じてしまいます。

この映画では、主役ジェイムス・マースデンもいいのですが、脇役のギャリー・オールドマンやクリス・クーパークリストファー・ロイドが素晴らしいです。

マイケル・J・フォックスは、ファンの方には残念な役回りですが、でも2002年の段階であそこまで演技をできるのはすごいですね。






☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 20:52| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

アボンリーへの道

『アボンリーへの道(Road to Avonlea)』シーズン5、エピソード1~4を見ました。

  • Fathers and Sons 
フェリックスに農場を継がせたい父親アレックとホテルマンになりたいフェリックスの跡継ぎ問題です。
自分の将来は自分で決めたいと思う息子が、その一方で家業(農場経営)を継ぐ責任を感じているという、よくある問題です。このドラマの脚本のせいか日加の文化の違いか、明るい形で解決策が示されますが、こんな形で自分の将来と家業の継承に悩む親子は洋の東西を問わずたくさんいるのでしょうね。フェリシティーやセシリーが明確な意見を持っていたり意思表示をするのも面白いところです。
  • Memento Mori
へティーの誕生日サプライズ・パーティーの話です。50歳の誕生日というのはちょっとやりすぎのような気がするのは私だけでしょうか?
  • Modern Times
缶詰工場をジャスパーの発明でFord風半オートメーション工場にする話です。ジャスパーの仕事の問題がこれで片付いたのでほっとしています(笑)。
  • A Friend in Need
レイチェルの息子さんのまつわるうわさがとんでもない方向に誇張されアボンリーの人たちが振り回される話です。

今回の4話は、特に母が大笑いしてみていたので良かったです☆






☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 17:09| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

24 - Twenty Four -

『24 - Twenty Four -(24)』シーズン1エピソード3/4を見ました。
  • 2:00
  • 3:00
です。

まだ始まったばかりなのでなんとも言えませんが、テンポが速いのといくつもの話が錯綜しているので続けて集中してみないとだめかもしれません。
実は、以前にみたことがあるのですが、英語についていけずギブアップ気味でした。
ところが今は不思議、完璧にわかるので不思議なものですね。
もう一つ不思議なのは、ジャック・バウアーの娘キムを演じるエリシャ・カスバート、なぜか親近感を感じしかもエリシャだとっわかっているのにエリシャには思えない・・・。なんでしょうね。自分でもわからなくなりました。なんとなくどこかでミーガン・フォローズとかぶっているのかな~?だとすると赤毛のアンが他人とは思えない自分なので、エリシャも他人とも思えないのはなんとなくわかります。他の人はわからないでしょうが・・・すみません。

このドラマで好きなのは、ニーナ役のサラ・クラークです。クールなできる女でありながら、ジャックとつながっている・・・憧れますね。キムのお母さん役のレスリー・ホープも好きですが、なんとなく冷たい感じがするのは役柄のせいでしょうか?まだ始まったばかりなのかな?
レスリー・ホープがカナダ人で、サラ・クラークがアメリカ人なのも、自分の中の「カナダ>アメリカ=Good」方程式とは反対なのでこれもも白い体験です。

そういえば、バウアー家はすべてカナダ人になるのですね。意外ですね~~~(笑)






☆英語メルマガ☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 23:00| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

サブリナ ティーンエイジ・ウイッチ

『サブリナ ティーンエイジ・ウイッチ(Sabrina, the Teenage Witch)』のシーズン1エピソード1~4を見ました。
  • Pilot
  • Bundt Friday
  • The True Adventures of Rudy Kazootie
  • Terrible Things
見る前はたかをくくっていましたが、面白いですね。sitcom もいいものだなと思いました。
気になったのは、『奥さまは魔女』のタバサは子供の時から魔法がつかえたのに、『サブリナ』では、16歳にならないと魔法がつかえないことになています。時代が変わると魔界のルールも変わるのでしょうか?・・・なんて冗談ですが。
英語は標準北米英語。
サブリナ役のメリッサ・ジョーン・ハートもきびきびした演技で良い感じです。設定も配役もい感じで安心して見れますね。まだ4エピソードしか見ていませんが。
お話は、16歳になったサブリナが魔女として目覚め学校で騒動を起こすという設定です。



☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 23:45| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

アニー・ホール

『アニー・ホール(Annie Hall)』を見ました。ウッディー・アレンは好きな俳優ではないけれど、映画としてはかなり良いです。でも、実際はどうだったかはしりませんが、この映画は少なくともいまでは劇場では無理でしょう。テレビ映画ですね。それも深夜かもしれません。
あるコメディアンと歌手の同棲の話ですが、次第にかみ合わなくなり別れてしまうという話です。
キャストは豪華です。知った顔ばかりが並びますが、その他は・・。
中身がある映画なのですが、花がない・・・というような感じです。アレンたちがたくさんしゃべってくれるので英語の教材には使えるかもしれません。



☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 23:22| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

秘密のかけら

『秘密のかけら(Where the Truth Lies)』(2005)を見ましたが、お酒を飲んでいるパートナーと見たので、映画と無関係な話ばかりをし、結局は集中して見れませんでした。とはいうものの、サスペンスものとしては(あるいは謎解きものとしては)面白そうな映画でした。もう見ることはないかもしれませんが、もう一度だけ見直しても損はしそうにない映画です。女性ジャーナリストが昔のセレブの事件の真相に迫っていくという設定です。主役の1人はケビン・ベーコン。もともとこの映画を見た理由は忘れまhしたが、たぶん、モーリー・チェイキンを見ようと思っていたのだと思います。


☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 20:23| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

ボストン・リーガル

『ボストン・リーガル(Boston Legal)』シーズン2のエピソード17(最終エピソード:Death Be Not Proud)を見ました。アラン・ショーがテキサス州での殺人事件の被告を弁護する話と、シャーリーが古い友人(女性)を買春の罪で起訴されたのをデニーと弁護する話です。テキサスの事件はエピソードのタイトルにもなっていますが、IQが80の容疑者を裁判で審理を尽くさないまま「速やかに」死刑判決と執行を行います。アランは容疑者の弁護に行くのですが、陪審員も裁判官も白人、容疑者は黒人、しかもテキサス州は全米で死刑執行の率と件数が突出して高くしかも2審制です。
アランは弁護をし切れるのか、その結末は・・・。なかなか考えさせてくれます。

BostonLegal@02.jpg

☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 00:42| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

血のバレンタイン

『血のバレンタイン(My Bloody Valentine)』(1981)を見ました。2009年版ではありません。念のため。といっても随分前なのではっきりは覚えていませんが。
炭鉱の町で起きる殺人事件の話です。犠牲者はつるはしで殺され、心臓だけ取り出され、次の犠牲への「警告」として使われます。

時代が変わったせいか、当時ではそれなりにサスペンスだったのかもしれませんが、現代では、中級の「下(笑: すみません)」のサスペンス映画だと思います。時代の進展を感じます。



☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 00:04| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

スーパースター 爆笑スター誕生計画

『スーパースター 爆笑スター誕生計画(SUPERSTAR)』を見ました。好き嫌いはあるでしょうが、私は、こんなさりげないコメディーは好きな方です。
最高のディープキスをするためにスーパースターになることを幼い時から夢見る女子高校生マリー・ギャラガーが、様々な「困難」に見舞われるという設定です。高校のあこがれに人スカイがちょっと冴えないですが、そこはコメディーだから許せるところです。
キリスト教校であるせいか、イエスもでてきてまたそれがおかしいのですが、スカイを演じているウィル・フェレルが演じているとは気づきませんでした。この映画は1999年上映なのでマリー演じるモーリー・シャノンは34歳。目じりなどにちょっと無理があります。細かいことは気にしませんが・・・。
ともかく、笑いを取ろうとするコメディーではなく、真面目に台本通りに演じてほのかに面白いコメディーというような感じです。
シャノンさんのファンは見た方がいいかも。私は始めてみましたが、結構良かったです。他の映画も見たいですね。



☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club

posted by Bluejay at 14:01| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

アボンリーへの道

『アボンリーへの道(Road to Avonlea)』シーズン4、エピソード8(Heirs and Graces)9(Hearts and Followers)10(Felicity's Perfect Beau)を見ました。

サラを始め子役が大きくなってきたためか、この年ごろに付き物の恋愛ものです。Heirs and Graces だけは、フェリックスの話で恋愛とは関係ありませんが。それにしてもガスは紳士ですね。あんなに思ってくれる人がいれば、心を動かされない女の人はいないと思います。



☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 21:48| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

アボンリーへの道

『アボンリーへの道(Road to Avonlea)』シーズン4エピソード11(The Disappearance)、12(Home Movie)、13(Hearth and Home)を見ました。

The Disappearance では、サラが活躍します。サラが将来の仕事に「物書き」を選ぶのですが、「骨董品の目利き?」のおかげでサラが初仕事を行います。久しぶりのサラの演技でいていて楽しいですが、大きくなりましたね。そういえば、サラ・ポリーの監督の初仕事は先頃ノーベル文学賞をとったアリス・マンローのたしか『熊が山を越えてやってきた』のようなタイトルの小説です。

Home Movie は、ジャスティンが映画を作る話です。例によって、へティーがジャスパーいじめを始め、サラが腹を立てジャスパーをこっそりと支援します。これまた、久々のジャスパーの登場で楽しかったです。

Heath and Home は、アレックの家にエリザおばさんが突然やってくる話です。ジャネットや家族はエリザおばさんの世話に疲れ果てとうとう不満を持っていることがばれるのですが・・・。



☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 22:55| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

ランド・オブ・ザ・デッド

『ランド・オブ・ザ・デッド(Land of the Dead)』を見ました。ゾンビ映画としては良くできていると思います。
ゾンビにも感情や統率力があることを見せてくれます。
一見、マッドマックスのような設定かなと思いましたが、いわゆる単純な恐怖物と違って、人間とゾンビがそれぞれの目的のもとに対等?な関係になっているのが良いですね。とはいっても、ゾンビ映画には間違いなく、それ以上のものを期待するとがっかりします。



☆英語とカナダの日々☆ @ World Communities Club
posted by Bluejay at 00:04| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Bluejay Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。